特集 2018年10月7日

絵みたいになりやすい食べ物はラーメンとオムライス ~まるで絵のような食べ物投稿発表

モトさん243さんのご投稿より
まるで絵みたい! 思い描いたとおりの姿……! ザ・ホット―ケーキ! いわゆるハンバーガー!

そんな、まんまイラストになりそうな、いかにも~~っという食べ物の写真をTwitterのハッシュタグ #絵みたいな食べ物DPZ 募集したところ、たくさんの投稿をいただきました。ありがとうございます。

ご投稿いただいたなかから、「絵」! というものをとりまとめました。

マンガかよという写真の数々、どうぞご覧ください。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。

前の記事:検証・キュウリは牛乳より水分が多い(デジタルリマスター版)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

絵っぽさが出る料理が見えてきた

いただいた投稿を見ながら明らかになってきたのは、オムライスやラーメンには「絵みたい」と思わせる力があるということ。
ラーメンはまんま、絵として描かれることが多いからそう思うのかもしれません。グルテン切り身さんのおっしゃるとおり、器が絵的に正しいというのも大きいです。

記号としての正確性がばっちりはまった気持ちよさがすごい。
オムライスもラーメン同様、絵として描かれることが多い上にシンプルな色、形であることから「現物である食べ物が絵のようにふるまいやすい」のだと気付きました。

絵っぽさに近い「食品サンプルっぽさ」というパターン

今回たくさんの写真を投稿いただいてハッと気づいたことはほかにも。

「まるで絵みたい」と思う意識のかなり近くに「食品サンプルみたい」という意識もあるようです。

たとえばこういうの。
あまりにも美しくきりっとしたたたずまいが、実際の食べ物でありながらむしろサンプルのようだと思わせてしまうこの逆転現象。

アンドロイドにはいわゆる「不気味の谷」があるわけですが、食べ物はサンプルのようであることが一切不気味ではなくむしろ魅惑的であるのが不思議です。

やはり強いのはスイーツ

募集回でも紹介したのがホットケーキ、ショートケーキ、メロンソーダだったように、絵みたいな食べ物で気をはくのはやはりスイーツのようです。

料理のように素材を素材のまま表現するのではなく、素材を完全に加工して新しく形を作るのがお菓子。だからこそソリッドに「絵っぽさ」の再現が可能になるようです。
そういう意味で、がっつり自然物で作っているにもかかわず絵っぽさが出るパフェはさすが。描かれ慣れてるなぁ~~。

むしろ食べ物の方から絵になってくるパターン

そしてスイーツの場合、むしろ食べ物の方から絵になってきた! という衝撃のパターンがあるので気が抜けません。こちら。
銀座のラデュレサロンというお店のフレーズラデュレといういちごのケーキがあまりにも”絵”だったので投稿します。中を割るとスポンジとクリームが出てきます。(メール投稿 匿名の方)
!
もみじまんじゅう、手作りなのすごい……。

点心の健闘

スイーツのような健闘を、点心が見せたのも「それがあった!」でした。
皮につつんで蒸してあることの絵っぽさよ!
焼いてあっても絵っぽさが失われない餃子もさすがです。

油絵みたいなリンゴ

調理されたものばかりに気をとられていましたが、絵みたいになる食材というものの存在にも声が出ました。
確かに果物は絵っぽさがすごい!

特にこちらの写真は「油絵」っぽさが迫ってきます。そうか、こういうのもあるのか。

#絵みたいな食べ物DPZ でいただいた投稿はこちらにまとめました。

いかにも絵っぽい 写真はもちろん「もんのすごくシズルの強い」、「絵になる」写真もたくさんお寄せいただき結果的に超俺得な感じになっており夜ねる前になんどもみています……。

たくさんのご投稿、ありがとうございました!

今後も「おいしそう~~」という感想のかたわらに「絵みたい~~!」という興奮を持って食べ物に接していきたいと思います!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓