特集 2014年5月15日

早大建築学科の妙な宿題を集めた「こそあど?展」に行ってきた

サヴォア邸という建築をモチーフにしたメガネ
サヴォア邸という建築をモチーフにしたメガネ
「宇宙人として、2週間分の日記をつけなさい」

これ、早稲田大学の建築学科の設計演習Aという授業で実際に出された宿題だ。

その授業では毎回妙な宿題が出される。それらの宿題の成果を集めた展覧会が開かれるというので、行ってきました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:地図をなぞって、どこにもない地図を作る

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

ヘンな宿題の答えを集めた展覧会

会場は、東京の文京区白山にあるギャラリー。
オシャレなギャラリー
オシャレなギャラリー
その2階が会場でした
その2階が会場でした
学校で出された宿題とその答えを集めた展覧会って、いったいどういうものなのか。

たとえば宿題の1つはこんなのだった。
都市のリズムを採集、ってなんだ。
都市のリズムを採集、ってなんだ。
「街の中にあるリズムを見つけ出して、それを各自の創意によって可視化しなさい」って言われても、なんのことかよく分からないし、これが建築学科の宿題だっていうのもよく分からない。

でも先生が真剣なのは確かだ。そしてそれにたいする学生からの真剣な回答の1つが、これだ。
「Industrial Food」竹脇右玄
「Industrial Food」竹脇右玄
マクドナルドのチキンナゲットって一見ばらばらな形をしてるけど、実は型から作られてるという明らかにした作品だ。

すごいでしょ?こんなことよく気づくなと思う。リズムとはつまりパターンであり、チキンナゲットの形には実はパターンが潜んでいたのだ。
個人的にも試してみたけど、確かに上と同じ4種類の形だった。
個人的にも試してみたけど、確かに上と同じ4種類の形だった。
この課題への回答をもう1つ見てみよう。
「あなたが描く世界は何色ですか」 石袁吉
「あなたが描く世界は何色ですか」 石袁吉
色えんぴつの減り方が色によって違うというのは、みんな気づいていることではある。

でもこの回答のすごいところは、えんぴつのお尻じゃなくて頭を揃えることで、お尻にできた空間が「減少分」としてグラフのように可視化されるってことだ。すごいなあ。

次はこれ、「生命誕生」。
「生命誕生」 野村祥子
「生命誕生」 野村祥子
みかんをむいていく過程で様々な形が現れ、まるで何かが生まれるかのようだということだろう。みかんをモノクロで塗りつぶすことで、形の面白さが分かりやすくなっている。

とにかく「よく気づくな!」という回答ばかりで、気づけばぼくはこの1部屋だけの会場に2日間、計5時間はいた。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓