とくべつ企画「一万円の○○」 2015年9月21日

一万円の卵

ひとつ500円越えの卵を独りじめする
ひとつ500円越えの卵を独りじめする
20個で1万円する卵がある。1つ500円。1つの値段でふつうの卵10個パックよりも倍以上する。

全部で20個か。そうね、まず家族で食べるよね、我が家は4人家族だ。すると残りは16個。実家の96歳の祖母はこれほどまでに高い卵を食べたことがあるだろうか。母は、父は。

いや……違うな。こんな高級卵、人生で得られる機会などもうないだろう。

だったら、全部自分で食べるべきなのではないか。

この記事は2015年のシルバーウィークとくべつ企画「一万円の○○」シリーズのうちの1本です。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:肉味噌ならぬ鯖味噌、キッチンバサミでツマを切る ~目分量レシピ

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

ならばとプリンも買った

最高級卵が、プリンとともにやってきた。

……プリン? そうなのだ。この卵、自宅用20個1万円のほか6個4千円というコースもある。

今回は1万円分ぜいたくをする企画。ならばと卵は6個4千円の方にし残額で同店で扱う最高級のプリン6個5千円を買ったのだ。
片付かない我が家にやってきやがった!
片付かない我が家にやってきやがった!
完全に来るとこ間違った感、でも間違いじゃないんだよ、あたしがおとり寄せたんだよ
完全に来るとこ間違った感、でも間違いじゃないんだよ、あたしがおとり寄せたんだよ
卵20個は1人では食べきれないだろう。だから6個にしてプリンをつけた。

本気で全部ひとり占めする。
ヒップホッパーが札束重ねて撮る写真みたいなのを撮ったが私にピントは合わなかった
ヒップホッパーが札束重ねて撮る写真みたいなのを撮ったが私にピントは合わなかった

ひとくちだってやりはしない

「ひとくちちょうだい」が好きか嫌いか。人間はどちらか一方に分かれると思う。私は好きだ。ひとくちあげるし、ひとくちもらいたい。そうやって生きてきた。

大家族で育ったこともあるかもしれない。感情の共有からうまれるグルービーな瞬間があって日常は日常として非日常以上に輝くと信じてきた。

しかし今回は一人で全部食う。ひとくちだってやりはしない。

おそらくそこに共感はないだろう。私ひとりの感想があるだけだろう。そしてその感想は「めっちゃうまい」であろう。

その「めっちゃうまい」の12回(卵6個+プリン6個)の積み重なりを体験してみたいのだ。

5人きょうだいの長女として生を受け「ちょうだい」といわれれば「いいよ」とだけ言ってきた私がいま鬼になる。
「輝」と貼ってあるし、実際輝いている
「輝」と貼ってあるし、実際輝いている
プリンは卵型のケースに入っていた
プリンは卵型のケースに入っていた

食べるにあたり一切の体力を必要としない卵…!

同封されていたパンフレットには一番のおすすめの食べ方は卵かけごはんであるとあった。
卵を割る。黄身の盛り上がりそして鮮やかな色
卵を割る。黄身の盛り上がりそして鮮やかな色
黄身の弾力があまりにも強いのでいたらプッチンと弾けた
黄身の弾力の強さの限界を確かめていたら急に弾けた
食べてみる。最初の一口は意外にも「あれ?」だった。驚くほど普通…だ…。

それで思い出したのが12,000円のカレーを食べに行った斎藤充博さんの記事だ。斎藤さんも全く同じように高級カレーを食べて最初の1口2口は「あれ? 普通だ」と感じたと書いてあった。これ、おそらく全く同じ状況である。

3口4口と食べてハッとした。私いま食べるのに一切体力を使っていない。そうか、いつもの卵にはえぐみやくさみがあったんだ。「輝」にはそれがない。

引き算タイプの価値である。これが最高級か。
そばでは夫が仕事をしている
そばでは夫が仕事をしている
さらにそのあとすぐ、後味のまろやかさ、生卵とご飯の甘みですでにお菓子のようですらある豊かさに気づいた。きやがった、足し算の方の価値だ。う、うおおおお。

時刻は午前9時。宅配便が卵を届けてくれてすぐ開封してすぐ食べている。

子供たちは登校、登園し、打ち合わせ先に直行予定の夫が出発前に軽く仕事をしていた。

夫にはこの卵の価値は伏せている。

私は目の色を変えて卵かけごはんと対峙しているが、夫はなぜ目の色を変えているか知らない。
何か食べ比べの仕事をしているのだろうと理解したらしく、写真を撮ってくれた
何か食べ比べの仕事をしているのだろうと理解したらしく、写真を撮ってくれた
よほどの罪悪感であろうと思っていたが、意外にも心はおだやかであった。夫にも卵の味についてどう思うか聞きたいが、食べてもらえなかったのはちょっと困ったくらいだ。

どうも「記事を書くために鬼になってるだけだから」という言い訳が盾になっているようだ。うーむ。
ちなみに普通の卵との味の違いは、後日卵かけうどんで1つ20円の卵と食べ比べた。食べ比べると1口目からすごさが分かる。しかし普通の卵もちゃんと普通の卵としておいしいのだ、それは間違いない
ちなみに普通の卵との味の違いは、後日卵かけうどんで1つ20円の卵と食べ比べた。食べ比べると1口目からすごさが分かる。しかし普通の卵もちゃんと普通の卵としておいしいのだ、それは間違いない
ゆで卵で見比べるとこんな感じ(左が「輝」)。黄身がほろほろとお菓子のようにくずれる…!
ゆで卵で見比べるとこんな感じ(左が「輝」)。黄身がほろほろとお菓子のようにくずれる…!

プリンがおいしすぎてわからない

夫は仕事にでかけていった。背中を見送りしめしめと続いてはプリンである。

卵型のカップに入った本体と別にカラメルソースがついている。
プラスチックのスプーンもついてきたが、これはものすごく普通のやつであった。プリンにだけ本気を出してあとの脇が甘いのはむしろかっこいい
プラスチックのスプーンもついてきたが、これはものすごく普通のやつであった。プリンにだけ本気を出してあとの脇が甘いのはむしろかっこいい
どちらかというと固めのテクスチャのプリン。そしてこれがまた本当に食べるのに体力がいらない。

体にすっ、すっと入っていくので気づくとカラになっていた。「えっ?」なに、なにこのプリン? と黙らされている間に全てが終わった。

あまりのつかみどころのなさにとんでもない贅沢であるが、続けざまにもう一つ食べてしまったくらいだ。

これぞ独りじめの醍醐味であるが、何か魔法にかかったように食べてしまったので優越感にひたったり罪悪感に胸を痛める暇すらない。
甘みはかなり控えてある。卵のコクで一気に食べさせるといったおもむき
甘みはかなり控えてある。卵のコクで一気に食べさせるといったおもむき
カラメルがまたしっかり苦くておそろしく合う
カラメルがまたしっかり苦くておそろしく合う
パンチがつよく味に余白のない食べ物というものは多い。そういう意味でこのプリンは余白だらけだ。だからこそ人を惑わすようなところがある。
夜も飲んだあとに食べてしまった。あと3個か…
夜も飲んだあとに食べてしまった。あと3個か…

わたし1人だけうまい卵を食べてみる

さて卵とプリンの味のすごみは分かりすぎるほど分かった。

しかし「独りじめ」の気分というものはまだ味わえていないように思う。
朝ごはんの目玉焼きに私のだけ最高級卵を使う
朝ごはんの目玉焼きに私のだけ最高級卵を使う
私だけ王様の朝食である
私だけ王様の朝食である
この際きっちり罪悪、さもなければ優越を感じておかねばこの記事終わらないぞという思いがあり思い切って家族全員のうち私だけが最高級卵を食べる食卓というものを設けてみた。
「とろーり」の色が違う
「とろーり」の色が違う
「うまいな!」

思わずカッとなって声を上げてしまう。そりゃそうだ、最高級卵の目玉焼きである。

しかし息子が「そうだね!」と相槌を打ってきた。息子も目玉焼きを食べている。そうか…うまいか…。

きみの食べている卵はいつもの卵で、私が食べている卵は1個500円のすごく良い卵なんだ、でもどっちもおいしいよね。一緒に食べればなんだっておいしいよね。

でも私の卵だけ1個500円なんだ。
私のだけ…
私のだけ…
なんだろう、気持ちが無である。

あきらかに優越感はない。では罪悪感はどうだ。罪悪感とは道徳にそむく行いを悔いるように感じることだろう。

…それもない…ように感じる。

ただいつもの家族の食卓があった。そこに「うめえ!」といういつもよりテンションの高い自分がいて、それに息子が呼応した。ただそれだけ? だった?

ちょっと自分でもよくわからないのだが、ゆるがない日常は500円の卵では壊れなかった、みたいなことだろうか?
ゆっくり緊張の糸が切れた。プリンがあと3個残っていた。
ゆっくり緊張の糸が切れた。プリンがあと3個残っていた。

卵すら独りじめできないなさけなさ

独りじめにあまり意味を見出せず、弱ったなあと気持ちがゆるみ残ったプリンはその晩、子供らと分けて食べてしまった。

たかが卵6個とプリン6個ですら独りじめできない。やわでなさけないだろうか。

いやまてよ、これ単純に食べ切れなかったということなんじゃないか。

ほぼ夢

大変においしかったが、今後残りの人生でこのような卵を食べる機会はまずないであろう。自分で買うにはあまりにも高価であり、いただく可能性も考えづらい。

1個500円の卵。それは憧れという意味での夢であり、お布団に横になってみる方の夢っぽくもあった。

総じて、ちょっといまだによく意味がわかっていない。
「輝」のシールははがして冷蔵庫に貼ってある
「輝」のシールははがして冷蔵庫に貼ってある
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓