特集 2014年2月12日

鬼に寛容な節分祭に行こう

岡山に鬼に寛容な神社があるらしい。行かないわけには……!!
岡山に鬼に寛容な神社があるらしい。行かないわけには……!!
今年も豆をぶつけられ、「さあ出ていけ出ていけ!」と言われるあの日がきた。

どこに行っても追い出される。行き場所はもうない……。あの日が来るのが年が明けたころから憂鬱すぎる……。

……と思っているであろう鬼たちにオススメしたいのが、岡山にある「節分でも鬼に寛容な神社」だ。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。(動画インタビュー

前の記事:色んなたれで焼きおにぎりを作る

> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

鬼たちのオアシス

岡山市にある「宗忠神社」の節分祭では「鬼は外、福は内」と言わず、「鬼は内、福は内」と言うらしい。

私も普段から鬼を毛糸で編んだり鬼になったりする機会が多いので、受け入れてもらいたいところだ(鬼に扮装した記事をたまに書いてます)。
行かないわけにはいかないじゃないか
行かないわけにはいかないじゃないか
というわけで岡山まで行ってきた
というわけで岡山まで行ってきた
なぜまたそんなことになったかというと、江戸時代に御祭神の奥さんがうっかり「鬼は内」と言い間違えたことから始まる。
「わたし間違えました……」と謝る奥さん
「わたし間違えました……」と謝る奥さん
寛容すぎ
寛容すぎ
そんなこんなで、それ以降ずっと鬼を受け入れているとのことだ。
ここに来ればもう安心
ここに来ればもう安心
この件について詠まれた歌がこれだ。鬼を迎え入れるだけでなく、福も導いてくれるそうだ。
鬼も幸せになればいいって言ってる
鬼も幸せになればいいって言ってる
逸話、貼ってあった (しまった、下がすこし切れてた!)
逸話、貼ってあった (しまった、下がすこし切れてた!)

イベント前に神社散策

宗忠神社の節分祭のメインイベントは、(豆入りの)餅まきと、福引抽選会だ。
毎年人出が多いのか、神社付近には車は止められず、離れたところに臨時駐車場があり、そこからシャトルバスが出ていた。
早く着いたのでまだガラガラ
早く着いたのでまだガラガラ
20分おきに迎えに来る
20分おきに迎えに来る
そして10分程度バスに乗ったら神社に到着。参拝したあと、福券(福引の抽選券)を購入した。この際だから福を引き当てたい!
3枚買ってみた
3枚買ってみた
抽選会は餅まきの後なので、まだ下位の番号しか分からないのだが、この時点でボールペンを1本ゲットした。
もちつき器と高圧洗浄機が気になる
もちつき器と高圧洗浄機が気になる
イベント開始まではまだちょっと時間がある。振舞われていた甘酒を飲みつつ、様子を見てまわろう。
さて、見てまわるか
さて、見てまわるか
まず広場の真ん中にあるこの壇上から餅がまかれるのだが、
まだ人がまばら
まだ人がまばら
男性と女性に力の差があるからという理由でエリアが分けられてた。どんだけ本気で奪い合う気だ。体育か。
女子供はエリアはこっち
女子供はエリアはこっち
文面だけ見るとなんかすごい
文面だけ見るとなんかすごい
この先、大人出没 (手前は子供エリア)
この先、大人出没 (手前は子供エリア)
敷地内にレトロでいい雰囲気の建物があった。よく見ると、「整骨院」の看板が。家が近かったらこの雰囲気だけで通ってしまいそう。
帰ってから検索してみたら、道場に隣接した整骨院とのこと
帰ってから検索してみたら、道場に隣接した整骨院とのこと
整骨院だけじゃなく、古い学校みたいな外装の食堂も、ひと昔前の誰かんちみたいな参集所も懐かしい感じがする。
うどんとせんべい、同じ値段(300円)
うどんとせんべい、同じ値段(300円)
昔のスキー場の食堂っぽい
昔のスキー場の食堂っぽい
平成っぽくない風景
平成っぽくない風景

鬼に寛容ってほんとうか

ところで鬼に寛容なこの神社、どれほど寛容なのか、実際鬼になって検証してみようじゃないか!
よし、行くか……
よし、行くか……
……と、自作の手編み鬼の面をかぶって自分撮りしてたところに、突然写真を撮らせてほしいと言われる。

えっ、写真!?

しかも「鬼の面をかぶって自撮りしてる様子を撮りたい」ってまたナゼ。
なんだ、この状況
なんだ、この状況
自撮りする鬼の写真が、どっかのインターネットのホームページかなにかにひっそり公開されてたりするんだろうか。(もし見つけたら教えてください)

つぎに子供と写真を撮ってほしいと頼まれ、撮ることに。こういうのかぶってるときって、だいたい泣かれるか嫌がられるかなんだけど……
な、泣かれない!
な、泣かれない!
泣かれず無事テーマパークの着ぐるみ的な任務を完了。

この後も何度も話しかけられた。年配女性の方々は、「あら、手編みなの? 素敵ねぇ~。かぎ編み?」 とか話しかけてくれる。
視界が悪くて顔を出す
視界が悪くて顔を出す
顔を出し、帽子っぽくかぶってたときも「素敵な帽子ね~。今日のために作ったの?」と言われた。
神社が寛容っていうか、親より上の世代であろう方々が寛容ってことか。

途中、一瞬雨が降ったが、そのときはみなさんスーパーの袋を帽子にしてた。
躊躇なくスッポリ
躊躇なくスッポリ
真ん中の人、どうなってるんだろう
真ん中の人、どうなってるんだろう
いったん広告です

やっとイベント本番!

前置きが長くなってしまったが、肝心の餅まきはというと、七福神が出てきたところから始まった。

まくのは計5回。壇上には議員や芸能人もいるらしいがここからだとよく見えない。前の方を陣取ってたので、なんとなく動くわけにもいかず。
壇上に釈由美子さんが居たって帰ってからネットで知った
壇上に釈由美子さんが居たって帰ってからネットで知った
よく見ると、みんなスーパーのビニール袋を持ってる。(雨のときかぶってたやつ)
まかれた餅はこれに入れるらしい。
袋スタンバイ
袋スタンバイ
そして、ついに、まかれるときが! ドッヂボール並みの戦意で待ち構える。
福をくれよと待つ鬼
福をくれよと待つ鬼
よーーし、来い! 餅!!

「鬼は~~うち!!」「福は~~うち!!」
もちキター!!
もちキター!!
もちをよこせと腕がにょきにょきと
もちをよこせと腕がにょきにょきと
我にもちをーーー
我にもちをーーー
みんな餅しか見えてない
みんな餅しか見えてない
地面に落ちたやつを取ろうともみくちゃ
地面に落ちたやつを取ろうともみくちゃ
まかれてるのは基本的には袋に「豆入り福もち」だけが入ったものなのだが、中には福券の入ったものやギフトカタログが当たるものもある。
福券入りの福もち
福券入りの福もち
福券入りのボール(いろんな色があって目立つので、これがくるとみんな飛びつく)
福券入りのボール(いろんな色があって目立つので、これがくるとみんな飛びつく)
福券とは別に抽選券もあるらしい
福券とは別に抽選券もあるらしい
777番まであるという抽選券
777番まであるという抽選券
最初、餅を奪い合う人々の様子を撮影してたが、私だって餅を取りたい。写真も撮りたいが餅も取りたい。

もみくちゃにされつつ餅を奪い合ってるうちに、だんだん汗をかいてきた。
構えて……
構えて……
取る!!!
取る!!!
空中を飛んでる餅も奪い合ってるときに誰かに手を引っかかれた。軍手をしてる人がいたが、きっと毎年来てて慣れてるんだろうと思う。
この人、間違いなく慣れてる
この人、間違いなく慣れてる
ところで、さっきから私の写真を撮ってくれてるのは母だ。(行ってみたいと言うので同行してもらい、カメラを渡したらいい感じに撮ってくれてた。ちょくちょく撮影頼んでるうちにいつの間にか上手くなってる……)

若い頃、ど体育会系だった母から、私は主に闘争心を受け継いでるため、こういう場に来ると母子でチームプレーみたいになる。
うわっ、母の足元、汚れすぎ……
うわっ、母の足元、汚れすぎ……
自分の靴もボロボロになってたが、そんなことより改めて見るとなんだこのピエロみたいな足元は……
自分の靴もボロボロになってたが、そんなことより改めて見るとなんだこのピエロみたいな足元は……
イベント前、私がいろいろ見てまわってる間、母はどこかの知らないおばさんと喋っていたのだが、そのおばさんは「前に来たとき服がドロドロになったから、もう捨ててもいいような服で来るようにしてる」と言ってたらしい。
本気で挑むならそんな感じか……。なめてた。

遠巻きに見てみよう

餅も結構取れたので戦線離脱し、遠巻きに様子を見てみようじゃないか! と男性エリアを見にきたが…… あら? 女性エリアほどの人もいないし、熱気も薄め。
女だらけのバーゲン会場っぽい空気がなかった
女だらけのバーゲン会場っぽい空気がなかった
「男に女は力で勝てないからエリアを分けてる」と説明されてたが、これほんとに分ける必要あるか? と思えてくる。
一方そのころ女エリアは……
一方そのころ女エリアは……
意外と後ろのほうに居ても餅は飛んできて、前に居るより楽に取れる。

ふと目を横にやると、整骨院の屋根の上から餅まきの様子を眺めてる人が!
うわー、特等席。うらやましい。
棟梁って言いたくなる雰囲気。下界の様子を眺める天上人みたい
棟梁って言いたくなる雰囲気。下界の様子を眺める天上人みたい
はっぴと建物の雰囲気が狙ったのかというほどに合ってて、すごく絵になってる。

まとめと今後行く人へのアドバイス

餅取りだけに集中して本気を出してれば、もっと取れたはず……と思いつつも、今回はこれだけの福券と戦利品を獲得した。
福券! (買った3枚も含む)
福券! (買った3枚も含む)
勝ち取った! タッパーうれしい
勝ち取った! タッパーうれしい
餅はこれだけ持ち帰った
餅はこれだけ持ち帰った
餅は冷凍して少しずつ食べてる。おしるこに入れたら少ししょっぱく感じた。

もっともっと大量に持って帰ってた人も居たけど、あんなに食べれるんだろうか。これでもなかなかなくならない。(1人だからか)

最後にもし今後行く人へのアドバイスをまとめると、こうなった。参考になればと思う。
どうでもいい格好で行くことをおすすめしたい
どうでもいい格好で行くことをおすすめしたい

岡山といえば鬼退治のイメージもあったのに

そういえば岡山といえば桃太郎の鬼退治のイメージもあったのに、こんなに鬼ウェルカムな祭りがあったとは。私の住む島根からだと、車で2時間ぐらい。そんなに遠くないかと思いきや、狭い道が多くてちょっと疲れた車の旅だった。
貼ってあったポスターの人の密集度すごい
貼ってあったポスターの人の密集度すごい
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓