デジタルリマスター 2023年2月16日

ドリアンはおかずになる(デジタルリマスター)

前回、ご飯のおかずになりうる果物を探したが見つからなかった(参照記事)。しかしあの記事には実は続きが存在するのだ。というのは大げさな書き出しだが、あの後も継続しておかず果物を探していた僕は、ついにおかずになる果物を見つけてしまったのである。

それは果物の王様、ドリアンだ。

ドリアンは東南アジア原産の果物で、そのうまさから果物の王様と呼ばれている。しかしドリアンを語る上で避けて通れないのがにおいだろう。よく熟したドリアンは腐った玉ねぎのにおいがするといわれている。うまいけどくさい、そんな果物が本当にご飯のおかずに向いているのか。試してみた。

2007年10月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:つくばでおすすめのパン屋さんはここ!

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

せっかくだから試してみよう

沖縄では南国フルーツが手に入りやすいのだが、それでもドリアンだけはそうそう見かけない。今回たまたま見つけたので買うことができたのだが、正直飲みながら焼肉食えるくらいの値段した。これ、本当にうまいのだろうか。一度タイの市場で食べたことがあるのだが、そのときは「くさいくさい」と騒いだだけであまり味を覚えていない。

今回せっかくドリアンを買ったので食べる前にひとつ試してみたいことがった。現地マレーシア等では、飛行機やホテルへのドリアンの持ち込みが禁止されているのだという。なぜならばくさいから。王様なのにひどい扱いだ。ならば国外ではどうだろう。日本のホテルにドリアンを持ち込んでみた。

363s_photos_v2_x2.jpg
子供の視線が熱い。

わかりやすいように裸のドリアンを持ち歩く。ドリアンは手の中でずっしりと重く、表面のトゲトゲが容赦なく突き刺さってくる。においは、まあくさい。しかし熟したドリアンは表面に亀裂が入ったりしてそこからにおいを散らすのだが、今回手に入れたものは幸いにも無傷だったので、がまんできないほど強烈なにおいというわけではなかった。しかし落としてはじけてホテル中腐敗玉ねぎ臭に、なんてことにならないよう気をつけなくてはいけない。

368s_photos_v2_x2.jpg
なんなく入れてしまった。

こんなに目立つ割にエントランスでもロビーでも誰にも注意されなかった。たまにすれ違うベルボーイ風のホテルマンにも笑顔で会釈される。日本では持ち込み禁止じゃないのだろうか。直接フロントで聞いてみた。

372s_photos_v2_x2.jpg
「すみません、ドリアンなんですけど」

「いらっしゃいませ」

あの、ドリアンなんですけど、ホテルに持って入っても大丈夫ですか。

「……。」

……。

「しばらくお待ちください」

373s_photos_v2_x2.jpg
およそ宿泊客には見えない風貌の僕にも。
374s_photos_v2_x2.jpg
やさしく対応してくれました。
いったん広告です

問題ないみたいです

対応してくれたフロントの女性は困った顔をして奥に下がってしまった。面倒くさそうな上司とか連れてきたらどうしよう。とげとげの王様を抱きながら所在無く回答を待っていると、ほどなくしてさっきの女性が一人で帰ってきてくれた。

「切らなければ、問題ないようです」

好きになりそうだった。

口ぶりからして日本にはドリアンに関するガイドライン的なものはないのだろう。あんまり持ち込む人がいないからだと思う。一般的に考えて他のお客様の迷惑となるようなくさいものは持ち込みできません、という程度のようだった。

あと一つ、ドリアンに関する情報の中で「酒と一緒に食べると死ぬ」というのが気になったが今回は見ぬふりをする。次のページではいよいよご飯と一緒にドリアン食べるよ。

⏩ 次ページに続きます

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ