特集 2019年10月20日

好きなブルボン総選挙2019

好きなブルボン菓子を選ぼうではないか

ブルボンのルマンドシリーズ、7種類を集めると願いが叶うという…。

というのはウソだが、おなじみブルボンのルマンドシリーズ(以下、ブルボン)は、7種類ある。

7種類あるということは、誰しも心の中には密かに推すブルボンがあるはずだ。

いまこそその心のブルボン愛をぶちまけようではないか!

1971年東京生まれ。イラストレーター。ドクロ服、ドクロ雑貨集めに情熱を燃やしすぎている。ほかにはワニ、ウツボ、ハダカデバネズミなど毛の生えていない動物も好む。著書に「しろねこくん」、「ココロミくん」、「ひとみしり道」、「ばかスイーツ」などがある。(動画インタビュー)

前の記事:私たちは小野妹子へ寄せ書きが書けるか


とはいえ、正直1位はルマンドがぶっちぎりだと思う。

だってスーパーにもコンビニにもぜったいにあって、手に入りやすさが他と段違いだから。

でも、でもそれ以外のブルボン(ブルボンのサイトによると、袋ビスケットという呼び名がついていたよ)にも、魅力的な菓子があることを声を大にして伝えたい!

これはそんなあなたのためのコーナーなのだ。

(ブルボンとのコラボ企画ではなく、個人的にブルボンの菓子が好きすぎて勝手にやってる企画です)

では候補者たちを紹介しよう。

※編集部より:投票フォームは記事の一番下です。(投票受付期間 2019年10月20日11時~2019年11月6日11時)

ホワイトロリータ

02.jpg

クッキーをホワイトクリーム(チョコではないらしい)でコーティングしたお菓子。

発売は昭和40年。シリーズでいちばん早い発売である。

レーズンサンド

03.jpg

しっとりしたクッキーにレーズンがみっちりはさまったお菓子。

ルマンドの次に文字が怖い。

ルマンド以外で唯一Wikipediaに項目があるのがこのレーズンサンド。発売は昭和45年。

ルーベラ

04.jpg

クッキーを筒状に巻いたお菓子。

リーズナブルに有名菓子店の筒状のクッキーに似たものが味わえてお得。

発売は昭和47年。

ルマンド

05.jpg

かばんの中でボロボロになることと文字が怖いことだけが欠点のクレープクッキー。

ブルボンを代表する菓子のひとつ。

昭和49年発売。

チョコリエール

06.jpg

ビスケットの溝をチョコが埋めているお菓子。

シリーズの中では最もチョコ率が高い。

発売は昭和52年。

バームロール

07.jpg

ロールケーキをホワイトクリームで包んだお菓子。

ちょっとレモンのような爽やかな香りがするが、レモンは入っていない。

昭和53年発売。

エリーゼ

08.jpg

サクサクのウエハースの中でミルククリームを包んだお菓子。

シリーズの中でいちばんフォントに力を入れてもらえてない気がする。

昭和54年発売。


今回、ブルボン7人衆を買うにあたり、近所でぜんぶ揃うかしらね…と少し心配したのだが、スーパー2軒とドラッグストア1軒であっさり揃った。1日どころか1時間くらいで。

つまりどのブルボンもそれだけ需要があるということだ。なんて頼もしい。

なのできっとあなたの街にもわりと気軽にブルボンがあるはず。

食べたことがないブルボンに挑戦してから投票するのもぜんぜんOK。

ブルボン愛あふれる投票、まってるよ!

投票はこちら
投票受付期間
2019年10月20日11時~2019年11月6日11時
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓