特集 2024年2月6日

「ここで装備していく」で全身コーディネートする

自分の父親はたびたび買った上着や帽子をそのまま着て帰っていた。RPGでいうところの「ここで装備していくかい?→ はい」である。

子供の頃はそんなこともあるかと特に気にかけていなかったのだが、あれから20年、未だにそんな大人に出会ったことがない。

キャシャーンがやらねば誰がやる。俺です。

1993年群馬生まれ、神奈川在住。会社員です。辛いものが好きですが、おなかが弱いので食べた後大抵ぐったりします。好きな調味料は花椒。

前の記事:コーヒーチェーンのココア飲み比べ

> 個人サイト ぼんやり参謀

冒険のはじまり

存分にここで装備していくには元の装備がシンプルである必要がある。いわゆる初期装備だ。今風に言うと無課金アバター。

IMG_1347.jpg
あの勇者もこの勇者も最初はこんな服装だったんですよ

またRPGでは限られた予算の中で何をどう買い装備するか悩むことも常である。そのため今回は5,000円の予算を切って装備していくこととした。冒険者はお買い物上手でもあらねばならぬのだ。

「ぼうけんの たしに するがよい」。昔のRPGは初めに王様からお金をもらったりしたよね
いったん広告です

初期装備は寒い

初期装備になってみて早速気づいたことがある。それは寒いということだ。

時は1月、なんなら寒いを越えて冷たいに入ろうとしている

RPGのキャラクターもみんな「寒いな〜」とか思いながら出発していたのだろうか。かわいそうだ。冒険するなら夏がいいと思います。 

弱音ばかり言ってもしょうがないので出発

道中明らかに予算に収まらなさそうな防具屋(服屋)を見つけたがスルーした。

一流の冒険者はああいう店で装備を一式揃えるらしいぜ。すげーよな。

花屋もあった。でも花を装備しても防御力は上がらなさそうなのでこちらもスルー
ちょうど良さそうな防具屋を見つけた

これでもかとSALEを強調する防具屋(古着屋)に到着。

そういえばRPGの世界で中古のものを売っているのを見たことがない。皆新品しか買っていないのだろうか。ハードオフとかないのかな。

それはさておきSALEは助かる。あと寒い。ずっと寒い
いくか
入店(ゲームによってはここで読み込みのため暗転)
いったん広告です

防御力とは暖かさ

退店。ぬののふく(長袖Tシャツ)などを買ってきた

レジにて「袋は要りますか」と聞かれたが、勢いよく要りませんと答えた。なぜならここで装備していくからだ。

よし、装備するぞ。

あっ!あったけえ

 袖を通した瞬間に腕がふわりとあたたかくなった。すごい、布を一枚隔てるだけでこんなにも暖かく感じるものなんだ。

このぬののふくを装備することで防御力は確実に上がるだろう。しかしこの現代社会において防御力ってなんだとうすうす思っていた。

今分かった。暖かさだ。防御力って暖かさなんだ。

もう全然違う 安心感があるもん

パンツも買ったので装備する。

そうび:
T-shirt 550円
Pants 2,156円
Karaagekun 242円
---
ここまでの合計 2,948円

 装備前と比較してみよう。

明らかに無課金ではなくなった

RPGでいうところのとりあえずいくつか装備を買ってみた感じ。あるいは無課金でも集められる装備をいくつか着せた状態。装備の組み合わせによる特殊効果とかそんなものは全くない。そんな感じだ。

しかし心なしか先ほどより堂々と歩けそうな気がする。これは防御力の高さによるものか、それとも半袖による周囲の奇異の目がなくなったためか。後者かもしれない。

からあげクンはHP回復系の消費アイテム
うまい

⏩ まさかの値段のコートも装備

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ