特集 2016年9月14日

板垣退助とか真田幸村のフォトプロップスを作る

もはやただの仮装
もはやただの仮装
フォトプロップスというものがはやっている。

ヒゲや吹き出しに棒をつけたもので、携帯で写真を撮るときにつかう小道具だ。

どうやら海外の結婚式でよく使われているものらしく、昨年あたりからけっこう見かけるようになった。

楽しそうなのでぼくも作ってみたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:「駅名囲むの日本だけ?」路線図をただながめて「いいねぇー」って言う会

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

ヒゲといえば板垣退助ですよね

「フォトプロップス」がよくわからない、という方は、画像検索で「フォトプロップス」を検索してみてほしい。いったい何なのかが、たちどころにご理解いただけるものと思う。
検索がどうしてもめんどうくさい。という方のために、検索画面をキャプチャしておきました
検索がどうしてもめんどうくさい。という方のために、検索画面をキャプチャしておきました
フォトプロップスで写真を撮ると、あとでわざわざヒゲやメガネを画像加工で加えなくても、楽しげな写真が撮れる。というわけだ。
市販のフォトプロップス。ヒゲがある
市販のフォトプロップス。ヒゲがある
そして、ヒゲ。といえば、板垣退助だろう。
板垣退助
板垣退助
自由民権運動の主導者として明治時代に活躍した政治家である。

昔の100円札の肖像画だったひとだ。
「世界のお金200 (知育アルバム)」講談社 より
「世界のお金200 (知育アルバム)」講談社 より
この白い立派なヒゲを再現したフォトプロップスを作りたいと思う。

まずは、設計図。といっても、画用紙を切り抜くだけだが、いちおうデザインのイメージをつかんでおきたい。
サンタクロースみたいだな
サンタクロースみたいだな
写真や肖像画をよくみると、板垣退助のヒゲは、白くてけっこうボサボサでスカスカである。このボサボサでスカスカなところを画用紙で再現しようとするとけっこう難しい。ここは、デフォルメして、サンタクロースみたいなヒゲを切り抜くしかない。
不惑にして、板垣退助のヒゲをこんなにじっくりみることになるとは思わなかった。
曲線書くのむつかしいな
曲線書くのむつかしいな
2バージョンつくった
2バージョンつくった

真田幸村のフォトプロップス

さて、板垣退助のヒゲだけではちょっと物足りないので、ついでに真田幸村の兜のフォトプロップスも作りたい。

なぜ、真田幸村か。

それは、いま流行っているからで、それ以上の深い意味はない。
赤いなー
赤いなー
真田幸村の甲冑を調べると、さまざまなバリエーションがあるのがわかるが、いずれも赤くて鹿の角が付いているのは共通している。

で、画用紙を切り抜いたり貼り付けたりしてできたのがこちら。
徹夜で作りました
徹夜で作りました
編集の古賀さんに「こんなのができました」とメッセンジャーで写真を送ったところ「クォリティ!」とだけ返ってきたものがこれだ。
ちゃんと設計図書いたんだけどな
ちゃんと設計図書いたんだけどな

みんなで撮影してみた

さて、これらのフォトプロップス、家で一人で撮影しててもつまらないので、デイリーポータルZ編集部に持っていって撮影してもらった。
でかい。というのが最初の感想
でかい。というのが最初の感想
デイリーポータルZ編集部の石川さんや橋田さんにフォトプロップスを知っているか聞いてみたところ「あぁ、言われてみれば……」という感じであった。

そこで、東急ハンズで購入してきた市販のフォトプロップスを使いながら、フォトプロップスの雰囲気をつかみたい。
市販のフォトプロップス
市販のフォトプロップス
フォトプロップスで撮影した写真は、インスタグラムに投稿するのが今風らしい。
スマホで撮影してもらってインスタグラムにアップしてみる
スマホで撮影してもらってインスタグラムにアップしてみる
インスタグラム投稿するの久々すぎる
インスタグラム投稿するの久々すぎる
「体温を感じた」by石川さん
「体温を感じた」by石川さん
たしかに、フォトプロップスを持っていると、わざわざピースなんかしなくてもいいので、ポーズに困るということがない。たしかにこれはちょっと楽しい。

では、板垣退助のフォトプロップスはどうか?
ういう感じ?
ういう感じ?
あれ?

これはもしかして……サンタクロース?

「板垣死すとも自由は死せず」とつぶやいているサンタクロースである。ちゃんと、タグも「#自由 #民権 #運動」にしたのにだ。

もしかして、板垣退助ってサンタクロース?
どうしてもサンタクロースから脱却できない
どうしてもサンタクロースから脱却できない
編集部の橋田さんにもやってみてもらった。にこやかなのがダメなのかと思い、いかつい顔をしてもらった。

しかし、怒りのサンタクロースが、自由民権運動のスローガンを訴える。という写真になってしまった。

サンタクロースのイメージとしての強靭さを思い知る。

2016年、板垣退助はサンタクロースであったことが判明した。

仕方がない。真田幸村に賭けよう。
家康め! 覚悟!
家康め! 覚悟!
誰だかわからない。

もう一度言う、誰だかわからない。

いや、兜が真田幸村なのはわかるけれど、中の人が誰だかわからない。

顔出し看板でさえもうちょっと誰が誰だかわかりそうなもんだが、誰だかわからない。

面頬(めんぼう・マスクみたいなやつ)が敗因じゃないかなー。というのはなんとなくわかる。
「yeah!康」についてご説明させていただきます
「yeah!康」についてご説明させていただきます
ちなみに吹き出しの「Yeah!康」は「家康」のことだ。市販のフォトプロップスに「Yeah!」という吹き出しがあったので、これ幸いと流用した。

これは、大坂夏の陣のときの真田幸村をイメージしている。

セリフがけっこう面白いかもしれない

今回わかったのは、セリフのフォトプロップスを使うと面白いことがわかった。
徳川討つべし
徳川討つべし
インスタグラムで「徳川討つべし」と言われると、とたんに由井正雪(※)のオフショットのように見えるから不思議である。(※幕府転覆を計画した軍学者)
ツィッターのパスワードを忘れてイラッとしている一瞬だが、楽しんでるようにみえる!
ツィッターのパスワードを忘れてイラッとしている一瞬だが、楽しんでるようにみえる!
家康のせいでツィッターのパスワードわすれたじゃねーか、ゆるさねえ
家康のせいでツィッターのパスワードわすれたじゃねーか、ゆるさねえ

名言フォトプロップスいっぱい作ってお待ちしております

というわけで、いろんなフォトプロップスを作った。

この、ちょっとした紙に棒を付けて写真を撮る。みたいなことは、まさに、デイリーポータルZが10年ぐらいまえから折にふれてなんどもやってきた事ではないか。

これは、デイリーポータルZ的なお遊びが、やっと市民権を得てきた、時代がこっち側に追いついてきた、ということにほかならない。

今回は、意図通りにいかなかったものもあったが、どんなフォトプロップスでも、あれば楽しいことがわかった。

10月16日に行われる「デイリーポータルZエキスポ」では「カルタゴ滅ぶべし」とか「神輿は軽くてパーがいい」、「生む機械」みたいな名言や失言のフォトプロップスを量産してお待ちしております。

ご期待ください。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ