特集 2017年12月21日

サケの産卵マニアックス

絶好の産卵ビュー!
絶好の産卵ビュー!
11月の標津サーモン科学館ではサケの産卵が近くなると館内に予報が鳴り響く。的中率は90%超。「来館者にもっと正確な産卵予報を届けたい」やりすぎ感満載のホスピタリティに命をかけるプロの熱意が晩秋の道東を熱くしていた。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:期間限定!渡ってきたばかりの地味なカモ「エクリプス」を見る

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

いきなり産卵予報に遭遇

この秋も北海道は標津のサーモン科学館を訪れた。遡上するサケをつぶさに観察してきたが、ついにサケライフ最大のイベント、産卵に立ち会う時が来た。
大ごと具合が伝わりますか。
大ごと具合が伝わりますか。
川で生まれ、海へ出たサケ(シロザケ)は3年~5年ほどかけて60~70cmに成長し、産卵のために産まれた川に戻ってくる。そこでオスとメスのラブゲームを繰り広げ(ちゃんと言うと産卵行動)卵を産み、一生を終える。ここではその産卵の瞬間を見る事ができるのだ。
タッチプールの魚が素早い。アンタッチャブルだ。
タッチプールの魚が素早い。アンタッチャブルだ。
館内はいきなり緊張が走っていた。
「もうすぐ産みそうなんですよ」
大小の石や砂利が敷き詰められ、2つに仕切られた水槽でそれぞれオスとメスのサケが寄り添い泳いでいる。
真ん中の仕切りを境に左右2室のスイートルームが用意されている。
真ん中の仕切りを境に左右2室のスイートルームが用意されている。
サケの遡上を観察するための魚道水槽は11月になると自然の産卵環境を再現した個室タイプに改造され、オス・メスのペアが投入される。
手前がメス、奥のいかついのがオス。
手前がメス、奥のいかついのがオス。
このペアの恋が成就すればめでたく産卵となるのだが、その瞬間がいきなり近づいているのだという。
「産卵が近づきましたら、館内放送を致します」
「産卵が近づきましたら、館内放送を致します」
「西尾さん、予報流そうか」
市村館長のシンプルな指示を受けた副館長の西尾さんが事務所へ走る。館内には静かな抑揚で「サケの産卵予報」アナウンスが流れ出した。
「ただいま、館内の魚道水槽におきまして、シロザケの産卵行動が進行しております。このあと1時間以内に産卵する可能性が高い状態になっております」
「産卵予報を流す水族館は全国でもうちだけだと思いますよ」
いや、そりゃそうでしょう。

水槽前にはギャラリーが集まり、固唾をのんで産卵の瞬間を今か今かと待っている。
メスは尾びれで川底を掘って卵を産む産室を作る。
メスは尾びれで川底を掘って卵を産む産室を作る。
予報から20分ほどして、メスのサケが自分で掘っていた穴に口を半開きにして沈みはじめた。
「はい、産卵です!産卵になります!」
「はい、産卵です!産卵になります!」
館長の呼びかけで皆水槽に釘付けになる。口を開けたメスの横にオスが並び同じように口を開け、小刻みに体を震わせる。

「まずメスが口を開きます。それを合図にオスが横に並んで同じく口を開けます。そうしてはじめてメスが卵を産みます」
「今、メスが産んだ卵にオスが精子をかけています」
「今、メスが産んだ卵にオスが精子をかけています」
6~7秒ほどで事をすませ、2尾は泳ぎだす。
卵を産んだ場所を埋める。
卵を産んだ場所を埋める。
子孫を残すために命を燃やした共同作業の感動を打ち消すように市村館長がサケ婚のリアリズムを語る。
「サケの夫婦は一生添い遂げると思っている方が多いですが、実は違います。メスは 1腹の卵を3回から5回にわけて産卵し、 そのたびにペアが変わります。 1回産んだ後、2時間は産卵しません。そうなると、オスはそのメスに魅力を感じなくなるので他のメスを求めてさっさといなくなります」
今言いますか。予言どおりオスはこの後そっけなくなる。サケに文春砲は通用しない。
今言いますか。予言どおりオスはこの後そっけなくなる。サケに文春砲は通用しない。
いきなり産卵の瞬間に出くわした。市村館長にもっと産卵のいろいろや的中率90%以上という予報の秘訣を教えてもらおう。
「じゃあこの資料で説明しますねー」って情報量多いな!
「じゃあこの資料で説明しますねー」って情報量多いな!
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓