デジタルリマスター 2023年10月21日

そうめんつゆに入れてうまい缶詰はどれだ(デジタルリマスター)

かにみそそうめん

おすすめ度:★★ 

009_photos_v2_x2.jpg

022_photos_v2_x2.jpg
人生初のかにみそ缶です
023_photos_v2_x2.jpg
地味ですわ
いったん広告です

「気をつけろ!遠くになんかいるぞ」という味

これだけでごはんが食べられるほどのポテンシャルである(この場合、ポテンシャル=しょっぱいです)。それにそばつゆが加わるとややポテンシャルが高まりすぎるが、そばつゆを薄めることでポテンシャくなくなった。

さっぱりしたそうめんに かにみそをつけて食べる。おおむね爽やかなんだけど遠くにこってりしたものが見える。

039.gif
遠くに見たことないのがいる
いったん広告です

ホタテ貝柱そうめん

おすすめ度:★

010_photos_v2_x2.jpg

024_photos_v2_x2.jpg
なかに貝柱が入っている平たい物体。それはほぼ貝と言っていいのではないか。
025_photos_v2_x2.jpg
なすがままされるがまま
いったん広告です

めんが増えました的な結果に

貝柱にそうめんつゆの味を変えようという気概を感じられなかった。そうめん側である。つゆで味をつけられたい側だ。そうめんに混じっていたらちょっと食感が楽しいそうめんになったかもしれない。でもそれぐらいだ。

ホタテ=安岡力也=武田久美子という勝手に強いイメージを持っていたが優しい食べ物であった。思いこみはよくない。

いったん広告です

さんま蒲焼 with そうめん

おすすめ度:★★★

011_photos_v2_x2.jpg

026_photos_v2_x2.jpg
はじめて食べた時の衝撃はセックスピストルズ並みでした
027_photos_v2_x2.jpg
これはそうめんつゆなのか
いったん広告です

うまいけどここじゃない

キングオブ缶詰。さんまの蒲焼きである。いや、これをキングと呼んでいるのは僕だけかもしれない。ピーナツみそ並みに食べる家では食べるし食べない家ではまったく食べない缶詰だと思う。

そしてそうめんのつゆに入れるには甘い。食べた瞬間にあまくてびっくりする。ごはんに最適化された味付けだと思った。

コンビーフそうめん

おすすめ度:★★★

012_photos_v2_x2.jpg

028_photos_v2_x2.jpg
セクハラという言葉を思い浮かぶほどの迫力

みずっぽいそうめんチャンプルー

そうめんだと思ってすすったのに肉味がする意外性。コンビーフが十分しょっぱいのでそうめんつゆは薄めにした方がいいようだ。

そうめんと細かいくず肉。この組み合わせに憶えがあると思ったら沖縄料理のそうめんチャンプルーだった。そうめんに合うものは味じゃなくてサイズなのかもしれない。そうめんと同じ大きさだと食べやすい、とか。だとしたらこの企画はどうなのか。

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ