特集 2015年8月29日

リサイクルセンターが天国のようだった

!
日々の生活で不要になったゴミたちを、
リサイクル品として復活させてくれるリサイクルセンターがあったのだが、

リサイクル品がかなり自由で、まるで天国のようなステキな場所になっていたので、
大紹介してしまいたいと思う。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:日本一まる見えの公衆便所がマジまる見えだった

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

ってことで、いま話題になっている、かどうかは知らないが、
!
多摩の最果ての「カラキダ」というドラクエの街の名前みたいなところに位置している衝撃のスポットがこちら
!
リサイクルセンター!!
でして、

別に多摩以外にもあるかもしれないが、
ゴミを収集しながらも、その中から使えるものをリサイクル品としてよみがえらせるという、
エコの精神にのっとった、まさに天国のようなセンターなのであった。
!
そして早速入ってみると、その入り口には
!
なんだか猫キャラがいたのだが、
多摩だけに
!
「タマ」とのことであった。
多摩だけにッ!!!


しかもこのタマさん、当所がリサイクル場ゆえに
!
何かしらのリサイクル品により、体がなされているようなのであった。
!
若干キモイ。でもスゴイ。

そして一緒に記念写真を撮れるようになっていたので、
!
激写。とりたてて感慨はない。


そしてその傍らには、当地にはゴミ処理場が隣接しているだけに、当然のように掲示されていたのだが、焼却炉も
!
順調に燃えているようであった。萌えた。



そしてさらには、当地のゴミ処理の詳細がDVDで見れるようにもなっていたのだが
!
その時は故障中だった。萎えた。

でも、模造紙にて詳細を教えてくださっており、
!
まさにこのような流れで、リサイクルを実現してくださっているようなのであった!!素敵すぎである。


そんな当センターでは
!
そうして集められたゴミたちの中から、不死鳥のようにリサイクル品としてよみがえった素敵な品物たちが、破格の値段でGETできるようになっていたので、早速いろいろ要チェックしていこう!
!
ではそんなリサイクル品として、まずわかりやすく現れたのがこちら、
!
ギター。ということで、リサイクル品ゆえにギターが破格の値段2100円で売られていたのであった。でも定価知らないのでいまいち感動薄く申し訳ない。


さらにそのそばに、すごくなんとなくあるこれも売り物のようで、
!
物干しってことでね。なんとなくありすぎる感大変ぐっと来た。


すると
!
あのゴルフクラブまでもリサイクルで売られていたのだが、なんと200円にて! とりあえず素振りは危険なのでやめよう。


そして、リサイクル的にはわりとありがちな
!
トイレットペーパーもね。素材レベルからリサイクルされまくりなようで、萌えた。


そしてさらには
!
取っ手・つまみが!
!
え、取っ手!? なんで!? しかも1個20円! という破格の値段にて!! 売られていたのだが
!
そもそも取っ手買っても! そもそもなぜこんなにも取っ手、フリーに隔離されてしまったというのか! どんなに激しく取られてしまったというのか! 多摩市民、取っ手を激しく扱いがちだというのか! 謎は深まるばかりであった。


その一方、さらには
!
カサの先端や支柱までもが、破格の値段で売られていて!
!
傘の先端て! なぜこんなにも隔離され集まってしまったというのか! どんなに激しく取られてしまったというのか! 多摩市民、傘を激しく扱いがちだというのか! 謎は深まるばかりであった。



でもまだまだ見ていきたいと思う。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓