特集 2015年12月15日

しめ縄はさきいかで作れる

今年のお正月はさきいかでしめ縄を作りませんか?
今年のお正月はさきいかでしめ縄を作りませんか?
早いもので2015年も残り半月である。すぐに2016年がやってきてしまうのだ。クリスマスや正月の準備をしなければならないが、クリスマスに縁がないので正月の準備をしよう。家にしめ縄がない。買ってくるか。

そうだ、食べられるもので作れないだろうか。片づけも簡単になるだろう。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:サプリを使って栄養満点な牛丼を作りたい


うちは仏教なのでクリスマスはやりません

世間はクリスマスムードでにぎわっているが、私の家ではそんな気配がない。小さい子どもがいないこともあるが、小学生4年生の時、父親にクリスマスプレゼントが欲しいと毎日のように言っていたところ「うちは仏教だからクリスマスはやらない!」と怒られたのだ。

私が生まれてからずっと仏教だったはずである。そんな宣言、前年も前々年もなかったのに急に宣言が行われたのだ。その年からクリスマスは家からなくなり、申し訳ない程度の鶏のから揚げが夕食に出てくるぐらいになった。

全てのエネルギーは正月に注がれるようになり、それはもう素敵な正月を過ごすようになった。
ご覧の通りの仏教ぶり(「用もない行ってみる」)
ご覧の通りの仏教ぶり(「用もない行ってみる」)
なので気合を入れてやるのが江ノ島家の正月だ。(今年はインフルエンザで寝ていた。気合が足りない。)

そこで必要なのはしめ縄である。玄関に飾り、正月を祝うあの縄である。
これがしめ縄。100円ショップでも売っている。
これがしめ縄。100円ショップでも売っている。
正月に神様を迎えるために飾るものである。そして、これは神道のものである。父よ、うちは仏教のほかに神道もあるぞ。

昔からしめ縄は簡単に作れそうな気がしていた。何も根拠もない自信である。工作は基本的にダメだが、これはいけそうな気がする。
ダメな工作の例。光るズボンを作ったが、結果は聞かないでほしい。
ダメな工作の例。光るズボンを作ったが、結果は聞かないでほしい。
そこで色々と考えた結果、食べられるもので作れば後片付けも食べてしまえばよいので簡単に片付く、ということに気づいた。よし、食べられるしめ縄を作ろう。

しめ縄っぽい食材を探す

近くのスーパーに行くと色々とそれっぽい食材が売っている。
しめ縄になりそうな食材たち。切り干し大根とかんぴょうはそのまま食えないので翌日の夕食になった。みりんとかしょうゆで煮てやった。
しめ縄になりそうな食材たち。切り干し大根とかんぴょうはそのまま食えないので翌日の夕食になった。みりんとかしょうゆで煮てやった。
切り干し大根とかんぴょうはそのままで食えないので、この時点で候補から外した。何もしなくても食えるものがエントリーしている。

さけるチーズ、チーズ鱈、さきいかの3つである。全部、お酒のつまみだ。正月にはお酒を飲むからちょうどいい。のではないだろうか。早速作って行こうと思う。

しめ縄を作り方

左巻きで縄をねじればそれっぽくなる。後、紙をつけると見える。
左巻きで縄をねじればそれっぽくなる。後、紙をつけると見える。
さけるチーズ。とても、とてもさける。
さけるチーズ。とても、とてもさける。
最初に試したのが、さけるチーズだ。外装もしめ縄のような色で統一しようと、スモークのパッケージを買ってきた。
縄に見える!ような気がする!
縄に見える!ような気がする!
何度も切れてしまって、一本は食べた。おいしいがそういうことではない。
何度も切れてしまって、一本は食べた。おいしいがそういうことではない。
ひねって結んでいたら、しめ縄のようなさけるチーズができた。
ひねって結んでいたら、しめ縄のようなさけるチーズができた。
遠くから見ればしめ縄に見えるものができた。ただ、近くで見ると子どもが遊んだようにしか見えないので、下の伸びている部分を結ぼうとすると切れてしまう。さけるチーズはしめ縄にならなかった。

チーズ鱈をしめ縄に

今度はチーズ鱈で作ってみようと思う。先ほどと同じようにしてみたが、切れてしまう。今度は工夫をこらして、優しく巻き、つまようじで固定すればいいのではないかと思い刺してみた。
結果的にひと手間加えたおつまみになった。
結果的にひと手間加えたおつまみになった。
かっこよく言えば「現代美術」、庶民から見れば「スーパーの試食」。しめ縄には遠い。

チーズ鱈はおいしいが、しめ縄にはならない。余談だが、チーズ鱈を軽くあぶるとよりおいしいと聞いたので、是非お試しください。

最後の希望、さきいか

ダメだ。このままでは失敗に終わってしまう。成功への思いを願いながら、袋をあけた。
松の木を背景にさきいかをお楽しみください。
松の木を背景にさきいかをお楽しみください。
量がたくさんあるので失敗し放題。さきいかにこんなに安心感を抱いたのは初めてかもしれない。
量がたくさんあるので失敗し放題。さきいかにこんなに安心感を抱いたのは初めてかもしれない。
そして、袋を開けた瞬間に公園中のハトが来たときは、命の危機を感じた。
そして、袋を開けた瞬間に公園中のハトが来たときは、命の危機を感じた。
匂いにつられたのか、バサッバサッと音を立て多くのハトが襲来した。多分、気を抜いたら襲われる気がしたので、常に気を張り、なるべくハト側を見ないようにしめ縄づくりに没頭した。
さきいかを結ぶとしめ縄のようになった!
さきいかを結ぶとしめ縄のようになった!
今までのものと比較すると、明らかにしめ縄のように見える。見える?いや、見える!
「できたなー。これはしめ縄にしか見えないよな」
「できたなー。これはしめ縄にしか見えないよな」
和風柄の紙を使って、飾りをつければ、
和風柄の紙を使って、飾りをつければ、
誰が見てもしめ縄だ。
誰が見てもしめ縄だ。
ピントはずれているがしめ縄だ。
ピントはずれているがしめ縄だ。
しめ縄にしか見えない。しかし、他人から見たらどうだろうか。写真を送って反応を確かめてみた。
友人A「なんだろうか?」友人B「自分、無知なので…。」全然、わからないらしい。
友人A「なんだろうか?」友人B「自分、無知なので…。」全然、わからないらしい。
そうか、わからないか。どうすればいいのだろうか。一回、コンビニに行こう。すると、奇跡の出会いがあったのだ。これは誰が見てもしめ縄に見える。

完成! さきいかのしめ縄

太めのさきいかである。
太めのさきいかである。
コンビニに行くと、おつまみのコーナーに太めのさきいかが売っていた。これなら見えるかもしれない。早速作ってみよう。
先ほどよりも、縄に見える!
先ほどよりも、縄に見える!
飾りつけるとさらにしめ縄になった。
飾りつけるとさらにしめ縄になった。
「よくできてるなー」さきいかを食べながら感傷にひたる。
「よくできてるなー」さきいかを食べながら感傷にひたる。
「これしめ縄に見えますかね?」「すいません、自分、はにわなんで、ちょっとわからないっす」
「これしめ縄に見えますかね?」「すいません、自分、はにわなんで、ちょっとわからないっす」
良かったしめ縄ができた。友人にも送ってみたところ「しめ縄に見える」という言葉をもらった。もう1人は「ザリガニが釣れそう」と言っていたが、これで釣ると伊勢えびが釣れる気がする。
これで良い正月を迎えられそうです。
これで良い正月を迎えられそうです。

お年玉欲しい

社会人になってお年玉をもらえなくなり、甥っ子にあげるようになった。

お年玉のありがたみをあげる側になって知るようになるので、甥っ子たちにお年玉をあげる教育をしたいと思った来年のお正月。
玄関に飾ったところ、気が付いたら外されていた。理由は「まだ正月じゃないから」
玄関に飾ったところ、気が付いたら外されていた。理由は「まだ正月じゃないから」
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ