特集 2013年7月24日

『純と愛』まとめ他、おもしろ動画の祭典プカデミー賞2013決定!

1分動画コーナー・プープーテレビの一年を総まとめ、プカデミー賞発表!
1分動画コーナー・プープーテレビの一年を総まとめ、プカデミー賞発表!
デイリーポータルZの1分動画コーナー・プープーテレビ。

プープーテレビがこの一年間公開してきた365作品のなかからもっともすぐれた作品を決めるプカデミー賞選考会が先日行われた。

365の中から上澄みの25本、これを見ればプープーテレビの一年がわかる。さあプスカー(オスカーみたいなもの)はだれの手に?
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます(動画インタビュー)

前の記事:今やお寺は一人でチンもポンもジャランもする

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

選考会はデイリーポータルZのワークショップで行われた
選考会はデイリーポータルZのワークショップで行われた

選考委員は一般の人

選考会はデイリーポータルZのワークショップの一環でおこなわれた。ふだんからよく見てる人があれがよかったこれがよかったと話し合いをした。

なのでまあそんなに権威あるものではないし、実態は選考会というよりはセラピーに近い。ごめん、言いすぎました。

それでも挙げられた作品は一年をふりかえるのにふさわしいものばかりだった。
プカデミー作品賞

候補10作品

10作ある

作品賞は候補に10作選んだ(アカデミー賞がそうらしい)。ここから1作を選ぶ。
1分で振り返る朝ドラ『純と愛』 ( 北村ヂン )
世にうずまく朝ドラへの不満から、再生回数がすごいことになった動画。同シリーズであまちゃん前半編や一分でわかる『女信長』などもヒット。
魔法のパーテーションの旅 ( ヨーロッパ企画・西垣 )
プープーテレビは関西の人気劇団ヨーロッパ企画も参加している。バカ男子たちがおくる世界最小サイズのバラエティ番組。
ジャンプっぽさショー( 大北栄人 )
週刊少年ジャンプのもつ雰囲気だけを再現した
正しい手の握り方 ( 地主恵亮 )
勇気を出して手をにぎる瞬間、こんな方法でやってみては?
なんでもジャスコだと思う星人( 林 雄司 )
ふわふわしてるが作品としてすごく完成されていると審査員たち(一般の人)
自宅警備員のお仕事 ( 大北栄人 )
「職業、自宅警備員です」と自虐ギャグにしてた人がいたのでこんなのかなと再現した動画。最後がしりすぼみなのは隣のベランダからおばちゃんが見てたから。
リアルブラウザクラッシュの旅 ( ヨーロッパ企画・西垣 )
パソコンの画面から突然ギャーという悲鳴が……ブラクラと呼ばれる悪意のあるプログラムを人間が実際にやるとどうなるか? 温度ゼロの顔がすばらしい。
森日記(森林じゃなくて職質よくされる方の) 「ガスタンクにありがとう」 ( 森翔太 )
仕込みiPhoneで有名な森翔太さんもプープーテレビに参加している。私たちはすごいと感動したが、日テレ『NEXT』に出たときピースの二人からイロモノ扱いされてた動画。
宇宙人たろう ( べつやくれい )
イラストレーターのべつやくさんが桃太郎を別のなにかに改変するシリーズから。たくさんありすぎて選ぶのが難しいが、審査員のだれかがあげたのがこれ

作品賞はだれの手に?

この中から作品賞が決まるのだが、選考会でもそれはあとまわしにしたので記事の最後で。

これから主演男優賞ほか各賞を発表するが、まずはじめに審査員が「おもしろかった作品」をあげていき、そこから作品賞や男優賞にわりふっていったのでどれもみなおもしろい。
いったん広告です
プカデミー監督賞

森翔太
(森林じゃなくて職質よくされる方の)森日記「職質にありがとう」 ( 森翔太 )
他の制作者の3倍くらい労力かかってる森さんに。これは職質されまくった交番に引越しのあいさつに行ったプープーテレビ一作目。はじめから濃すぎる世界が展開された。
(参考 仕込みiPhone製作者で話題の 森翔太とは - NAVER まとめ
プカデミー主演女優賞

べつやくれい(スナックべつやく)
スナックべつやく「アスパラガスジュース」 ( べつやくれい )
女性が一人だけしかいないので必然的に選ばれた。こちらはスナックのママだと言いはって公園で一人へんなジュース飲む動画。低温のリアクションも必見。
プカデミー主演男優賞

林 雄司(ムキゴロウ)
ムキゴロウ ( 林 雄司 )
動物を愛するムツゴロウさんのように無機物を愛するムキゴロウさん。林さんくらいの年になってもこういうのやらなければならないのかとライターたちが将来を憂いた動画
プカデミー助演女優賞

橋田玲子(むかない安藤シリーズ)
むかない安藤「バレンタイン」(10秒) ( 安藤昌教 )
ものをむかずに食う男、むかない安藤シリーズに登場した橋田さん。あげたチョコレートを即座にむかずに食われる受難
プカデミー助演女優賞

榎並紀行(榎並さんの会社訪問)
榎並さんの会社訪問「手土産を開ける」(プープーテレビ)
会社を作ったお祝いにでかい発泡スチロールの塊をプレゼントされたシリーズ最終回。開けてもまだ中身に気づかない(スチロールだから)榎並さん。
プカデミー短編アニメーション賞

きんたろう
きんたろう ( べつやくれい )
桃太郎の桃が金だった場合の物語。蔵に入っても顔がりりしい。
プカデミー長編アニメーション賞

このわたクン
よいこのアニメ・このわたくん「このわたくん登場の巻」 ( 北村ヂン )
子供むけアニメを作って一山あてようとした北村さんのシリーズの初回。よくできているだけに、子供がだれも知らない珍味をモチーフにしてしまったことが悔やまれる。
プカデミー作曲賞

ベトナムクイズ
よく考えて!ベトナムクイズ ( 藤原浩一 )
ただベトナムの服をもってたからという理由だけでその場で作られた動画。歌詞もメロディーも即興ならではのいいかげんさがよく出ている
プカデミー編集賞

ベスト○○シリーズ
今年のボジョレーを言ういけすかなさベスト20 ( 大北栄人 )
1分に20位まで入るのでやたら数が多いのを詰め込むシリーズ。なぜか好評で年末年始企画でベスト500をやった。これは500個考えるのがつらかった(参考 年末年始企画特選&全部 ( プープーテレビ )
プカデミー外国語映画賞

フジワラー・キートン
フジワラ-・キートン ( 藤原浩一 )
著作権が切れた喜劇映画のギャグをそのままやるシリーズ。そのコンセプトの新しさとギャグの古めかしさの対比がすごい
プカデミー短編ドキュメンタリー賞

むかない安藤
むかない安藤「チョコ」(10秒) ( 安藤昌教 )
プープーテレビでは毎週金曜にこのむかずになんでも食う男、むかない安藤が出てくる。これはチョコの包み紙をむかない安藤(参考 むかずにそのまま食う男、むかない安藤(10秒動画集) - NAVER まとめ
プカデミー長編ドキュメンタリー賞

生物と平坂
生物と平坂「草魚を釣る」 ( プープーテレビ )
とって食べちゃうムツゴロウみたいな人、デイリーポータルZライター平坂の取材についていくシリーズ。ドチザメ釣りについていくシリーズもあり。
プカデミー衣装賞

なぞなぞ仮面
なぞなぞ仮面よ永遠に ( プープーテレビ )
マント姿でなぞなぞ出せば、なぞなぞ仮面として公園の伝説になるんじゃないのか!?と西村さんが体を張った実験をしてくれたシリーズ。最近の小学生はいじわるなぞなぞを出されるとALSOKを呼ぶことがわかりました。
プカデミー視覚効果賞

母さんカオスですシリーズ
母さんカオスです!「iPhone5」 ( 小柳健次郎 )
東京のCG会社ではたらく小柳健次郎が故郷のお母さんにビデオレターを送るが毎回カオスになってしまうシリーズ。CGになってうだうだしゃべるシリーズ『スーパーエンターティメント「CG手品」 ( 小柳健次郎 )』もいい。
プカデミー脚本賞

あいさつとコミュニケーション物語
どっちもできない!『あいさつとコミュニケーション物語』 ( 大北栄人 )
「君にはあいさつとコミュニケーション能力がたりません」と言われて会社をクビになった藤原浩一の逸話に着想を得て、本人をむかえてつくられたドラマ。

そしてプカデミー作品賞発表

プープーテレビ作品賞は「1分で振り返る朝ドラ『純と愛』」に決定した。歴代プープーテレビの動画のなかでも一番再生されたものなので、それだけでも作品賞にふさわしいのではないかという結論になった。

そしてプープーテレビは今日も1分くらいのおもしろ動画を作って公開している。それでは来年のプカデミー賞でお会いしましょう。
めちゃめちゃヒットしたからという理由だけでも作品賞にふさわしいという結論に
めちゃめちゃヒットしたからという理由だけでも作品賞にふさわしいという結論に
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ