デジタルリマスター 2024年1月18日

頭と同じ直径の柱を探す(デジタルリマスター)

物の直径がすぐにわかる巻尺を買った。これでいろいろ測れば見えない物が見えてくるんじゃないだろうか。たとえば自分の頭と同じ直径の柱なんてのも見つかるかもしれない。

2010年6月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:二人三脚でパンを買いに行く

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

材木を測る巻尺です

円周を測ると直径に換算してくれる巻尺を手に入れた。材木屋さんのサイトで見かけて一目惚れして購入したのだ。

R0022602_photos_v2_x2.jpg
ザ、業務用

その名も「直径割メジャー」。色気もへったくれもないネーミングがいい。直径がすぐにわかる、という機能面だけでなく、ハードユースにも耐えうるであろうその無骨なみてくれも魅力だ。

R0022603_photos_v2_x2.jpg
片面は普通の巻尺、もう片面が直径尺になっている
R0022606_photos_v2_x2.jpg
材木に刺して使うため、端が尖っている。加えて見てくれ、この巻き戻しクランクの無骨さを

使い方は簡単。一般的な巻尺同様、測りたい物の円周をぐるりと測るだけだ。

すると目盛りが直径を示してくれるという優れもの。欲しい!欲しい欲しい!

R0022744_photos_v2_x2.jpg
たとえばアルミ缶は直径約6.8センチ。すぐにわかる。つまり目盛りを円周率=3.14で割ってあるのだ

これで測れば全ての物(丸い物に限る)を同列に比べられるはずだ。さっそく外へ出ていろいろ測ってみよう。

R0022610_photos_v2_x2.jpg
工事用カラーコーンの一番太いところの直径、22センチ
R0022614_photos_v2_x2.jpg
交通標識の支柱の直径、6.3センチ
R0022616_photos_v2_x2.jpg
公園の街灯の太いところの直径、14.3センチ
R0022625_photos_v2_x2.jpg
この日の最大径、デパートの柱の直径、151センチ
いったん広告です

見えてくるものがある

手当たり次第に測っていると、いろいろな発見があった。

まずガードマンさんに「ご苦労様です」と言われた。なにかの業者さんに見えるのだろか。

いや違う、そういうことではない。直径で物を見たとき何がわかるか、ということだ。

R0022608_photos_v2_x2.jpg
電柱の直径は33センチ

道路標識の支柱は概ね直径6.3センチ、電柱は大小あるが、一般的な太さのやつは33センチ~33.5センチあたりだった。

直径6.3センチの管は汎用性があるのか、そこらじゅうで見つかった。この公園の車止め柵も6.3センチだ。

R0022801_photos_v2_x2.jpg
汎用性のある6.3センチの直径のパイプ

物を数値だけで比べるというのは面白い。その用途や価値、材質など、直径の前にはすべて意味を失う。

しかし、数値で物を見るというのならば円周でもいいんじゃないか。円周だったら普通の巻尺で測れるんだし。

R0022916_photos_v2_x2.jpg
頭の直径はいかほどだろうか

いや待ってくれ、直径の方がいいこともある。

たとえば、直径で測ると僕の頭は18.5センチだった。大きいと言われているウェブマスター林さんの頭を測らせてもらったら19.5センチだった。

そう、直径で見るとわずか1センチしか違わないのだ(円周で測ると3センチ以上違う)。

ほら、なんとなく直径で測ったほうがいい気がしてきただろう。

R0022827_photos_v2_x2.jpg
同じ理由で女性のウエストなんかも直径で測った方がいいと思う

あと、せっかく買った巻尺を使いたい、ということもある。次のページではさらなる利用方法を提案したい。

⏩ 頭と同じ直径の物を探します

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ