特集 2014年7月14日

中華ナポリってなんだ?紀行

!
読みかけてやめていた文庫本を開いたら、紙切れがハラリと出てきた。
メモだった。
そこには「中華ナポリ」と書いてあった

ちゅうか、なぽり?

……はて、なんだっけ?

とりあえず検索する。
ソレは、珍しいメニューで、お店は南林間駅にあるということが分かった。
多分、テレビか何かを見て、気になって、メモしたんだと思う。
行こう。食べに行こう。中華ナポリ。
最近、辛いことが多いから、遠出しよう。中華ナポリ。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:埼玉・桶川うどんは粉がうまい!紀行

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

とりあえず検索する。
ソレは、珍しいメニューで、お店は南林間駅にあるということが分かった。
多分、テレビか何かを見て、気になって、メモしたんだと思う。
行こう。食べに行こう。中華ナポリ。
最近、辛いことが多いから、遠出しよう。中華ナポリ。

小田急ロマンスカーに乗りたかったのだけれど、普通の電車でも1時間ちょいで行けることがわかり、1時間、電車に乗る。
ヒマである。
ここ先月後半から、体調を崩して、横になることが多かった。その時に発見した、ヒマのつぶし方を、また繰り返すことにした。
それは……こわい話とか、都市伝説とかを、調べる、という、シンプルな、中2的、行為。
むかしはコワイ情報って、深く深く奥に隠れてた印象があったけど、今って検索上位に、ばばん! と、上がってくるものなんですね。知らなかった。
しかも、こんな、スマホなんかで、移動中に、簡単に……すごい時代だ。
しかし、40歳超えて、こんなゲスい行為を……。

そういえば、こないだ『となりのトトロ』をテレビでやってたけど、あれも有名な都市伝説があるんだよなあ、それで、スタジオジブリ広報が、公式に『ただの都市伝説ですよ!(作品とは関係ないです!)』って否定してたんだっけなあ……。
そうだ、帰ったら、テレビ東京の『裏ネタワイド DEEPナイト』の録画も見なくちゃ。
とか、どうでもいいことを考えながら、ちゃんとヒマつぶし出来て、あっという間に到着。
知らない町の改札。
知らない町の改札。
知らない町の駅前。見慣れないオブジェが置いてある。
知らない町の駅前。見慣れないオブジェが置いてある。
知らない町に降り立つ。
知らない町は新鮮だ。駅前のオブジェさえ、新鮮に見える。そこに暮らす人にとっては、「そんなのあったっけ?」というくらいの、風景の一部なんだろうけど。

静かだ。駅ビルはあるけど、賑やかな商店街もなく、ぽつ、ぽつと飲食店がある感じ。
それにしても、知らない町の、古いパン屋さんと、古い中華料理店は、とっても美味しそうに見えるのは、何故なんだろう。
古いパン屋さん。白衣の店員さんがふたり、ぼうっと立っていた。
古いパン屋さん。白衣の店員さんがふたり、ぼうっと立っていた。
古い中華料理店ってステキだ。
古い中華料理店ってステキだ。
パン屋さんのガラスケースはピカピカ。中華屋さんののれんも、洗いたてのようなキレイさ。
古くてもキレイなのれんって、本当に魅力的なんだ。
もう中華料理屋に入って瓶ビールにギョーザを摂取しちゃいたいな、と思ったけれど、それでは意味がないので我慢。
台湾料理の小さな店もあった。
台湾料理の小さな店もあった。
あっ、るうろう飯がある! 食べたかった。でも我慢。知らない町には「食べてみたいもの」が多過ぎる。
あっ、るうろう飯がある! 食べたかった。でも我慢。知らない町には「食べてみたいもの」が多過ぎる。
そして、中華ナポリを出しているという、『マルス』という店に行く。
しかし……ちょっと来るのが早かったようで、営業していなかった。
まだやってない。
まだやってない。
メニューが表に貼ってあった。なになに、中華ナポリの具材は、オニオン、しめじ、青菜、トマト、きざみチャーシュー、ケチャップ&チャーシューだれ、だそう。なんだか和風だな。
メニューが表に貼ってあった。なになに、中華ナポリの具材は、オニオン、しめじ、青菜、トマト、きざみチャーシュー、ケチャップ&チャーシューだれ、だそう。なんだか和風だな。
困ったな。
困った時に私がやるのは、秘技、『地名 吉田類』という検索だ。
検索すると、酒場に詳しい作家、吉田類さんが訪れた店、もしくは、吉田類さん好きが行く店、がすぐわかる。
『南林間 吉田類』で検索。
………ビンゴ! 吉田類さんが来店した店、『ホルモン焼 珍満』がヒットした。
しかも15時から営業している、開いている、ラッキー。
人気店であるらしい、珍満。
人気店であるらしい、珍満。
いったん広告です
以前、厚木のシロコロを取材したことがある(『シロコロ食べに、ロマンスカーで』)。
この店もシロコロがウリ。
厚木のシロコロは、脂たっぷりだったけれど、このお店のシロコロは、脂少なめでさっぱり。
ちなみに肉2品頼むと、野菜1品がついてきて、おトク。立派なタマネギ、美味しかった。
この店では、しろコロじゃなく、しろマルというのが看板メニューだった。
この店では、しろコロじゃなく、しろマルというのが看板メニューだった。
シロマル。いい肉ですな……。
シロマル。いい肉ですな……。
焼くぞ、焼くぞ。
焼くぞ、焼くぞ。
そんなわけで、肉を焼きながら、ひとり酒。
以前、厚木シロコロを一緒に食べに行った友だちは、いま、おめでたなんだよなあ。
プレゼントを送りたいからアマゾンでウィッシュリスト作れ、と言っているところである。
おめでとう。めでたい。本当にめでたい。
めでたい、めでたい、と思いながら、横須賀プラジャーというカクテルを飲む。
ご当地カクテルがあったら、そりゃ飲むよね。
ご当地カクテルがあったら、そりゃ飲むよね。
こないだ『となりのトトロ』を見てたら、さつきでもメイでもお父さんでもお母さんでもなく、
おばあちゃんに感情移入してしまった。
私も人んちの子どもを可愛がりたい。
 これがブラジャー。けっこう甘いです。
これがブラジャー。けっこう甘いです。
そういえば、昔、知人の妹が、ジャーブラという名前のバンドやってたなあ……。
衣装が上半身ブラジャーっていうコンセプトバンドだったな……とか、思考はあちこちに飛んで行く。

とにかく、お腹いっぱいには、しないようにした。中華ナポリ食べたいからね。
そう思って、早めに切り上げた。
桜ユッケは食べました。馬肉はなんでいいんだろうね。
桜ユッケは食べました。馬肉はなんでいいんだろうね。
いったん広告です
ふたたび、マルスへ。
ふたたび、マルスへ。
『マルス』の店内には、レゲエがかかっていた。
先客がいて、スパゲティを食べていた。
……!? とんでもない量である。冷凍パスタだったら、4.5人前はありそう。
えー、ええー、食べられるのかなあ……。と思って、店主に「少なめで」とお願いした。

ゆでおきパスタが、炒められる。
フライパンの底と、ガス台がぶつかる時に、カッカッと音がする。大変にリズミカル、洗練された動き。
まず麺を炒め、途中で青菜が入って、そのあとにケチャップを入れて。中華ナポリが完成する。
あれ、中華ナポリって、人気ランキング、1位ってわけじゃないのね。
あれ、中華ナポリって、人気ランキング、1位ってわけじゃないのね。
400グラムって、多いよね……?
400グラムって、多いよね……?
無料のスープをいただく。コンソメスープに野菜が入っているような、シンプルな味。
無料のスープをいただく。コンソメスープに野菜が入っているような、シンプルな味。
先客が、さっと食べ終えて帰った。
私は店主に「あのう、レゲエが好きなんですか?」と聞きたかったが、聞くタイミングがなかった。次のお客さん(女子2人)が入店してきたのだ。

完成した皿が運ばれてくる。
……あれ、量、やっぱり多い! 3.4人前は、ある感じがする……。
写真だと分かりにくいのですが、本当に量が多いです……。
写真だと分かりにくいのですが、本当に量が多いです……。
ひとくち食べてみる。
……マーガリンの風味。香ばしい。
そして、何故中華ナポリかというと……肉がチャーシューなのね! 確かに肉部分は中華味。合います。

もちもち、もちもち、美味しいナポリタンがいつまでも続く。食べても食べても食べても、終わらない。
同じものを大量に食べると、無心になっていく。ぼーーーーっとしてくる。心は修行僧。
チャーシュー、いいねえ……。
チャーシュー、いいねえ……。
おかしいな、結構大食いなのに、と思いながらも、
頭に「も・う・無・理」の4文字が浮かんだ。
残したら、お持ち帰りにしてもらえる(容器代50円)ので、つつんでもらった。
完食ならず。
完食ならず。

帰りの電車。
仕事も生活もうまくいかず、
こうやって、こんないい加減な感じで生きていっていいのかな、
都市伝説を調べて喜んでいる場合なのか?
そう思ったら、ちょっと泣けてきた。

でも、中華ナポリをメモしておいて、中華ナポリを食べに行く人生も、
さほど悪くないよ。多分。
というわけで、疲れたのでロマンスカーに乗った。
飲酒しながら、おつまみ「まぜまぜ一番」を食べる。
「まぜまぜ一番」って、すごいネーミングだなあ、きちんと会議をやって付けた名前だろうになあ、と思ったら、笑けてきた。
なによ、まぜまぜ一番って!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓