特集 2018年5月30日

神々しいまでの美ハブ発見!ハブのいる島めぐり渡名喜島~久米島 

ハブが綺麗ですね(I Love You)
ハブが綺麗ですね(I Love You)
デイリーポータルZの記事でたびたびお伝えしてきたが、ハブを探してハブのいる島を回っている。そんなハブ好きの私の遍歴の最大の汚点が「ぜんぜんハブ見つけられてないじゃんかばか」という、存在意義が根底からそよいだりゆらいだりするものである。

でもね、今回は見つかったんですよ。しかもハブだけでなくかなりの珍蛇とも出会う事ができたのだ。むろん、私の力ではない。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:殺し屋参上! 天文館のシロアリビルを訪ねて

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

いざ渡名喜島

沖縄本島から60kmほど西、那覇と久米島のほぼ中間に渡名喜島という小さな島がある。
どうですかこの小ささ。
どうですかこの小ささ。
知名度は低く、私も正直よく知らなかったが昨年の夏、久米島でハブ情報をいろいろ教えてくれたネイチャーガイドの保玖村(ほくむら)さんが「隣の渡名喜島にもハブがいるから今度行ってみなさい、それでまた久米島にも来なさいね」と提案してくれた。
昨年の久米島取材にて。保玖村さんは携帯電話に私を「ハブ伊藤」と登録していた。
昨年の久米島取材にて。保玖村さんは携帯電話に私を「ハブ伊藤」と登録していた。
異論の挟みようがないご提案だったので一生懸命働いて費用を捻出し、那覇の泊港から渡名喜島へ向かうフェリーに乗り込んだ。
「ニューくめしま」その名のとおり那覇~渡名喜~久米島を結ぶ船。
「ニューくめしま」その名のとおり那覇~渡名喜~久米島を結ぶ船。
トレードマークのイルカがロン毛っぽい。
トレードマークのイルカがロン毛っぽい。
泊(那覇)~渡名喜の航路。渡名喜島の西にある入砂島は米軍の演習場となっており周辺の海域は立ち入り禁止。
泊(那覇)~渡名喜の航路。渡名喜島の西にある入砂島は米軍の演習場となっており周辺の海域は立ち入り禁止。
自販機が暴走してコーヒーががんがん送出されていた。
自販機が暴走してコーヒーががんがん送出されていた。
見えてきた。山が伸び伸びと連なってるな。
見えてきた。山が伸び伸びと連なってるな。
泊港を出て2時間ほどで渡名喜港へ到着。
コンパクトでかわいいターミナル。
コンパクトでかわいいターミナル。
南北の山に挟まれた集落に400人弱が暮らしているこの島には大きなホテルも24時間営業のコンビニもない。
人通りのなさよ。
人通りのなさよ。
港のそばにいきなりいい擬木をみつけた。
港のそばにいきなりいい擬木をみつけた。
いわゆるリゾートのような喧噪とは無縁の、ただゆったりと時間が流れる穴場スポットである。
「赤瓦の宿 ふくぎ屋」に宿泊。なんと赤瓦の古民家まるごと貸切り。
「赤瓦の宿 ふくぎ屋」に宿泊。なんと赤瓦の古民家まるごと貸切り。
集落の路地では赤瓦の屋根やふくぎの並木など沖縄の原風景を味わう事ができる。
視界をさえぎる青々としたふくぎ並木をかきわけるようにして散策するのが楽しい。
視界をさえぎる青々としたふくぎ並木をかきわけるようにして散策するのが楽しい。
曲がりくねった石塀サイコー。
曲がりくねった石塀サイコー。
集落を少し離れると山と海が織りなす絶景のオンパレード。
崖下に石を積んで作った通路(アマンジャキ)昔は満潮時に海岸線の道が使えなくなるためここを使っていたという。実際通行するのは怖かっただろうな。(現在は通行禁止)
崖下に石を積んで作った通路(アマンジャキ)昔は満潮時に海岸線の道が使えなくなるためここを使っていたという。実際通行するのは怖かっただろうな。(現在は通行禁止)
海辺の崖アイドル イソヒヨドリ。
海辺の崖アイドル イソヒヨドリ。
とんでもない透明度の海、満潮時にはウミガメが見られる。
とんでもない透明度の海、満潮時にはウミガメが見られる。
目つきがいかついハブ注(ハブ注意看板)
目つきがいかついハブ注(ハブ注意看板)
急峻な坂道が続き、小さな島とはいえ歩いて回るのは容易ではないが歩いて回ったほうがいい。へらへら歩いても3時間程で周遊道路を1周できる。
展望台がいたるところにある。人はこんなにも展望に飢えているのだ。
展望台がいたるところにある。人はこんなにも展望に飢えているのだ。
海を見下ろす展望台で海中の解説を見る。
海を見下ろす展望台で海中の解説を見る。
島尻毛散策道からの眺め。一面の緑から顔を出すカリカリの岩石がクール。
島尻毛散策道からの眺め。一面の緑から顔を出すカリカリの岩石がクール。
こんな感じで、この島での過ごし方はまあとにかくのんびりとぶらぶらする事に尽きるのだが、私のぶらぶらは夜も続く。
ヤモリが東芝のところに出てきたら出陣。
ヤモリが東芝のところに出てきたら出陣。
夜はフットライトで道がライトアップされる。これも見ごたえあり。
夜はフットライトで道がライトアップされる。これも見ごたえあり。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓