自由ポータルZ 2020年10月16日

四ツ谷駅でリンゴ狩り・アメリカの牛角~自由ポータルZ

こんにちは。編集部 石川です。

工作記事で薬品を使うことがあるのですが、たいていちょっとしか使わないので、どんどん余るんですよね。いま机の上に、洗濯のり、無水エタノール、エナメルリムーバー、ハイターが並んでいます。この4つで作れる工作か実験のレシピがあったら教えてください。いかにも混ぜたらやばそうなラインナップですが。

そういえば先週からテーマ部門「棒」の募集を始めております。締め切りは今月中。ぜひ身近な棒にこの機会に脚光を当ててください!棒記事の参考はこちら

自由ポータルZは毎週金曜日に更新の記事投稿コーナーです。読者の方が執筆した記事をご紹介しています。

自由ポータルZとは
投稿はこちら

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:ホームセンター・カインズにあるもので自撮り四番勝負!

> 個人サイト デイリーポータルZ

【もう一息】四ツ谷駅でリンゴ狩り

001.jpg

[投稿者]宮西野あやさん ((新しい)置き場
[コメント]着手から2週間ちょっとかかった結果、こんなことになってしまったのかもしれません。もうこれ以上リンゴの(ふたつの意味での)旬を逃したくないので勢い余って投稿します。

koga.jpg

古賀及子のコメント

わはは! いいですね~~~っ! 前半でスクープだと思って追っていたテーマが後半実は大人気だと気付く、そもそもは対象にテーマの比重があったのに後半で一気にライター自身に比重が移るのがすごく良かったです。

>ぜんぜん「隠れた名品」じゃないじゃん、めちゃくちゃ大人気じゃん!!

そう分かってからが勝負ですよね。頑張りをとくと見せてもらえました。

せっかくなので、全体がちょっと長くてもたついたところ、もう少しコンパクトになるとよかったのかなと思います。

当初のテーマである「四ツ谷でリンゴ狩り」が徐々に企画の枷になってしまっているので、四ツ谷しばりは編集の時点で捨ててもよかったかも。

自らに課したルールは読者にもルールとして負わせることになるので、必要かどうかは熟考する必要があると思うんですよね。「四ツ谷しばり」、「公式サイトを見たら負け」この2つは考えてもいいかなと思います。

ishikawa.jpg

石川大樹のコメント

食い下がってていいなと思いました。四ツ谷駅が無理であきらめずに新宿に、メディアに先こされても投げずに現地までしっかり行って。これじゃ記事にならんなと思ってやめそうになるタイミングってあるのですが、ダメそうでもしつこく続けてると意外と十分な「書きたいこと」が集まって、しっかり記事になったりします。

そのとき大事なのが、当初の予定どおり書かないことです。古賀が言ってるルールの話がまさにそれだと思って、四ツ谷で終わってたらこれは「四ツ谷駅でリンゴ狩りをする」という記事にすべきだったと思うのですが、そのあと新宿も行ってその後の展開もあって…ってなると、このルールはただ記事を複雑にしてるだけのようにも思えます。なので書く前にあらためて再構成するとよいかも。

でもフレーズとして「四ツ谷駅でリンゴ狩り」がインパクトあるのは確かなんですよね。タイトルはこれで正解、ルールは扱い方をもっと軽くする…がベストかもしれません。

hayashi.jpg

林雄司のコメント

まず、限定のリンゴジュースという題材が一般的です。でも読み始めたら、リンゴジュースじゃなくてエッセイになっているところが特に良かったです。

徐々にあきらかになっていく情報、ロケットニュースに先を越されてふて寝。そこで終わらずにそのあとの状況を伝えているのがいいですね。記事のテーマが「限定のりんごジュースを探す」だと評価は、「できている」「できてない」になってしまいます。ただこれだと失敗したら価値がゼロです。毎回成功するのは大変だし、これを課すとライターが疲弊して1年で辞めてます。

そこで毎日更新のサイトとしては、

限定のりんごジュース発見(情報)→なかったし、先を越されてふて寝(エピソード)→でも行ったら行列(情報)→ 話しかけられる(エピソード)

こうしてエピソードを挟むことで情報から読み物にします。

しかも印象に残るのって情報よりもエピソードなんですよね。ただ「私のりんご奮戦記」だと誰も読んでくれないので、タイトルと導入は情報を持ってくるのがセオリーです。

それでいうと、この記事のタイトルは「170円の高級りんごジュースをコンプリートしたかった」とかのほうがいいかな。「したかった」にするのはできてない記事でよくやる手です。 

 

【もう一息】世界ごはんたべ記#3 アメリカの焼肉屋「牛角」

002.jpg

[投稿者]がぅちゃんさん (がぅちゃんのブログ
[コメント]アメリカの牛角さんで、ごはんたべしてきました。よろしゅうおたのもうします。

koga.jpg

古賀及子のコメント

「海外ぐらしが長い」力を最大限活用してて強い。

海外にある日本のチェーン店、もはやおなじみのネタです。やっぱり興味があるんですよね。身近なあいつが遠地でどうしてんのかって。

日本の感覚ひとつでレポートするのもありですが、この記事は海外視点でも物がみられているのでコメントがハイブリッドです。

おしぼりの裏に書かれたポエム「日本でしか見かけないタイプの日本語」というの、私は海外には疎いんですが妙に納得できて笑いました。

それぞれのメニューが鋭く分析できているので、最後にがつっと総括したところまで読みたかったと、もう一息にさせてもらいました!!

 

Tips:引きの写真を撮る

主に外で撮影しているとき、かつ人物(自分や同行者)を撮るときの話です。ふつうの写真のほかに、わざと遠くからの写真を撮っておくと、たまに効果的に使えることがあります。

例えば河原で撮影していてなにか失敗した時、広い場所でポツーンと失敗している写真があるとおかしいですよね。人ごみの中でなにかをやって注目されている、というような状況も、近くで取るより遠くから取った方が伝わります。

ここぞ、というときには遠くからも撮っておくといいぞ、という話でした。思い切ってガッツリ遠くで撮ると良いです。

自由ポータルZのバックナンバー

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ