デジタルリマスター 2023年2月11日

繁華街の水たまりは毒なのか(デジタルリマスター)

息を止めてます

新宿の道ばたに真っ黒い水がたまっている。

きっとあれは毒だ。飲んだら死んでしまうかもしれない。なんでそんな危険な水がこんな近くにあるのか。

僕が酔っぱらって転んでうっかりあの水が口に入ってしまったら!……想像するだけで恐ろしい。どきどきする。

そう思っていた。でもほんとうに毒なんだろうか。素直に調べるべきではないか。怖がるのはそれからだ。

2007年9月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:ケーブルのれん(デジタルリマスター)

> 個人サイト webやぎの目

あの水の採取はダメージ大きい

新宿、渋谷、恵比寿で水を採取することにした。

この日は雨が降ってから3日ほど経っていたので街に水たまりがあるかどうか不安だったがそれは杞憂だった。

新宿駅を出たらいきなり水たまりを発見したのだ。

002_photos_v2_x2.jpg
新宿駅を出て左をみると
003_photos_v2_x2.jpg
ケミカルに湧き出る泉を発見

なんだか緑色だ…(写真に撮ってみたら思いのほかシズル感あふれる写真になってしまったので載せません)。

自分で考えた企画とはいえ、水を目の前にすると躊躇する。建物の裏には誰かの服が捨ててあった。海の家かここは。

雨が降って3日も経っているのになんでここに水がたまってるんだろう。いったいなにが水源なのか。想像すると怖いことを考えてしまいそうなので、思考停止して水を採取。

004_photos_v2_x2.jpg
これぞ及び腰という姿勢

スポイトで取ってくるだけだけど、意外にダメージがでかい。そこらの水を採取なんてエビアン気分でいたが、かなり違うようだ。匂いがしていたかどうかは息を止めていたので分からない。

いったん広告です

都会の水は雨に関係ない

駅から歩くとあちこちに水だ。躊躇する僕の気持ちなどお構いなしに水が現れる。逆逃げ水。そんなネーミングはいいからさっさと水を取れ。

出所の分からない使命感に駆られて水を採取した。

005_photos_v2_x2.jpg
こういったなにげない路地に水たまり
006_photos_v2_x2.jpg
近くのビルのクーラーの排水だろうか
007_photos_v2_x2.jpg
地下道の側溝にも水があるんだよ

008_photos_v2_x2.jpg

009_photos_v2_custom.jpg
小さい虫が飛んでた

地下道の側溝のちかくには小さい虫がくるくる飛んでいた。生きものがいるということはきれいな水なのかもしれない、そうポジティブに考えることにした。でも帰り道、採取した水の中で虫がかえってたりしないかずっと心配していた。

⏩ 次ページに続きます

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ