特集 2015年6月20日

新国立競技丼を作ってみた

!
2020年東京オリンピックの
メインスタジアムとして予定されていた
新国立競技場が、

もしかたしたら
幻になるかもしれないので

代わりに
新国立競技丼を
作ってみたいと思う。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:現在のスマホの集大成を油絵で描いてみた

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

なんとなく新聞を読んでいた時のこと、
!
!!

やばい!
!
新国立競技場ができないかもって!

あらやだ!これは大変!

…まぁ正直それならそれでいいのだが、
!
一応かつて最後の国立を体感した身としては
一応なんとかせねばと無駄な使命感にかられたので今回は、
とりあえず作ってみることにした、僕らでも作れるごはんとして。

つまりは
新国立競技「丼」として
作ってみたいと思う。
!
その辺にある食材で。

その辺にある感ハンパないが
みんなもその辺にあるもので一緒に作っていっていただきたい。


ちなみに、
これがその新国立競技場のイメージ図のようだが、
!
意識高すぎる。
これは競技場というよりオシャレな便座だ。
そりゃ金かかりすぎるわ!と張本ばりの喝をいれたところで、
まずは競技場なので、土台を作っていこう。

ってことで
!
じゃこ天。いきなりいぶし銀だね。
!
競技場の形を意識して
!
なんとなく土台として置いておこう。

そして競技場のメイン部分を作っていきたいが、
!
やはり白いお米で、絶妙なこんもり感を紡ぎだしていこう。
!
スプーンや箸を使ってこまごまとね。
!
米がちょこちょこくっついてきてウザイ。

さらに屋根的な部分にでっぱりがあったので、
そこは同じ白でも
!
かまぼこで表現しておこう。
!
つっても切ってぶちこむだけ。

そういや観客席もあるものなので、
!
席はふりかけで表現。雰囲気でいいや。

ついでにグラウンドも、
!
レタスでフィールドってことにしよう。
!
ここでサッカーとは酷だ。

…と、ここでふと思ったのが、
イメージ図には競技場のみならず、
その周囲の景色も一緒に描かれている。
どうせなので具現化しておこう。しなくてもいいのだろうけど。
!
まず周りのビルたちと思われるものは
パーツ的に
!
油揚げをカクカク切って
!
適当に配置。

そして野原っぽいのは
!
水菜を切り刻んでパラパラ散布。

さらに森っぽいのは
!
ブロッコリーをボコボコに。

ついでに地面も黄色のふりかけを
!
適当にまぶしておこう。

自分が何をやってるんだかよくわからなくなってきた。


そして最後に仕上げとして、
このオサレ競技場、うっすら水色がかかっているようなので、
水色系の食材ってそうないので、ここで
!
100均で売ってる水色チョコを投入。
!
まぁ確かに、デザインにならって水色にはなってきたが、
お米にがっつりチョコが付いているという現実からは目を背ける。
!
と、そんなこんなで!
集中力を無駄に酷使したおもしろプロセスの末、
その辺の食材で完成してしまった
新国立競技丼が
これだ!!!
!
どん!!

あらまぁ!


なんか変なごはんができちゃったけど、
イメージ図とアングルをそろえてみると、
!
だいぶそれっぽいのではないでしょうか!

…ん、気のせい? 気のせいか。

でも細かく見てみても
観客席やグラウンドがある一方
!
緑もたくさんあったりして
すごく住み良い感じでね。
!
って別にマンションの模型ではなかった。

でもスタジアムの外周部分は自分なりにはよくできたと思う。
それってまったく本筋的には無意味な気はするが。

でももういいとして、そもそもこれどんな味なのか
ついにこれから実食!
!
ということでおそるおそる
競技場スタジアムの前面部分に箸を入れ、
!
それを口に運び
パックンチョしてみたところ…
!
!!

チョコ部分 甘ぇ!!


さらにはスタジアムの上部の屋根部分を
!
箸で取り出し

パックンチョしてみたところ…
!
!!

チョコ部分 甘ぇ!!


さらにはグラウンド部分を
!
箸で取り出し

パックンチョしてみたところ…
!
!!

チョコ部分 甘ぇ!!


と、
どこを取っても微妙にかすってくる
水色のために付けたチョコ部分が、
食としては全てを台無しにしてくれていたのであった。

新国立競技場をできるかぎり具現化するためとはいえ
まさに自業自得。

そして箸を進めるにつれ
目も当てられない惨状になっていったが、
!
でもそういうチャレンジングな姿勢こそが
2020東京オリンピックの成功につながることになるので、
我々一人ひとりが当事者としての自覚をもって
意識高く過ごしていっていただきたい。

まさかの国威発揚シメであったが
ではまた
おやすみなさい…。

はい。

以上
いかがでしたでしょうか
今週の「ブロッコリーは茹でたほうがいい」。

というわけで
みなさんも自分なりの
新国立競技場を
作っていただけたらと思いまして
お手数ですみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。
ではまた失礼いたします。
ビジュアル的には冷やし中華にも匹敵。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓