特集 2021年7月23日

「とんがりコーンを指に装着」を自動化してスタイリッシュに

とんがりコーンを指にはめる行為をスタイリッシュにしたい……!

とんがりコーンといえば、「食べる前に指に装着してしまうスナック菓子」としてあまりにも有名だ。

そんなとんがりコーンの魅力をスタイリッシュに引き出すため、自動で指に装着してくれる装置を作った。

1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。(動画インタビュー

前の記事:小さい調味料がかわいい

> 個人サイト むだな ものを つくる

ついつい指にはめてしまうとんがりコーンの魔力

とんがりコーンを食べるときにやってしまうのがこの行為だ。

001.jpg
指にはめる。いまこの記事を読んでいる人は全員やったことがあるでしょう。

円錐型のコーンの口のところがちょうど指にはまる大きさなのだ。
普通のスナック菓子のように手でつかんで食べるのは困難だろう。
子どものとき以来食べてないなという人は買ってきてほしい。わかっていても指にはめてしまう魅力がある。

しかし大人になったいま、とんがりコーンを指に装着するのは少し恥ずかしくないだろうか。

002.jpg
特に装着の過程が恥ずかしい。

これを人前でやるのには勇気がいりそうだ。
もっとスタイリッシュに出来れば解決するのではないか。

そうして生まれたのが「とんがりコーンを自動で指に装着してくれる装置」である。

とんがりコーンの新時代へ

あれこれと試行錯誤して出来た装置がこちらだ。
装着の様子を見ていただこう。


 

003.jpg
一見ただのとんがりコーンの箱に、指を置くと……。
004.gif
中からとんがりコーンが出てくる!

 

005.jpg
指への装着が完了である。
006.jpg
思わずポーズを決めたくなってしまう。

とんがりコーンの未来がここに生まれていないだろうか。

007.gif
これがこれからの時代における、とんがりコーンの「装着食べ」だ。

 

いったん広告です

とんがりコーンのはめ方

最高の装置が出来てしまったが、今回は電子工作ではよくある装置の構造を下敷きにしている。


スイッチを入れると中から手が出てきて、スイッチを切るという装置だ。
「Useless Machine(役に立たない機械)」という、まさに!といった名称で検索するとヒットする。

何年か前にはクレーンゲームの賞品になっていたこともあるので、そちらを知っている人がいるかもしれない。

作り方としては色々な方法があり、いつか自分も作ってみたいな……と思っていたのだ。
中から手が出てきてスイッチを切るのではなく、とんがりコーンを指にはめる機能に置き換えればいい。

それを実現するための動きとしては、

  1. 箱の中に収めたとんがりコーンを上に上げる
  2. とんがりコーンを前に押し出して指にはめる

といったことが必要だ。

008.jpg
最初の動きは色々と考えた結果「平行クランク機構」を採用した。

上下の板と、それを支える棒で平行四辺形を作ると、上下の板がそれぞれ平行を保ったまま動かすことが出来る。
上の板に安定してとんがりコーンを載せるために、平行を保つ必要があったのでぴったりな機構だ。

009.gif
動かすとこんな感じ。実際には右下のオレンジのところをモーターに置き換えて動かしてます。
010.jpg
とんがりコーンを前に押し出して指にはめるところは、「スライダクランク機構」を採用した。

モーターの回転運動を直線運動に変えるのにスタンダードな機構だ。

011.gif
動かすとこんな感じ。

どちらの機構もタミヤの工作キットを使い倒している。
直線運動をしているところのレールは「ユニバーサルプレート用スライドアダプター」を使っている。
これ、2年前に発売されたときに「これは全人類が待ち望んでいたやつだ!」と喜び勇んで買ったが、ようやく使いみちが見つかった。

012.jpg
もはやタミヤの回し者と言われても構わない。ありがてぇ~。

去年発売された「ラック&ピニオン ギヤセット」も発売されてすぐに買ったが、これもいつか使いみちを見つけなくてはいけない。

閑話休題。
あとはモーターを仕込んで自動で動かすようにしてやればいい。

013.jpg
メカメカしさが出てかっこよくなった。

そしてこの2つの機構を連動して動かすとこうなるのだ。

014.gif
いい感じに動いてくれるじゃないですか。

あとはこれを適当な箱に入れれば……と思っていたが、ここであることに気がついた。

015.jpg
とんがりコーンの箱に入りそうじゃないか!

もともとの予定はなかったが、収まりがいいのでとんがりコーンの箱からとんがりコーンを出すようにしよう。

016.jpg
基板も含めてちょうどいい感じに収まった。

フタを閉めたら機構が入っている部分が浮いたのが気になるが、いきあたりばったりで進め方を決めているからである。
むしろいきあたりばったりなのにここまで収まればいい方だろう。そう都合よく解釈しておいたので、皆さんもそう思っていてください。

017.jpg
あとはモノを近づけると反応する赤外線センサーを、
018.jpg
矢印のところに埋め込む。指を置いたら機構が動き出すようにしたら完成だ。
019.jpg
電源の線が箱から出るだけ、という見た目の良さが気に入っている。

これからのとんがりコーンのスタンダードになってほしい。
装着するたびにとんがりコーンをいちいち補充しないといけないところには目をつぶろう。


機構の楽しさよ

今までになく収まりの良い装置が出来て大満足だ。
機構をうまく使った装置は作りたい気持ちがありながら、なかなか挑戦出来なかったので今回作ることが出来て良かった。

実はこれを作る途中で、そういえばネタかぶりしていないかな……と調べたら、2019年のMaker Faier Kyotoに「とんがりコーン自動指はめ器」が出ていたのを見つけてしまった。
京都のメイカーフェアはノーマークだった……!しかも、5本の指に一気にはめてくれるらしい。すごい。

ネタかぶりしていたー!という気持ちもありつつ、やっぱり自動でやってみたいよね……という共感もあった。
これを機に様々なとんがりコーン自動装着システムが出てこないだろうか。

020.jpg
初めて成功したときに思わず自撮りした。めちゃくちゃ嬉しそうな顔が映る午前2時。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ