特集 2015年8月29日

リサイクルセンターが天国のようだった

!
日々の生活で不要になったゴミたちを、
リサイクル品として復活させてくれるリサイクルセンターがあったのだが、

リサイクル品がかなり自由で、まるで天国のようなステキな場所になっていたので、
大紹介してしまいたいと思う。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:日本一まる見えの公衆便所がマジまる見えだった

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

ってことで、いま話題になっている、かどうかは知らないが、
!
多摩の最果ての「カラキダ」というドラクエの街の名前みたいなところに位置している衝撃のスポットがこちら
!
リサイクルセンター!!
でして、

別に多摩以外にもあるかもしれないが、
ゴミを収集しながらも、その中から使えるものをリサイクル品としてよみがえらせるという、
エコの精神にのっとった、まさに天国のようなセンターなのであった。
!
そして早速入ってみると、その入り口には
!
なんだか猫キャラがいたのだが、
多摩だけに
!
「タマ」とのことであった。
多摩だけにッ!!!


しかもこのタマさん、当所がリサイクル場ゆえに
!
何かしらのリサイクル品により、体がなされているようなのであった。
!
若干キモイ。でもスゴイ。

そして一緒に記念写真を撮れるようになっていたので、
!
激写。とりたてて感慨はない。


そしてその傍らには、当地にはゴミ処理場が隣接しているだけに、当然のように掲示されていたのだが、焼却炉も
!
順調に燃えているようであった。萌えた。



そしてさらには、当地のゴミ処理の詳細がDVDで見れるようにもなっていたのだが
!
その時は故障中だった。萎えた。

でも、模造紙にて詳細を教えてくださっており、
!
まさにこのような流れで、リサイクルを実現してくださっているようなのであった!!素敵すぎである。


そんな当センターでは
!
そうして集められたゴミたちの中から、不死鳥のようにリサイクル品としてよみがえった素敵な品物たちが、破格の値段でGETできるようになっていたので、早速いろいろ要チェックしていこう!
!
ではそんなリサイクル品として、まずわかりやすく現れたのがこちら、
!
ギター。ということで、リサイクル品ゆえにギターが破格の値段2100円で売られていたのであった。でも定価知らないのでいまいち感動薄く申し訳ない。


さらにそのそばに、すごくなんとなくあるこれも売り物のようで、
!
物干しってことでね。なんとなくありすぎる感大変ぐっと来た。


すると
!
あのゴルフクラブまでもリサイクルで売られていたのだが、なんと200円にて! とりあえず素振りは危険なのでやめよう。


そして、リサイクル的にはわりとありがちな
!
トイレットペーパーもね。素材レベルからリサイクルされまくりなようで、萌えた。


そしてさらには
!
取っ手・つまみが!
!
え、取っ手!? なんで!? しかも1個20円! という破格の値段にて!! 売られていたのだが
!
そもそも取っ手買っても! そもそもなぜこんなにも取っ手、フリーに隔離されてしまったというのか! どんなに激しく取られてしまったというのか! 多摩市民、取っ手を激しく扱いがちだというのか! 謎は深まるばかりであった。


その一方、さらには
!
カサの先端や支柱までもが、破格の値段で売られていて!
!
傘の先端て! なぜこんなにも隔離され集まってしまったというのか! どんなに激しく取られてしまったというのか! 多摩市民、傘を激しく扱いがちだというのか! 謎は深まるばかりであった。



でもまだまだ見ていきたいと思う。
いったん広告です
!
続いて、なんとも気になる
!
「キッズのおみせ」が登場。
さすがリサイクルセンター、見事なカテゴライズだが、よく見たらそこには
!
やたら
!
にゃんまげグッズがあったのであった。
なぜ日光のそれがこんなにも多摩で流通を!とシンジケートが気になった。


そして謎の円盤状のものが売られており、
!
シールの跡あります! と、跡あってごめんというスタンスのようだが、跡あってもなくても
!
そんなにこれ使わないって感じはした。

さらには、動物が模された
!
雑貨も売られていたのだが、もはや謎の呪術器具にしか見えなかった。


なおもキーホルダーが、
!
10円にて! 売られていたのだが、

でも各々見てみたら、さすが10円だけに、これが
!
なかなかの
!
キャラデザインに
!
なっていたのであった。
さすが10円クオリティである。



そして当然のように
!
謎の視力矯正メガネも。なぜこんなにもリサイクルされているというのか、メガネ業界奥深しである。


すると突然、ゴミ的には
!
ビックリなものたちも展示されていて、
!
そんなにビックリしなくても、と思ったけど、ゴミには気をつけようね。


そしておもむろに、下敷きが
!
だらっと売られていたのだが、
これがなんと
!
あのSMAPの下敷きでして、

これみんな若く、おそらく20年近く前のやつのようでして!
キムタクかっけぇ!! みんな若くてかっけぇ! これもしやだいぶレアなのでは! はっ!ってことは!
あの森くんまでも!お久しぶり! と期せずしてスターに出会えたことで、すっかり夢がモリモリしてきたのであった。
!
そういえば、タマなる猫のキャラがいた当所だが、
!
わりと当然のように
!
キティもいた。

キャラ的にはもろネコかぶりで、相容れてはならないはずで、タマ的にはライバルのはずだが、あっさりキティなのであった。さすが多摩の器のでかいことよ!

そしてその傍らでは
!
謎の棒的なものが、10円で!

その傍らでは
!
謎の板的なものが、50円で!

謎は深まるばかりだった。

そして封筒も当然のように
!
20円!なのであった。もう相場がわからない。


その勢いで
!
木までも
!
売られており
!
70円! 安い! でもいらない!のであった。
!
続いていきなり、その周囲をとり囲むかのように
!
タンスが売られまくっていたのであった!

まるで天国か何かの精神世界のよう! しかもよく見てみたら
!
タンスすこぶる安い!
!
こんなにも立派なのに!すごいぜリサイクル!
!
さすがだぜリサイクル!
!
でもごめん、デカすぎていらない。


さらにその手前には
!
大量にイス、キター!!

イスたちが
!
定価がよくわからないけど破格の値段で売られていたのであった。
でも
!
休んじゃダメだぜ。


その一方、室内には大量の
!
収納BOXたちもリサイクル品として
!
売られていたのだが、お客さんのためにタンスの注意書きが書かれていたのだが、
!
におい
!
におい
!
におい、って、においそんなに言いまくらなきゃいけないものなのか! そんなにすごいことになっているのか! いやそんなことはなかろうが、でも多摩ならではの親切さなのであろう。
!
と、急にまたタマもいたりしながら、そんな自由すぎるリサイクル品なわけだが、まだまだ見ていくことにしよう!
いったん広告です
さらには
!
実家にはありがちな
!
支柱までもが! 実家にはありそうだった。


そんなななかでも、特に気になった一画があり、
!
そこには自転車の各パーツが売られていたのであった。

まずは
!
サドルが。

って
サドルだけ売られても!感満々だが、あ、サドルってよく盗まれるから有事の際には最適ってことなのか。

そして
!
反射板も! そして
!
ベルも!

って、各パーツすぎ! 自転車バラバラになりすぎ! 多摩の自転車事情、一体どんなことに!
!
でもそれだけ素敵に分別リサイクルされているということなのであろう。
!
そしてついでに
!
鉄アレイも各種取り揃えられているようで! 多摩市民、思いのほか筋肉市民のようであった。


さらには、火を燃やすための
!
チョー使える燃料資材までもね。
!
でも今は結構である。


ふと見ると、床におもむろに
!
一輪車までもね。これもリサイクル品として売られているようで、自由すぎてたまらなかった。

そしてさらに
!
机にディスプレイされていた堆肥! 炭! 木酸酢!
このいぶし銀すぎる感じ、さすが多摩だと言えるだろう。
!
一方、とある一画に、
!
掲示板があり、まさにそこには掲示の紙を通して、「ゆずって」「ゆずられて」の物々交換が出来るソーシャルなコミュニティが出現!

で、その紙に託された想いが
!
また
!
フリーハンドにて
!
自由でステキな
!
コミュニケーションが行われているようで!

超詳細な図解のもあれば
!
結局何をゆずってほしいのか解読しにくいものもあったが、デジタルではそう味わえない人々のぬくもりあるソーシャルさに心温まった。


そしてさらには
!
オリジナルアイテムってことで、これが
!
80円にて! …え、何これ? あ、アレね。ってことでアレがなんと80円で売っていたのであった。…アレ?
!
一方、リサイクル品としては、さらには各ソフトまでも売られていたのだが、
!
シングルCDも破格の20円にて!

すさまじい安さだが、
!
まぁパフィーはいいとしても、こちらのCD
!
中、確認してよ!

さらには
!
謎の一曲もいかしており、見事な音楽市場だったのであった。

ついでに
!
ビデオテープもあったけど、さすがにもうVHS見れないよ!


さらには、諸グッズも自由かつ無造作に売られており、
!
代表グッズ!
!
樹皮グッズ!
!
ゆうきグッズ! と、ラインナップが自由すぎて戸惑ってしまったのだった。
!
そしてふと構内の片隅に、
!
謎のメモ出力があり、あらやだこれ何かと思ったら、どうやら多摩の
!
不審者登場情報メルマガの出力紙
のようでして
!
多摩、いろいろ出すぎ!みんな気をつけて!でも注意喚起たいへん助かるのでした。
!
そしてリサイクルと言えば食器だが、
!
ってそんな知りませんが、どうやらリサイクルに出せるものにも
!
さまざまな
!
ルールがあるようで!

それらが
!
えらい複雑なようでして!
!
みんなも気をつけようぜ!


ちなみにそんなタマによると、この地を
!
「エコにこセンター」って呼べ、ってことなので、呼ぶようにしたいと思う。





と、当「エコにこセンター」をいろいろ見てきたが、そんな魅力あふれる天国のような当センターにて、結局僕が購入したモノが、こちらだったのでございました!
いったん広告です
と、そんな数ある魅力的なリサイクル品のなかで、結局僕が購入したモノが、これだったのであった!!
!
森くん!

そして
!
謎のメガネ!!

ということでね。


ジャニヲタメガネ男としては、その価格的にも両方マストなアイテムだといえるであろう。


で、ちなみにこれらリサイクル品を買う際に
!
ちょっとしたリサイクル承認用紙に記入することになったりして、こうしてリサイクル魂は輪廻されていくのであった。ステキだね。

…ちなみに、森くんの下敷きについては、 店員のおば様にも 「あ、この方昔やめられた方ですよね」とご指摘いただくなど、 素敵な触れ合いまでもあり、
!
モノを大切にするリサイクルを通して、人と人との繋がりまでも実感できるステキで天国のようなスポットだったのでございました。

では
はしゃぎ疲れたので
そろそろいいですよね


ではまた
おやすみなさい…

はい。

以上
いかがでしたでしょうか
今週の
「この建物の近くにプールがあるよ」。

ってことで当所、多摩の最果ての地ではあるが、リサイクルの素晴らしさを再確認できるステキな場所なので、ぜひみなさんも足繁く通っていただけたらと思う。
お忙しいところすみませんがどうぞよろしくお願いいたします。ではまた失礼いたします。
<b>レシートもシンプルすぎだぜ!</b>
レシートもシンプルすぎだぜ!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓