特集 2022年10月11日

マイクロバッグで大冒険に出る

ちっちゃいカバンで旅に出たい

先日、山での撮影に向かう途中の電車で、キャンプをするであろう若者たち3人組がいた。一人はキャンプ道具フル装備、一人は山っぽい服装、そしてもう一人に山奥には似つかわしくないおしゃれな服装の女子がいた。そして彼女はとても小さなバッグを持っていた。これから山奥に行くのにそんな装備で大丈夫か?と不安になったが、そんな何も入らないバッグでどこかに行くのは楽しそうだと思った。なので、小さいバッグでどこかに行きたい。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:おれだってフリスビーをキャッチできるワン


マイクロバッグというらしい

デイリーではライターナミノリさんが「セレブがアクセサリー感覚で楽しむマイクロバッグには、一体何が入るのか」という記事で取り上げていたが、かなり小さいバッグだ。

色々なものを入れていたが、今回はこれで遠出をしたらどうなるのかを体験したいと思う。

表参道でマイクロバッグを買う

だいたいおしゃれなものって原宿か表参道にあるだろう。そう思って原宿から歩き出したがどのお店に入っていいものか。

001.jpg
歩いていたら表参道に到着した。

そこで目についたのは「ジミーチュウ」という文字。なんか聞いたことがあるブランドだ。ネズミみたいでかわいい。昔、ジャンガリアンハムスターを飼っていたのでなんか親しみがある。ちなみに名前はピーちゃんでした。

002.jpg
小さいカバンを持っている。

聞いたことがあるぐらいで入ろうとしているが、外から店内をのぞくと高級そうな雰囲気がある。

自分が聞いた事あるぐらいだからカジュアルなお店かと思っていたが高級ブランドのようだ。

003.jpg
お店の前で二の足を踏んでいる。

調べたら「海外のセレブも愛用している」と書いてあった。いいのか、セレブじゃないし、昼にチキン南蛮を食べて「やっぱりタルタルだよな」と興奮しているような自分が入っていいのか。お店の前でうろうろしている。こんなにもセレブになりたいと思ったことはない。

004.jpg
気持ちを落ち着かせるために一度、近くにある物産展で心を落ち着かせた。
005.jpg
行くぞ!(高級すぎてひるんだので写真ないです。会話でお楽しみください)

店内に入ると店員の方がすぐに来てくれた。そうか、ぶらぶら見る店じゃないのか。

店員「本日はどのような商品をお探しですか?」

江ノ島「誕生日にブレ、バッグを…彼女に送ろうと思って」

店員「ブレスレットですか?」

かんだ。そして彼女なんていない。なので、空想の彼女にあげようという設定になった。このあと、年齢は来月で30歳になるので記念にいいカバンをあげようと思って見に来たという設定になった。

緊張で口が回らなくなってしまい、ブレスレットをすめられそうになっている。カバンです。

目の前にはパソコンのマウスが5個入りそうなバッグがあった。ちょうどいいかもしれない。

江ノ島「小さいバッグを、これってどのぐらいの値段ですか?」

店員さん「こちらは11万ですね」

冗談で買う値段じゃなくてビビったが「へー、これぐらいですね」と想定内ですよという顔をした。ただ、値段を見た瞬間、目を見開いたよね。

店員「ちなみにご予算をどのぐらいでしょうか?」

この11万を見たあとに2000円前後で考えていたなんて言えない。

「10万から15万ですかね」と強気な値段を言った。虚勢をはる。

このあと、14万円のカバンなど色々をすすめられて「良い感じですね!まだ来月なのでまた来ます」と言ってお店を去った。心臓はバグバグしていた。

007.jpg
強敵だったな。

このあと、Amazonで2000円の良さそうなカバンを買った。おれはまだまだ庶民だ。パリスヒルトンになりたい。

カバンの中身と手に持った三脚たち

マイクロバッグを肩にかけ2時間半かけて秋川渓谷に来た。まわりを見ると登山リュックに荷物をパンパンに入れた登山者の人たちが多い。

008.jpg
そんな中、このバッグでやってきた。

Amazonで2000円ぐらいで買った三角のバッグ。おにぎりの形みたいでいいなと思い購入した。

009.jpg
おにぎりをいれるのにちょうどいい大きさだなと思ったのでおにぎりを入れてきた。間違っておにぎりケースを買った?

おにぎりがぴったりと入る大きさのバッグ。これでいつでもおにぎりを食べられる。

マイクロバッグにはリップクリームや化粧品などを入れたりするらしい。化粧品もリップクリームもないので似ているものを入れた。

010.jpg
ライター西村さんからもらったタイのおみやげ(鼻がスースーするやつ)も入れた。

あと、撮影に必要な三脚、カメラ、道中の暇潰しのためゲーム機、スマホのバッテリーが不安なため充電器も持って来た。

011.jpg
直接手に持って。

スマホも財布も入れたいがバッグに入らない。ズボンのポケットがパンパンである。そして、納まりきらないものは手に持つスタイルで秋川渓谷にやってきた。

ゲーム機や三脚は置いてこようか迷ったが不安だったので持って来た。だって、現場で必要になるかもしれないだろう。(使うことはなかったし、とても邪魔だった)

ただ、秋川渓谷に来たわけではない。鍾乳洞に行こうと思う。小さいバッグで鍾乳洞で行ったらなんか面白いことが起こりそうな予感がする。

鍾乳洞へと向かう

武蔵五日市駅からバスで30分、そしてバス停から歩いて30分計1時間のところに鍾乳洞があるらしい。

012.jpg
バス停の入り口に今回の目的地「大岳鍾乳洞」の看板がある。

看板から歩いて30分かかるらしい。ゆるやかな坂道が延々と続く。周りには小さいカバンを持っている人は誰もいない、というより人がいない。

どうする、行ったら鍾乳洞が閉鎖されていたら。ゾクゾクする。

015.jpg
5分前に通った車が戻ってきた。怖い。
016.jpg
スタンドバイミーみたいになってきた。

歩いて20分ぐらい経った。目的地まで3分の2ぐらいまで歩いて気づいたことがある。三脚って手に持って歩くと重い。手に持って長時間歩くものじゃないな。

一緒に来た友人に「一人で撮影するわけじゃないのに三脚って必要あります?」と聞かれたが「何が起こるかわからないのが撮影だから」とかっこよく言った。でも、心の中では「置いて帰りたい」と思ったことはここだけの秘密にしてください。

017.jpg
三脚は重いし、着てきた上着は暑いしで大変。でも、おしゃれはがまんって言うから。
018.jpg
道中、こういう写真が必要だと思ったけど必要じゃなかった。
019.jpg
こういう冗談の写真を撮っている裏では大変な人がいることを覚えておいてほしい。
いったん広告です

鍾乳洞到着

不安になりながらも30分歩いて到着した。よかった営業しているようだ。

020.jpg
なんとか着いた。

受付の近くには穴の大きさがわかる見本が置いてある。試しに通ってみたがせまい。

021.jpg
こんな道が10メートル続くらしい。

観光用かと思っていたら洞窟冒険みたいな感じか。スリルあるじゃないか。でも、近くにすごいものがあった。まぼろしのチャレンジコースがあるらしくその穴の大きさがすごい。

022.jpg
チャレンジコースには60㎝の穴があるらしい。これ、詰まってしまうやつじゃないか。
023.jpg
「服やバッグ等が汚れます」

汚れるのか。着替えを持って来てない。だって、持ってきたカバンにはおにぎりしか入ってないから。

でも、来たからには挑戦してみたい。受付をしたら「ヘルメットをお貸ししてますのでご利用ください」と言われた。また、昨日、雨降った影響で濡れやすくなっているらしい。大冒険のにおいがするぜ。

024.jpg
横を見たらヘルメットをかぶった友人が発掘する人みたいになっていた。発掘する人と一緒に鍾乳洞に行きます。

いざ、鍾乳洞へ

025.jpg
行くぞ!
026.jpg
入った瞬間、別世界だった。

鍾乳洞には岩を水滴などで削られてできた自然の芸術品が展示されている。最初はそれを見る余裕があった。きれいだなーと思いながら進んで行く。

027.jpg
ハチの巣みたいになった天井があったり、
028.jpg
化石があったりする。

そんな芸術品を見ているとチャレンジコースが出てきた。どんなコースなんだろうか。

029.jpg
「よごれます!」と勢いよく言われても困るけど頑張るぞ!

チャレンジコースの横には上へと続く、階段が続いている。これを登ったら冒険の始まりである。インディージョーンズの気分だ。

030.jpg
もうあとにはひけない。
031.jpg
ごつごつした岩をつかみながら進んで行く。

昔行ったことのある鍾乳洞は舗装されていて歩きやすく、周りを見る余裕があった。

今は周りを見て楽しみ余裕はなく「おれたち絶対に生きて帰るぞ!」という気持ちです。

032.jpg
友人を見たら世紀の発見しそうな雰囲気がある。

チャレンジコース中盤、小さな穴があった。どうやらここを進んで行くしかないらしい。友人は苦戦しながら通ったが、自分も行くぞ。

チャレンジコースの難所に挑む

033.jpg
写真で見るとそんなに大きく見えないかもしれないが、
034.jpg
しゃがんで通れないぐらいせまい。

これが60㎝の穴か。うわさには聞いたけどせまいな。石にふれたら服がびしょ濡れになってしまう。着替えがない以上それはさけたい。なんとかして服を濡らさずに通りたい。

035.jpg
「あ!これ行けないやつかな!!もうダメなやつかな!!!」
036.jpg
またいで通ろうとしたが、ズボンの股が濡れただけで通れなかった。

これ、通れるのか? このまま通れずこの鍾乳洞で過ごすことなってしまうのだろうか。嫌だな。セブンイレブンもなければスマホも圏外だし。

037.jpg
もう覚悟を決めてお腹を濡らす覚悟ではいつくばって出た。
039.jpg
かなり疲れた。

このチャレンジコース、5分ぐらいだと聞いていた。でも、体感30分以上の大変さがある。インディージョーンズにはおれたちはなれないことを悟った。はやくインディージョーンズになりたい。

040.jpg
明るい!外に出られる!!と思って近づいたらライトで絶望を感じている顔です。

スタートからゴールまで20分~30分ぐらいで出られるそうだが、もう一生出られないんじゃないかと思うぐらい大変である。帰りのバスもあるのだ。早く出たい。外の景色を見たいのだ。(バスで来ると2時間に1本とかになるので注意してください)

041.jpg
マイクロバッグで良かったと思うのは、動きやすい点。悪い点は上着をカバンに入れられず、ずっと片手がふさがれていてつらい点です。

バッグの便利さと不便さを感じながら洞窟脱出を目指す。表参道で買うときにはこんな大冒険の記事になるなんて思ってなかった。人生ってなにが起こるかわからないから面白いですね。

042.jpg
どんどん進む。
043.jpg
途中「もっとカバンのこと考えたほうがいいですよ」と言われて撮影した写真。

とうとう出口へ

色々とあったが出口が見えてきた。すごい大冒険だったし、ズボンのすそと股とTシャツがびしょびしょである。

045.jpg
出口の奥に小さいバッグを持っている人がいる。

生きて帰ることができて本当によかった。あと、ゴールすることに必死になっていたが、小さいバッグ動きやすくて使いやすいことがわかった。

046.jpg
生還してきた人。

寒くて震えそうだが、いま手元にあるのは濡れた上着とバッグの中に入っているおにぎりだけだ。大きいバッグが恋しい。着替えとか入れて出かけたい。
 

047 (2).jpg
ちなみにおにぎりは少ししめっていました。おにぎりケースとしては不適正かもしれない。

小さいバッグはアクセサリーらしい

小さいバッグはアクセサリーのように身につけるものらしい。「このカバンだけででかけるぜ!」みたいに使わないそうだ。

でも、これで出かけても楽しいのでおすすめです。鍾乳洞も思ってもみなかった冒険が始まるのでみんな着替えを持って行こう。

044.jpg
世紀の発見をした人(本当は「ここに化石があるらしいですよ」と言っている)
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ