特集 2014年4月18日

リンゴとサバを組み合わせたサバップルを食べる

日本唯一の国道でサバップルを食べます
日本唯一の国道でサバップルを食べます
パンとソーセージを組み合わせた「ホットドッグ」、カツとカレーを組み合わせた「カツカレー」など、世の中には組み合わせによって生まれる美味しいものがある。

青森県にはリンゴとサバを組み合わせた「サバップル」なるものも存在する。甘いリンゴとサバが一緒にパイになっているのだ。ぜひ食べてみたいと思う、日本唯一の階段国道で。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:猫100匹・島民15人の島に行く

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

名産品の組み合わせ

全国各地に名産品と言われるものがある。山形のサクランボや、群馬のコンニャクなどがそうだ。それらを上手く加工したりして、B級グルメやお土産とする。たとえば埼玉県の北本はトマトが名産品なので、「北本トマトカレー」というご当地グルメがある。
北本トマトカレー
北本トマトカレー
名産品と何かを組み合わせるというのはよくあることだ。北本トマトカレーにしても、トマト(A)とカレー(B)を組み合わせている。ご当地グルメというのはAとBを組み合わせることで生まれているのだ。
そして青森です(これは八戸駅)
そして青森です(これは八戸駅)
青森にはAとBとCを組み合わせるというご当地グルメがあった。青森と言えばリンゴが有名だ。リンゴパイなんていうご当地グルメはどうだろうか。リンゴ(A)とパイ(B)の組み合わせ。間違いなく美味しいだろう。でも、違うのだ。青森は特に八戸辺りは「サバ(C)」も有名なのだ。
サバが有名です
サバが有名です

リンゴとサバとパイ

青森県の八戸に「サバップル」というご当地グルメがある。名前からも想像できると思う。サバとリンゴを組み合わせて、それがさらにパイになっているのだ。AとBとCという欲張りな組み合わせ。陸のリンゴと海のサバと釜のパイが一緒になっているのだ。
サバップル
サバップル
しかも、青森県横浜町の名産品「なたね油」も使っているので、AとBとCとDという組み合わせだ。欲張り。食べ放題で食べられないほどお皿に盛っちゃうタイプ。ただ青森がつまっているとも考えられる。これを食べればもはや青森を堪能できたと言えるのだ。
これがサバップルです!(八戸駅の横にある八戸地域地場産業振興センターで買えます!)
これがサバップルです!(八戸駅の横にある八戸地域地場産業振興センターで買えます!)

日本唯一の階段国道へ

欲張りな組み合わせなので、食べる場所もこだわってみようと思う。青森県には日本で唯一の国道が存在する。階段なのだ。一般的に国道と言えば高低差こそあれ平坦な道。しかし青森県には国道が階段になっている場所があるのだ。
これは一般的な国道
これは一般的な国道
そして、これが日本で唯一の階段国道
そして、これが日本で唯一の階段国道
閉鎖中でした
閉鎖中でした
国道339号の一部が階段となっているのだ。もちろん車やバイクの通行はできない。そして、時期によっては人すらも通れない。私が訪れたのは4月の初めで見事に閉鎖中となっていた。

あとで聞いたら、4月15日9時より通れるようになったそうだ。レンタカー借りて行ったのに。東京の感覚で行ったら青森はまだ冬だった。だって雪降ってんだもん。
食べましょう
食べましょう

階段国道でサバップル

現在4℃。サバップルを食べようと思う。パイなので甘く香ばしい香りがしたが、やがて寒さで鼻の感覚がなくなり、その匂いは分からなくなった。またアップルパイだけれど、サバの要素もあるので、マヨネーズが一緒に入っているのがポイントだ。
サバの要素もあるのでマヨネーズ
サバの要素もあるのでマヨネーズ
灰色の空に、灰色の海、あと借りたレンタカーも灰色だった。黄色パイだけが眩しい。4月以降の記事だからと薄着で行ったのが完全なる間違いだった。寒い。中学時代に英語のテストで14点を取った時の家族の対応以来の冷たい風も吹いている。
断面です!
断面です!
サバはフレークとなってパイになっている。映画「魔女の宅急便」では「ニシンのパイ」を少女が嫌いと言っていたが、このパイはどうなのだろう。少女が好きそうなリンゴという要素も入っているが、ニシン同様、魚の要素もある。
あ、美味しい!
あ、美味しい!
え!
え!
口の中にまずリンゴの甘さが広がる。さすがリンゴの名産地青森のリンゴだ。どこからか拍手が聞こえるような美味しさだ。

しかし、その後にやってくる魚編に青と書くサバ。灰色ばかりで、青の要素が歩けない階段国道の標識しかないこの場所で、その青は光り輝く。本当は青い海に、青い空を欲していたが、いま私の味方となる青はサバだけなのだ。
美味しいです!
美味しいです!
リンゴの甘さの後にサバの風味がやって来て驚く。しかし、それは不快なものではなく、青森だなと思う。リンゴの甘さで油断したところにやってくるサバはいいアクセントだ。ぜひ魔女の宅急便でニシンのパイを嫌いと言ったあの少女に食べさせたい。そして、階段国道を歩いてみたかった。
階段国道の横には階段村道があった
階段国道の横には階段村道があった

春は階段国道で

ドリンクバーで全種類を一つのコップに入れるとマズいけれど、いくつかの組み合わせは意外にも美味しかったりする。まさにそれがこのサバップルだったと思う。いくつもある選択肢の中で見事に正解の道を歩んだのだ。一方、私は階段国道は閉鎖中で正解の道は歩けなかった。サバップルが美味しかったのでよしにしようと思う。
誰かに届けたくなる味だったので少し浮いた
誰かに届けたくなる味だったので少し浮いた
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ