特集 2023年12月27日

AIと人に辞書の語釈だけで絵を描いてもらう

2023年は、まさにAI元年といっていいかもしれない。(2022年だろというご意見があるのは承知しています)

chatGPTは、イメージを言葉で伝えると、それっぽい絵を作成してくれるまでになった。

これは便利なので、国語辞典の挿絵を描いてもらうことにした。

ついでに、人にも描いてみてもらった。

鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:土浦の高架道路「土浦ニューウェイ」を見に行く

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

AIは国語辞典の語釈だけでどんな絵を描くのか

国語辞典の挿絵といえば、七福神だろう。

七福神は、挿絵のある国語辞典には必ずといっていいほど絵が掲載されている。マストオブディクショナリーピクチャーである

02.jpg
『辭苑』(博文館)より
03.jpg
『集英社国語辞典』(集英社)

さっそくAIくんに、七福神の絵を描いてもらうようお願いしてみる。

04.jpg
いきなり英語でエラーメッセージが出た

いきなり嫌がるAIくん。しかも返事が英語だ。日本語で話しかけられて、それが理解できているのに英語で返事するやつ。人間だったらメガネかち割られても文句言えないほどイヤな奴である。

英語の部分をざっくり訳してみる。

05.jpg
七福神は、コンテンツポリシー違反
AI:申し訳ございませんが、コンテンツ ポリシーにより、リクエストに基づいて画像を生成できませんでした。 他にお手伝いできることがある場合、または画像に関する別のアイデアがある場合は、お知らせください。
06.jpg
七福神は、AI的には不可です!

解せない。日本で古くから親しまれている七福神のイラストが、AI的にNGというのがなんかやだ。

なにがどうダメなのか、理由を尋ねてみる。

07.jpg
オタクなみにめんどくせえことを英語で答えるAIくん
AI:問題のコンテンツポリシーは、七福神の文化的、歴史的意義に関連しています。 これらの人物は日本の民間伝承や宗教に深いルーツを持っており、私のガイドラインでは、誤った表現や文化の盗用を避けるために、そのような主題を慎重に扱うことが求められています。

AIくん、かなり面倒くさいことをいうけれど、七福神を描くことが果たして文化盗用になるのだろうか? 逆に「七福神の絵を描かない」というAIの判断が、わたしたちが身近に親しんできた七福神という文化を、アンタッチャブルなものとして拒絶しているように思え、悲しい気持ちになってしまう人もいるのでは?

指示方法を変えてみた。

08.jpg
「国語辞典に掲載されている七福神」を描いてもらうよう指示してみる
09.jpg
描けるんかい

いきなり描いてくれた。なんなんだAIくん……。 

とはいえ、七福神をよくわかっていないAIくんの描いた絵なので、まったく正確ではない。左の方は6人(柱?)しかいない(鹿を合わせて7体ということ?)

ただ、全体的なイメージは大外しはしていないだろう。

10.jpg
謎の貨幣と謎の帽子

謎帽子や謎貨幣もきになるが、鹿の角に執着があるのも謎だ。寿老人(鹿を伴っている)のイメージの残滓だろうか。

いったん広告です

指示方法を変えます

AIくんも、ぼんやり「七福神の絵を描いて」といわれても戸惑ってしまうということがわかったので、まず絵を描いてもらう前に、次の条件を提示することにした。

①    「国語辞典の語釈から絵を生成してください」と宣言する。
②    見出し語は書かず、語釈のみで絵を描いてもらう。

基本的に三省堂の『三省堂国語辞典第八版』(三国)を使用することにした。
三国の語釈は、他の国語辞典の語釈と違い「要するに何か」がわかる語釈で有名な国語辞典である。

11.jpg
「返事は日本語で」と言わないと、英語で答える、いけずAIくん

上記を踏まえた上で、描いてもらったのは「いちご」だ。

三国8版:赤い、小形のくだもの。やわらかくて表面にぶつぶつがある。すっぱくてあまく、ミルクの味と合う。
12.jpg
三国8版の「いちご」の語釈。名語釈のひとつといえる

 これを踏まえてAIが生成したいちごがこちらだ。

13.jpg
ギリギリいちごじゃないな

惜しい、惜しいが、いちごじゃない。

しかし、不思議だ。三国の「いちご」の語釈は、いちごだと知っていて読むと、いちごのイメージがありありと思い浮かべられるけど、文章のみでイメージすると、たしかにこんな感じになるかもしれない。
左の絵の方に入っているシャーペンや、右の絵の方に入っているねじ切れたスプーンの唐突さが、ダリっぽい。

試しに、息子(18歳)に、同じように見出し語を伏せて語釈だけを伝えてイラストを描いてもらってみた。

14.jpg
AIの絵に似ている?

なんだか、AIの絵に似ているものが出来上がった。

西村:これは、正解は何だと思ったの?

息子:いちごかベリーのどっちかだとは思った。で「表面にぶつぶつがある」というのが、いちごのゴマ(種?)のことではなくて、果肉自体がぶつぶつしているものかなと思って、ベリーを描きました。

西村:なるほど……たしかに「やわらかくて、表面にぶつぶつがある」のは、種のことじゃなくて果肉そのものがぶつぶつしているようにも読めるね……。

いったん広告です

動物はどうか?

形が特徴的な動物はどうだろう。三国で有名な動物の語釈といえばこちらだろう。

三国8:ネズミのなかまで、大型犬ほどの大きさのけもの。毛におおわれ、ねむそうな目と、間のびした鼻の下をもつ

15.jpg

この語釈は『三省堂国語辞典』の編纂者、飯間浩明さんが、わざわざ動物園に出かけてカピバラを舐めるように観察し、全身全霊をかけてひねり出した語釈として有名である。

で、そんな語釈からAIくんが描いてくれた絵はこちら。

16.jpg
なんとも言い難い。あたらずといえどもとおからず……。

あたらずともとおからず……。というか、まず「怖い」というのがある。真っ暗な道で、大型犬ほどの大きさのこいつと出会ったら逃げると思う。

とはいえ、憎めない顔でもある。すべてにおいて絶妙だ。名脇役の俳優っぽさがある。町工場の腕のいい職人役とかしてそう。

こちらの語釈も息子に書いてもらった。それがこちら。

17.jpg
カピバラではなく、オオアリクイをイメージしてしまった

西村:これは、語釈を読んで何だと思ったの?

息子:ねずみでイヌほどの大きさというところで、えなに? ってなって、おれの知らない生き物かと思ったけど「間のびした鼻…」のところで、オオアリクイの鼻をイメージしたので、アリクイを描いたんだけど……。参考資料を見ずに描けと命令されたので、まったく記憶のみで『けものフレンズ』に出てきたアリクイを思い出しながら描いた。だから細かなところが違うかも。

西村:なるほど。これ、正解はカピバラなんだよ。

息子:えー、まじで。カピバラってイヌぐらいの大きさあるの? (ネットで画像検索)あるんだ……。負けた……。

西村:別に、勝ち負けがあるわけじゃないからねこれ。

⏩ 次ページに続きます

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ