短い記事 2021年6月23日

焼いた豚肉をソースで食べるとけっこうとんかつ

人間は「とんかつ」の2大構成要素を「とん」と「かつ」、つまり、「豚肉」と「衣」であると考えがちです。

が、とんかつ屋さんのテーブルの上を思い出してください。そこには、衣に包まれた豚肉の他に、千切りキャベツ、ソース、白米などなどがある。それらが束になってかかったとき、たとえ「衣」の1要素が抜け落ちたとて、まだまだけっこうとんかつであることに気がつきました。

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:果汁100%ジュースと発泡酒で作る「なんちゃってクラフトビール」がお手軽うまい

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

つまりこういうことです

01.jpg
豚肉を炒めます

僕の大好きな、脂身多めのこま切れ肉。

ここにふだん、どんな味つけをしますか? 僕は最後にめんつゆかだし醤油をさっと絡めるのが好き。もちろん、しょうが焼きにしたり、中華風炒めにしたり、ポン酢であっさりが好きなんて方もいるでしょう。

けれどもこの豚肉に、そのままソースをかけて食べるのが好きという人は、そんなに多くないんじゃないでしょうか? 多かったらすみません。

つまり、

02.jpg
千切りキャベツの上にただ炒めただけの豚肉をバサバサっとのせ
03.jpg
ごはん、みそ汁なども用意し
04.jpg
「とんかつソース」を
05.jpg
容赦なくかける!

ソースの注ぎ口が大きかったのでちょっと勢いがつきすぎましたが、下のキャベツにも絡めて食べるのでちょうどいいでしょう。

さぁ、だまされたと思ってこれを食べてみてください!

豚肉とキャベツを口いっぱいにほおばり、肉とソースの味をたっぷりと感じたところで、白米をもぐもぐ。続いて熱いみそ汁をズズズ。

06.jpg
キャベツと一緒に豪快につかんで

……ほら、けっこうとんかつでしょ?

ってまぁ、写真だけでは伝わりきらないと思うんですが、この食べかた、本当に想像以上にとんかつ気分に浸れるんです。なにしろ、味が純粋に美味しい!

構成要素が衣を抜いたとんかつ定食であるからなのはもちろん、ふだんあまり豚肉にソースをかけて食べる習慣がないからこそ、「この組み合わせ、知っている! とんかつだ!」と脳が錯覚しやすいんだと思います。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ