特集 2014年7月10日

GPSだけで出会えるか

お互いの位置さえ分かれば出会えるのか
お互いの位置さえ分かれば出会えるのか
携帯電話がなかった頃、待合せのためには時間と場所を厳密に決めなきゃいけなかった。

携帯以降、待合せはもっとアバウトに出来るようになった。

そして今はGPSがある。位置情報さえあれば、それだけで出会えるんじゃないか?
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:商業施設名が「ヒカリエ」化している

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

GPSで出会えるか、とは

GPSでお互いの位置情報だけはリアルタイムに分かってるけど、それ以外のやり取りは一切できない状態で二人は出会えるか? というのがこの企画の趣旨だ。

具体的にはこんなイメージだ。
自分と相手の位置が分かる
自分と相手の位置が分かる
地図中、上の方の赤い丸が自分の位置、下の青い丸が相手の位置。これがリアルタイムに移り変わって行く。

こんな地図さえあれば、ほかの連絡手段はいっさいとれないとしても出会えるんじゃないか?と思ったのだ。

もともと、待合せはめんどくさいものだった。渋谷ならモヤイ像、岡山なら桃太郎像みたいに、誰でもそこと分かる待ち合わせ場所と時間をきちんと決める必要があった。
岡山駅、桃太郎像
岡山駅、桃太郎像
携帯電話以降は「今どこ?」と聞くことができるようになったけど、今はGPS時代だ。どこ?と相手に聞かなくても、どこにいるかリアルタイムに分かるはずじゃないか。

GPSレーダー、その傾向と対策

自分と相手の位置が分かる地図を、仮にGPSレーダーと呼ぼう。そんなものがあって、それだけで出会うとなったらどんなことが起きるだろうか。ちょっと考えてみた。
赤が自分、青が相手
赤が自分、青が相手
たとえばこんな地図があって、自分の場所が赤い丸、相手が青い丸だとしよう。

相手の方に上回りで行くか、下回りで行くかが当面の問題だ。このまま上回りで行くのが自然だが、最短距離としては下回りのような気もする。自分は上回りを選択したとしよう。
相手は下回りで来た
相手は下回りで来た
しばらくして地図を見ると、なんと相手は下回りで来てる! こりゃ失敗と、自分も下回りのほうに戻る。
相手は逆を考えてた!
相手は逆を考えてた!
すると、相手は相手で、上回りに合わせようとして逆戻りしてた。こういうふうに、もう少しという状況でずっと行きつ戻りつしてしまう、ということが起こるんじゃないかなと思った。

こういう膠着状態を避ける方法の1つは、どちらかがずっと動かないという戦略だ。そうすると1人が2倍動く分時間はかかるけど、まあ確実ではある。自分も相手も動かないことを選んじゃうと膠着するんだけど。

とにかくやってみた

いろんなことが考えられるけど、とにかくそういう仕組みを作って、実際にやってみることにした。

相手は当サイトライターの西村さんが引き受けてくれることになった。西村さんなら地図好きだし、要領もすぐ分かってくれそうだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓