特集 2020年11月9日

飲食店専門リサイクルショップが楽しすぎた

先日散歩をしていたら、家からそう遠くない場所にものすごく興味深いお店を発見しました。

店頭に赤ちょうちんやらいろんな飲食店の看板やらがコラージュのように並んでいて、一瞬、変わった居酒屋? と思ったのですが、どうやら飲食店で不要になったグッズを主に扱うリサイクルショップのよう。

その時は先を急いでいたので、後日あらためてお店を訪れてみたところ、僕のようなちょっとネジが飛んでしまってるタイプの外食ファンにしてみると、そこはもう宝の山だったのでした。

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:保谷駅前のプレハブ風飲み屋街の今

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

あの店の詳細を確認したい!

ことの発端は先日当サイトにスズキナオさんとのユニット「酒の穴」名義で書かせてもらった、こちらの記事。

徒歩で5時間「北極」を追いつめる旅

自宅の最寄駅から北に向かってひたすら5時間歩くだけというこの企画の途中、歩き始めて20分くらいと、家からもぜんぜん徒歩圏内の場所に、こんな興味深い店があったことを初めて知ったのでした。

01.jpg
見つけたときの興奮の様子
02.jpg
この「各種セットメニュー」のボード、欲しいけどいくらするんだろう……

そもそも商品に一切の値段が書かれてないし、正面入口のようなものもありません。僕のような一般人が入っていい店なのか? はたまた業者専用のお店なのか? 見つけた日はそれすらも確認することなく、先を急いでしまったので、絶対にあらためて調査に来る必要があると思ってたんですよね。

で、実際に行ってみてどうだったかというと、

03.jpg
今まさにこの原稿を書いているデスク

はい。順を追ってお伝えしていきましょう。

予想通りのカオス感にわくわく

04.jpg
ある日、再びお店へ
05.jpg
このカオスな感じ
06.jpg
やっぱりいいな
07.jpg
これは……何に使う道具だろう?
08.jpg
この、玉を抱いたフリーザ様みたいな人形、やけに存在感ある
09.jpg
どうやら「ありがとうリサイクル」という店らしい

看板にはでっかく「販売」「24時間」と書かれてますが、やっぱり決め手に欠けるんだよな。一般人が気軽に買い物をしていい店かどうか。

10.jpg
「あなたは入れませ〜ん!」と言われている気がする
11.jpg
「素人? 帰れ帰れ!」

が、いつまでもうだうだしてても詳細は判明しません。唯一ある小さな裏口っぽいところから「すいませ〜ん!」と声をかけてみると……

12.jpg
優しそうな店主さんが!

こちら、ありがとうリサイクル店主の間さん。

「あの、ここって僕のような一般人が……」
「大丈夫大丈夫! 欲しい物なんでも言って! 安くするから」
「ちなみに僕、ライターの仕事をしていて、できたら今日これから取材なんかも……」
「あ〜そうですか! がんばってるね〜。ジャンジャン好きなようにやって!」

と、話が早いこと矢の如し。すっごくいいキャラクターです。

13.jpg
店内も安定の混沌ぶり
14.jpg
この電話家の玄関にあったら笑えるな
15.jpg
独自のコラージュセンスが随所に光る
16.jpg
マジックで直接書いちゃうパターン多し
17.jpg
完全なる謎の物体の横のマネキンの首に「アベマスク」
18.jpg
すごい立派な木の根っこの置物? に「熊に注意!!」

別に、上に乗せてる熊とセットの商品というわけでもなかろうに……。

いったん広告です

店主のリサイクル精神から生まれた店だった

と、このように、ものすごく興味深くあちこちを写真に撮らせてもらっていると、親切な間さんはお店の裏手にも案内してくれました。

19.jpg
「うちの本業はこっちなの!」
20.jpg
飲食店の設備がずらり

聞けば、ありがとうリサイクルのメイン業務は、閉店した店舗の解体やリニューアル。その際に不用品を引き取り、まだ使える物はメンテナンスして、必要な方に中古販売されているということでした。

なので、先ほど僕が見せてもらった店舗は、まだまだ使えるこまごまとした備品をただ捨ててしまうのは忍びないという想いから、間さんがほぼ趣味でやられているのだそう。

21.jpg
ラーメン用の鍋?

これなんか、今まさに欲しいって人も多そうですよね。ライターの玉置標本さんなんか、教えてあげたら買っちゃうんじゃないかな?

22.jpg
ひとつひとつのアイテムに歴史を感じる
23.jpg
これとか、
24.jpg
これなんか、

家が豪邸だったら欲しかったな〜。

語呂合わせ大好き

あと細かいんですが、ありがとうリサイクルで個人的に好きだったのが、「電話番号などの語呂合わせが好きすぎる」というポイント。

25.jpg
メインの看板には

いさやく
(3978)1389
サンキュー名は意味は心

語呂合わせが2通りあるのも逆に覚えにくくなってて最高だし、「いさやく」っていうのは、もはやそのまま読んだだけのような。

26.jpg
いただいたショップカード

サンキューナワ イミ ハココロ
イミ ヤクダツ
3978ー1389

また2通り! さらには、

27.jpg
許可番号にまで語呂合わせ

いいわ心配ごむよ
118 564

無理やり「心配」を入れて意味を通してますが、それだと思い出すとき「481」も入っちゃいますよね。っていうかそもそも、産業廃棄物収集運搬者許可番号を客が覚える必要性があるのか。

28.jpg
こちらはFAX番号

5387ー1262
ゴミはナ イ荷夢荷 めざして

「夢荷」で「むに」って読むのは、造語でしょうか? もうすごすぎる。

と、ありがとうリサイクルのたまらない良さを存分に堪能しつつ、

29.jpg
無事買い物もできたのでした
いったん広告です

ここからは買ったもの自慢です

30.jpg
今回ゲットしてきたのはこんな品々
31.jpg
目玉はやっぱりこれでしょうね

初めて目にした時からあこがれていた「セットメニュー」のボードが、まさか自分の物になるなんて! しかも「これとこれもあるよ!」と「出前やってます」「天ざる」のボードまで。ちなみに計算がよくわからいのですが、この3つで700円でした。安い!

それと、

32.jpg
高級なカレー屋のあれと、チェーンの定食屋でフリーのお漬物が入ってそうな器

こういう食器を買おうという発想すら抱いたことがなかったんですが、どちらも手に入れてみると嬉しいもんですね〜。どちらも100円でした。

それから最後に、

33.jpg
こんな小箱

こちらは飲食店に関わるグッズとかではなさそうですが、どこからか不用品として引き取られたものでしょう。間さんが「こんないい箱はなかな出ないよ!」と激プッシュするのも納得の備品

34.jpg
1000円でした

ちなみに、こんな感じで有効活用させてもらってます。

いや〜本当、どれも日々の生活が劇的に向上するアイテムで、ありがとうリサイクルに感謝するばかり。だって例えば、

35.jpg
こんな、100均で買った若干荒々しいカップそばを
36.jpg
仕事の合間に自室の机であわただしくすすりこむ昼もある

 けどそんなときでも、

37.jpg
そば屋のボードがあるだけでほら、ちょっと気分が上がりません?

「へー、ここ、出前もやってるんだ。こんど取ってみっか」なんつって、気がつけばそば屋でお昼を食べてる気分になっている自分がいます。 

38.jpg
あと、窓辺に置くとステンドグラスみたいできれい

もしくは、

39.jpg
こんな、100均で買った若干荒々しいレトルトカレー

これまた、高級なカレー屋さんの器に盛るだけで、

40.jpg
1000円のカレーに見える

まさに灯台下暗しというか、家から歩いて行けるような場所にも、まだまだ自分の知らない世界って広がってるもんですね。

自分にとってどんなリサイクルショップよりもわくわくする、ありがとうリサイクル。これからもどんな出物があるかわからないし、定期的に通わせてもらおうと思います!

取材協力:ありがとうリサイクル
東京都練馬区三原台1丁目15−12

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ