特集 2014年6月4日

献血は怖くないし、ちょっときもちいい

献血、怖くない!
献血、怖くない!
みなさん献血をしたことがあるだろうか?

ぼくはなかった。

だって、あのクソでかい針を腕にぶっ刺すとか、健康診断の採血でさえ目の前が真っ白になったぼくにはとうてい無理。

街頭で献血を呼びかけている人を見かけても、そんな気軽に「暇だから、じゃあ献血でも」なんて気持ちにはならない。

注射が苦手で、同じような思いをしているひとは多いと思う。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:結婚12年目で初めての結婚写真を撮る

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

でも気にはなってる

しかし、献血をしたことがある人の話を聞いてみると「リラックスできる」とか「ひんやりする」(ひんやりの理由は後ほど判明します)とか「スッキリする」とか、なんだか楽しそうなことをいう人が多い。

なにその気持ちよさげな感想。合法的な手段で得られるものなんでしょうか?(合法です)

でも腕に針刺すんですよ? ときいても「そんなにいうほど痛くない」という。

あー、注射こわい、こわいけど体験してみたい! アンビバレンツなこの気持ち。嫌いなのに気になる! 女子高生かおれ。

献血に対しては、そんな気持ちがはちきれんばかりにつのっていた。

初体験企画だった

話はかわって、当サイトは今年のゴールデンウィーク企画で「はじめての◯◯」というものを行った。各ライターが初めての体験をしてその様子をリポートするという趣向だ。

「じゃあ、ぼくは献血初体験してみます」

献血への畏怖と好奇心がフィフティフィフティとなっていたところに「取材」だからという言い訳で、好奇心の方が少しあふれた。

では、なぜゴールデンウィークじゃなくて、いま記事を書いてるのか。

それは、取材に行ったけど、献血しなかったから……。いったいどういうことなのか。

未来みたいな献血ルーム

伺ったのは、秋葉原にある「akiba:F献血ルーム」。

秋葉原には献血ルームが2箇所あるが、こちらは駅から少し離れたビルの5階にある献血ルームだ。
隣の派手な居酒屋が目を引くが、そこじゃなくてビルの5階
隣の派手な居酒屋が目を引くが、そこじゃなくてビルの5階
でかい円柱の展示ケース
でかい円柱の展示ケース
座れるのか座れないのか(座れます)よくわかんないシュッとした椅子。宇宙飛行士がコールドスリープしてそうな円柱の展示ケース。
コールドスリープ……
コールドスリープ……
大漁旗みたいな色使いの居酒屋が隣にあるとは思えない近未来デザインである。

ビンビン伝わるアキバらしさ

都内にある献血ルームの充実ぶりはすでに様々なメディアで報じられており有名だが、それにしても、至れり尽くせりである。

ここ、秋葉原のakiba:F献血ルームは室内のスタイリッシュなおしゃれさもさることながら、漫画の充実ぶりがすごい。
「はじめの一歩」と「沈黙の艦隊」は背表紙の色でわかった
「はじめの一歩」と「沈黙の艦隊」は背表紙の色でわかった
これ、読むひといるんだろうか?
これ、読むひといるんだろうか?
秋葉原という場所柄からか、本棚にはコミケのカタログもあった。カタログを読む人がいるのかいないのかは別として、秋葉原に居を構えているんだ、という意気込みは伝わってくる。

もう一つ、秋葉原らしいと感じたものに、らくがきノートがある。献血の感想を自由に描けるらくがきノートがあるのだが。みんなとても絵がうまいのだ。
献血キャラクター「けんけつちゃん」
献血キャラクター「けんけつちゃん」
献血、2回目と書いて8に修正。なぜ6回分も間違えたのか?
献血、2回目と書いて8に修正。なぜ6回分も間違えたのか?
八木アンテナ。電気の街の面目躍如
八木アンテナ。電気の街の面目躍如
いきなりアンテナが登場して困惑してしまうが、秋葉原=電気の街=アンテナの連想なんだろう。筋は通っている。

血がひんやりする

せっかく取材に来たので、献血について色々きいてみたいと思う。東京都赤十字血液センターの辻さんが対応してくださった。
元書店員というかわった経歴の辻さん
元書店員というかわった経歴の辻さん
――献血は初めてなんですが……初心者におすすめの献血なんてのありますか?

「おすすめ、かどうかはわかりませんが……初めてでしたら400mL の全血献血がいいのでは?」

――全血献血というのは?

「献血には大きく分けて2種類あるんですが、血を全部献血する『全血献血』と血漿や血小板だけを献血する『成分献血』の2種類あるんです」
ビビりつつレクチャーを受ける
ビビりつつレクチャーを受ける
――どうして全血献血がいいんでしょうか?

「400mLの全血献血は時間がそんなにかからないんです。採血時間は10分~15分ほどで終わるんです、でも成分献血の場合、一回ぬいた血から成分を分離して、必要な部分だけ頂いたら残りは返すんです」

――え、返す?

「そうです、返すので時間がかかるんですよ、40分~90分ぐらいですかね。ですから『全血献血』の方が、ドナー(提供者)への採血時間の負担が少ないんです」
400mLは、ちょうど紙パック(200mL)2つ分
400mLは、ちょうど紙パック(200mL)2つ分
冒頭で「ひんやりする」という献血経験者の感想を紹介したけれど、まさにこの成分献血がそれである。

戻される血がちょっとだけ冷えており、ひんやりするのだ。

ひんやりした血が体の中に入ってくる……文字で書くとなんだかちょっとアレな感じになってしまうが、成分献血のはなしである。なんら後ろめたいことはない。

「ちなみに、成分献血では、脂っこいものが多い食生活を送ってる人だと脂がういたりすることもあるそうです」

ひー、まじか。普段の日常生活の結果がそんなにダイレクトにでるなんて恥ずかしいぞ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓