写真まんが 2018年7月14日

外で歯を磨くだけでキャンプ気分

これがこの企画のきっかけとなった写真である
これがこの企画のきっかけとなった写真である
去年の暮れ、無人島で撮影をしたときにライター三土さんが砂浜で歯を磨いた*。
それだけでその島に住んでいる人のようになった。

いつもの場所ではないところで歯を磨くと、まるでそこにずっといたかのような気分になるのかもしれない。

じゃあ晴れた朝にさわかやかな場所で歯を磨いたらキャンプの朝のように錯覚するのではないだろうか。

ジャストアイデアにより写真まんが形式でお送りします。

*この記事です。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。

前の記事:対人スキルが高すぎる人(デジタルリマスター版)

> 個人サイト webやぎの目

!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!

外で歯を磨くだけで世界は変わる

外での歯磨きはキャンプの朝のような錯覚に陥る。高原ではないので涼しくはないのだが、少なくとも非日常を味わえる。こんな近くに異界への入り口があったことが恐ろしい。恐ろしいが頼もしい。
くさくさしたら河原で歯を磨こう。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓