特集 2023年10月23日

ナポリのジェノベーゼは本当に茶色いのかを確かめたい

別の店のジェノベーゼも食べてみよう

後日、また別のトラッテリアで食事をする機会があり、ここにもジェノベーゼがあったので注文してみた。

同じ料理を複数の店で食べてこそ、その本質がより深く見えてくるはずだ。

031.jpg
ナポリはすごくおもしろい街でした。
032.jpg
右下の店に入りました。
033.jpg
バラバラのパスタを注文しようとしたら、「ウノウノウノはノン。イタリアではその日の主役が料理を決めて、みんなで同じ料理を食べるんだ」と店主に教えられる。厨房が混乱するのでごもっともだが、やはり色々食べたいので二種類三皿ずつで了解してもらった。
034.jpg
ZITI ALLA GENOVESE(CON 1 PEZZO CARNE) を注文。ZITIは南イタリアのチューブ状パスタで、肉が一つついているらしい。
いったん広告です

ありがとう、サイゼリヤの人よ

しばらくしてやってきたのは、肉がたっぷりバージョンのナポリジェノベーゼだった。この店のセコンドにはジェノベーゼがないので、タマネギと煮込んだ肉をパスタソースですべて使い切るスタイルなのだろう。

ソースの中には小さなニンジンなども見られ、味が複雑になっている。肉は豚だろうか。せっかくのナポリでジェノベーゼばっかり注文するのもどうかと思ったが、やはり二つの店で食べて比べてみて良かった。

035.jpg
肉々しいソースがうれしい。
036.jpg
味の濃いニンジンが香草として使われている。セロリやスパイスなども入っているのかな。
037.jpg
ムール貝のパスタも絶品。
038.jpg
セコンドのタコもおいしかった。イタリアはタコとかイカをたくさん食べるようです。
039.jpg
シチリア産(たぶん)のレモンを絞って食べるカタクチイワシのフリットで昼ビールを飲む訳ですよ。

あの日にサイゼリヤで食べた茶色いパスタは、まさにナポリのジェノベーゼだった。

無限にあるイタリアのご当地パスタから、あえてこの一見地味だが味わい深いジェノベーゼをメニューに選んだ、勇気あるサイゼリヤの担当者に乾杯。おかげでナポリを楽しめました。

040.jpg
伝票がまったく読めないけど明朗会計の良い店だった。

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ