特集 2017年3月20日

移動電車賃140円のみ。都内近郊改札内はしご酒の旅

改札を出なくてもこんな料理と酒が楽しめます。140円の小旅行
改札を出なくてもこんな料理と酒が楽しめます。140円の小旅行
駅ビルや地下街の商業施設は、近年驚くほどの進化を遂げています。更に、改札から出ない、切符を買わなければ行けないエキナカの充実も目覚ましいものがあります。

今回は、そんな改札内の飲食店に注目し、改札から出ることなく、東京、千葉のJR各駅を回りながら全力で飲酒を楽しんでみました

かかった交通費は140円。それでいて、東京から千葉まで様々なお店を楽しむ事が出来ます。鉄道好きでなくても一度やってみる価値アリでした。
1972年生まれ。元機械設計屋の工業製造業系ライター。普段は工業、製造業関係、テクノロジー全般の記事を多く書いています。元プロボクサーでウルトラマラソンを走ります。日本酒利き酒師の資格があり、ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しているので、体力実践系、各種料理、日本酒関係の記事も多く書いています。(動画インタビュー

前の記事:バブル時代の思い出を持ってきてもらったら使えない寿司券だった

> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 工業製造業系ライター 馬場吉成 website

大回り乗車で回るはしご酒

JRには「大回り」という乗り方があります。東京、大阪、福岡、新潟、仙台の大都市近郊区間内で利用できる特例料金計算法です。

大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券で利用する場合、実際に乗る経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車出来るというもの。経路が重複しない、一筆書きの経路であればどのように乗ってOK。ただし途中下車はできません。
今回のはしご酒は山手線の目白駅をスタート。隣駅の池袋駅まで140円の切符を購入(ICカード乗車だと大回り乗車不可)。時刻は午前10時ぐらい
今回のはしご酒は山手線の目白駅をスタート。隣駅の池袋駅まで140円の切符を購入(ICカード乗車だと大回り乗車不可)。時刻は午前10時ぐらい
デイリーポータルZでもライターのT・斎藤さんが福岡近郊の路線でやって記事にしています。
作家と行く ~ 福岡一周160円の旅

また、ライターの尾張さんは青春18きっぷを使い、大回りのルートであえて途中下車して色々食べて回っています

大回り乗車途中下車の旅
こんなルートで回ります。目白、新宿、東京、蘇我、千葉、秋葉原、池袋の一筆書きルート
今回途中下車は一切せず、改札内にある飲食店のみではしご酒をします。それなので電車賃は山手線1駅分の140円のみ。そして、改札内のコンビニなどでアルコール類を購入してホーム等で飲むのも無し。全て飲食店での飲酒となります。
目白をスタートして目指すは向こうに見える池袋駅
目白をスタートして目指すは向こうに見える池袋駅
事前に駅改札内の飲食店とアルコール類の提供状況を調べてみたところ、今回のルートで回れば、乗り換えの際にひと駅を除き飲食店内で飲めることが分かりました。
ゴールは池袋だが、最初は逆方向の新宿駅方面へ
ゴールは池袋だが、最初は逆方向の新宿駅方面へ
移動時間も調べ、滞在時間も大よそ決めて電車賃140円都内近郊改札内はしご酒の旅スタートです。

いきなりスルーの新宿駅

新宿駅はスルーして中央線で東京駅へ
新宿駅はスルーして中央線で東京駅へ
山手線の目白駅を10時過ぎにスタートして、最初の乗り換えが新宿駅。乗降客数世界一。数えきれないほどの飲食店があるこの街の駅で早速1軒目といきたいところですが、新宿駅改札内には飲食店があまり有りません。

事前調べでは、アルコール類を提供している店も無かったので、ここは乗り換えのみ。中央線で東京駅へ向かいます。
日本各地の日本酒やつまみが揃っています。東京の酒造の日本酒もあります
日本各地の日本酒やつまみが揃っています。東京の酒造の日本酒もあります
ちなみに、新宿駅新南口の改札内には酒屋があり、そこで日本酒が買えます。立ち飲みはありませんが、特急あずさにて山梨、長野方面までの長距離移動する方で、ビールだけじゃ物足りないなんて場合はこちらで入手していくのがオススメです。

お酒と楽しむ酢で一杯

時刻はそろそろ11時。東京駅に到着です。こちらで1軒目のはしご酒。
飲食店もテイクアウトも充実しています
飲食店もテイクアウトも充実しています
向かったのは東京駅改札内地下1階の「グランスタ」。60以上もの店舗が入る改札内最大のショッピングスポットです。アルコール類を提供している飲食店も何件かあります。
各種デザートビネガーがあります。隣には日本酒や焼酎の酒屋
各種デザートビネガーがあります。隣には日本酒や焼酎の酒屋
はしご酒で訪れたのは「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」。お酢のスタンドカフェです。各種デザートビネガーが味わえ、購入も出来ます。
お酒と酢。体にいいんだか悪いんだか
お酒と酢。体にいいんだか悪いんだか
そしてはしご酒1杯目に選ぶのがこちら。お酒と楽しむ酢。デザートビネガーを使ったカクテルです。
平日の午前中からシャンパンと酢。取材ですから
平日の午前中からシャンパンと酢。取材ですから
注文したのはスパークリングワインと酢のカクテル。入れる酢は好きな味のものを選べます。酢の酸味でスパークリングワインの爽やかさが増し、午前中からの1杯には丁度よい味でした。
午前中からスパークリングワイン酢キメた!
午前中からスパークリングワイン酢キメた!
1杯飲み終わったら次に移動します。はしご酒は素早く飲んで素早く移動。次は京葉線で蘇我駅を目指します。ちょっと長めの移動です。
東京駅から蘇我駅までの電車移動も長いが、東京駅内の京葉線のホームまでの移動も結構長い。1駅分ぐらい歩く
東京駅から蘇我駅までの電車移動も長いが、東京駅内の京葉線のホームまでの移動も結構長い。1駅分ぐらい歩く
いったん広告です

うどんとビールで1杯

東京駅を出て京葉線快速電車で約40分。千葉県の蘇我駅に着きました。
行先表示で見たことがあるが初めて降りた。
行先表示で見たことがあるが初めて降りた。
時刻はそろそろ12時。改札内のショッピングモールで、昼飯と共にはしご酒にします。
座って食べられる蕎麦屋です。
座って食べられる蕎麦屋です。
訪れたのは「いろり庵きらく蘇我店」。関東エリアのJR駅構内に展開している蕎麦店です。
うどんと小瓶のビールで1杯。
うどんと小瓶のビールで1杯。
こちらの店ではビールが飲めるので、はしご酒2杯目はかき揚げをつまみにビールでいきます。
昼ビールキメた!
昼ビールキメた!
昼ビールは効きますね。手早く飲み終え次に移動です。次は内房線か外房線で千葉駅を目指します。

改札内なのに本格的に飲める店

ここのエキナカ凄いです。
ここのエキナカ凄いです。
千葉駅までの電車移動は10分もかかりません。時刻は12時半過ぎ。改札内はしご酒3件目に行きます。

千葉駅の改札内は改装され、2016年末に新装オープン。鮮魚、精肉、青果や惣菜が買えるにとどまらず、行列の出来る人気ラーメン店まで入る充実ぶりです。
和洋酒、おつまみ各種揃っています。
和洋酒、おつまみ各種揃っています。
その中で訪れたのは「酒のいまでや」。日本酒、焼酎、ワインの他、各種食材も扱っています。しかもこの店、奥に角打ちスペースがあります。
立ち飲みで25名ほど入れるそうです。平日昼間なので誰も飲んでいない。
立ち飲みで25名ほど入れるそうです。平日昼間なので誰も飲んでいない。
酒類や料理のメニューがかなり充実した角打ちで、はしご酒をせずにここで腰を据えて飲んでもいいかなと思えるレベルです。
千葉駅なので千葉の日本酒もある。ビール、焼酎、ワインも充実。
千葉駅なので千葉の日本酒もある。ビール、焼酎、ワインも充実。
まだ昼の時間帯だったので訪問した際には他にお客様はいませんでしたが、気軽に使えて夜はかなり混みそうです。
日本酒あるなら日本酒飲むよね。モツ煮と煮玉子、レバーペースト、茹で落花生などと共に。
日本酒あるなら日本酒飲むよね。モツ煮と煮玉子、レバーペースト、茹で落花生などと共に。
日本酒と共に各種つまみを頼みます。今まで1軒1杯ではしご酒を進めてきましたが、ここでは2杯目に手が出てしまいました。
昼間から日本酒キメた!日本酒はやはりうまいなあ。
昼間から日本酒キメた!日本酒はやはりうまいなあ。
3杯目に手を出しそうになりながら、つまみが尽きたところで次に移動します。千葉から総武線で秋葉原へ。一気に都内へ戻ります。
いったん広告です

ビール祭り

千葉駅から総武線で50分ほど。秋葉原駅に到着です。
秋葉原までの電車のシートには「妖怪しりあたため」がひそんでいて、何度も深い眠りに落として秋葉原駅を乗り過ごさせようとした。ギリ起きた。
秋葉原までの電車のシートには「妖怪しりあたため」がひそんでいて、何度も深い眠りに落として秋葉原駅を乗り過ごさせようとした。ギリ起きた。
時刻は14時半ぐらい。ここでは改札内で2軒はしご酒をキメます。
大型スーパーのイートインコーナーみたいな感じの所。
大型スーパーのイートインコーナーみたいな感じの所。
先に訪れたのがTokyo Food Bar。蕎麦屋などが入ったフードコートです。中にはテーブルが並べられ、各店で購入したものが食べられます。
パスタ類の他、夜になるとハイボールなども頼めるようです。
パスタ類の他、夜になるとハイボールなども頼めるようです。
ここで飲めるのがパスタや各種ドリンク類を出す「Cafe Wheel Bar by PRONTO IL BAR」。ビールを注文します。
ちなみに、今回は撮影係で妻が同行しているので自撮りではありません。
ちなみに、今回は撮影係で妻が同行しているので自撮りではありません。
サッと飲んで次に移動。次も秋葉原駅改札内の飲食店です。
本日2度目のビールキメた!
本日2度目のビールキメた!
Tokyo Food Barから少し行った、中央改札横にあるこちらにやってきました。
1階が物産の店。2階がキッチン。東日本の美味しいもの揃っています。
1階が物産の店。2階がキッチン。東日本の美味しいもの揃っています。
「のもの秋葉原店」です。東日本の地産品を扱う店です。2階の飲食店で食事も出来ます。
ビールのつまみは長野のおやき。
ビールのつまみは長野のおやき。
こちらで頼んだのが千葉と岩手の地ビールの飲み比べセット。香りが高い、軽快、濃厚と三種三様に楽しめる味でした。こちらの店は料理が充実しているので、食事で訪れている人が多かったです。
3時のおやつタイムに地ビールキメた!
3時のおやつタイムに地ビールキメた!
飲み終えて次へ移動。山手線で秋葉原から池袋へ。池袋で140円都内近郊改札内はしご酒の旅はゴール。最後の店へ向かいます。

パブにてワインでフィニッシュ

2分ほどで行けるところを6時間かけて到着。
2分ほどで行けるところを6時間かけて到着。
時刻は16時を少し過ぎた頃。ゴールの池袋駅に到着です。ここまで改札を出ることなく、5軒ではしご酒。池袋駅改札内で最後の1軒に立ち寄り改札を出ます。
帰宅時間帯になるとかなり賑わっています。
帰宅時間帯になるとかなり賑わっています。
訪れたのは「LONDON PUB」。バスペールエールの他、各種ビール、ハイボール、ワインなどのドリンク類が揃い、つまみも各種あります。改札内でガッツリ飲める店です。
段も安い。1杯420円。ちなみに、ここまで回った店と違い、駅構内ですが喫煙可の店なのでタバコが苦手な人には厳しい。
段も安い。1杯420円。ちなみに、ここまで回った店と違い、駅構内ですが喫煙可の店なのでタバコが苦手な人には厳しい。
ここでは、どの店でも飲んでいないワインを選択。これではしご酒の旅をシメます。
夕暮れ時にワインキメた!今日は色々飲んだね。
夕暮れ時にワインキメた!今日は色々飲んだね。
飲み終わったら改札を出て140円都内近郊改札内はしご酒の旅は終了。色々飲めて楽しかった!

他にも色々なルートで出来るはず

今回の大回りの旅は鉄道ファンの方に聞いてやってみました。その方は、はしご酒まではしませんが、千葉駅の角打ちの他に、房総半島の路線を回って駅構内にある店で海鮮丼を食べたりするそうです。

私は全く鉄分が高くないので、特に電車を見ても気分があがることはなく、車窓からの景色も時々眺める程度でした。しかし、各駅ではしご酒をするというイベントがありかなり楽しめました。大人のスタンプラリーといったところでしょうか。

ちなみに、改札内の店は全部交通系ICカードが使えるので、切符を買う所から現金なしで楽しむ事が出来ます。ただし、改札を出ないからオートチャージが効かないので、沢山飲む方は現金が必要になるでしょう。はい、私がそうでした。
出るときは自動改札を通ると閉まってしまうので、駅員のいる改札を通り、大回りで来たことを告げます。聞かれませんでしたが、ルートは言えた方がいいようです。
出るときは自動改札を通ると閉まってしまうので、駅員のいる改札を通り、大回りで来たことを告げます。聞かれませんでしたが、ルートは言えた方がいいようです。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ