特集 2018年1月18日

電車の音が聞こえてホームに降りたら逆の電車じゃん問題

ホームまで行かなくても電車の状況が分かりやすい駅を探します
ホームまで行かなくても電車の状況が分かりやすい駅を探します
電車の音が聞こえてホームに降りたら、行きたいのとは逆向きの電車だった、てことないだろうか。

いまホームにどんな電車が来ようとしているのか、ホームに行かないと分からない。

でもそうじゃない構造の駅もあると知った。めぐってみた。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:地面に書かれた謎の記号から地下が見える

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

どんな問題なのか

こういうことありませんか。
改札をくぐったら、すでに電車の来る音が聞こえる。
改札をくぐったら、すでに電車の来る音が聞こえる。
自分の行きたい方向の電車が来てるのか? 階段の上からでは分からない
自分の行きたい方向の電車が来てるのか? 階段の上からでは分からない
ホームまで降りて初めて分かる。逆向きの電車だった。
ホームまで降りて初めて分かる。逆向きの電車だった。
こういうことってあまりにもよくある。そして、そういうものだと思っていた。

でもこれって駅の構造の問題なんだということに、このまえ初めて気づいた。「駅をデザインする」という本を読んだときだ。
「駅をデザインする」(赤瀬達三著、筑摩書房、2015年)
「駅をデザインする」(赤瀬達三著、筑摩書房、2015年)
本にはこうあった。

「(前略)東京の地下鉄では多くの駅で、階段の両側が壁で覆われている。このため上からホームの様子はまったく分からない」(208ページ)
両側が壁になってるからホームが見えない
両側が壁になってるからホームが見えない
いや、そのとおりだ。

実際、地上の駅だと階段の両側には壁がなくて、多少は見やすい。いうほどでもないけど。
JR巣鴨駅の例。ここが空いてて多少は見やすい。
JR巣鴨駅の例。ここが空いてて多少は見やすい。
本ではミュンヘン地下鉄駅を例にあげ、「階段の上下双方から互いによく見える空間がつくられれば、利用者のストレスは大幅に軽減できるはずだ。」(209ページ)という。
すてきなミュンヘン地下鉄駅
すてきなミュンヘン地下鉄駅
そうなのか。海外の駅、いいなー。

でも日本の、とくに東京周辺だと、こんなふうになってる駅はなかなか見当たらない。どこかにないのか。

本では、改札階とホーム階が違う場合に、改札階からホームの見通しがよい駅としてはJR田端駅が挙げられていた。

たしかにそうだ!
改札をくぐるとこんなふう。つきあたりの左右にホームへ降りるエスカレーターがある。
改札をくぐるとこんなふう。つきあたりの左右にホームへ降りるエスカレーターがある。
上からはホームの状況がよく見渡せる
上からはホームの状況がよく見渡せる
エスカレーターを降りながらでも状況が見やすい
エスカレーターを降りながらでも状況が見やすい
下からも上がよく見える
下からも上がよく見える
たしかにこれなら、電車の音がしてもホームまでいかずとも状況がよく分かる。田端駅のことをそんなふうに捉えたことは今までなかった。田端、すごいじゃん!

こんな駅は他にないんだろうか? 田端駅みたいなすばらしい駅を探してみることにした。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓