特集 2016年8月17日

メタリカisクワガタ

はい、言いたい事終了~。
はい、言いたい事終了~。
メタリカはかっこいい。かっこいいメタリカを眺めているとクワガタにしか見えなくなってきた。夏の魔法に違いない。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:東京23区ゴミ看板調べ

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

今更ながらメタリカ

メタリカといえば言わずと知れたヘヴィメタル界に燦然と君臨するモンスターバンドである。1981年にボーカルのジェイムズ・ヘッドフィールドとドラムのラーズ・ウルリッヒが中心となって結成され,これまでに全世界で1億枚以上のレコードセールスを記録、グラミー賞で9つの栄冠を獲得など、成し遂げた偉業は枚挙にいとまが無い。

ヘヴィメタルをより過激に、速くした「スラッシュメタル」というジャンルのルーツともいわれている(諸説あり)。
個人的には真ん中の黒いのが好きです。はい、私はメタラーではありません。すいません。
個人的には真ん中の黒いのが好きです。はい、私はメタラーではありません。すいません。
彼らのスラッシュなスタイルを体現したかっこいいジャケットにそこはかとなく感じる、生物感はなんだろう。
これ。この記事ではロゴではなく、メタリカと呼びます。
これ。この記事ではロゴではなく、メタリカと呼びます。
40代を迎えた今、それがわかった。クワガタだ。クワガタなのだメタリカは。

メタリカを構成するソードとエタリク

極端に発達し、鋭利な刃のようになった両端、メタリカソード(勝手に命名)がアゴ、その間の頭部の部分がETALLIC(エタリク)にあたる。
こういう事です。エタリクは言ってみたら気持ちよかっただけ。
こういう事です。エタリクは言ってみたら気持ちよかっただけ。
見るものを威圧し、魅了する大アゴ、キングの象徴。昆虫界のメタリカがクワガタであり、音楽界のクワガタがメタリカなのである。
このクワガタはスジクワガタ。小型だがアゴの造形が精巧でかっこいい。
このクワガタはスジクワガタ。小型だがアゴの造形が精巧でかっこいい。
クワガタは実に多様だ。そしてメタリカもまた長年の活動の間に様々な変遷を経ている。
メタリカとクワガタの最高のマッチングを模索していこう。音楽とクワガタをつないでいこう。かき鳴らしていこう。

鋭いメタリカ

1983年、メタリカはインディーズ・レーベル、メガフォースよりファースト・アルバム「キル・エム・オール」をリリース。
日本版は「血染めの鉄槌」という見たまんまの邦題がつけられた。
日本版は「血染めの鉄槌」という見たまんまの邦題がつけられた。
装飾味を削ぎ落し荒々しく刻まれるリフとたたみかけるような超速弾きソロ、過剰なまでのスピードで疾走する、若きメタリカのパワーがさく裂する衝撃のデビューアルバムである。

ジャケットで左右に広がる鋭くて平面的なメタリカはコクワガタのようだ。
日本で最も普通に見られるクワガタの一種。コクワといっても体長はオスで22~54mmとでかいやつはでかい。
日本で最も普通に見られるクワガタの一種。コクワといっても体長はオスで22~54mmとでかいやつはでかい。
コクワといってあなどってはいけない。シンプルな大アゴは力を効率よく伝え、噛まれるとかなり痛い。

鋭いアゴで勢力的に動き回り、はつらつとした若々しさを感じさせる。バンドでいうなら初期衝動のようなものではないか。
鋭いぜ!さわるもの皆あれするぜ!(マウスオーバーでメタリ化)
メタリカの栄光のはじまりにふさわしい。コクワガタ、イズ、 メタリカ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓