特集 2013年7月24日

キーボードで食事写真を台無しにしたい

最近はいつでもどこでもキーボードを持って行ってました。
最近はいつでもどこでもキーボードを持って行ってました。
SNS全盛の昨今、ご飯の写真を撮ってアップするとたくさん「いいね!」って言ってもらえるだろう。美味しそうな食べ物やお酒の写真を撮ってアップすると人気者になれるはずだ。

例えば「ランチ」で画像検索すると美味しそうなランチの写真が沢山出てくる。参考リンクはコチラ


果たしてそれでいいのか。美味しそうな写真群に一石を投じます。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。(動画インタビュー)

前の記事:21世紀、山小屋は静かにハイテクだった

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

綺麗に撮るテクニックは聞き飽きた

1年前に『「カフェ撮り」で食事を素敵に撮りたい』という記事を書いた。葉っぱとか綺麗にぼけるレンズを駆使してカフェめしっぽい写真を撮る方法を解説した。

でも最近思うのだけど、こういう綺麗に撮るテクニックはもうみんな身につけてるし飽きただろう。
100円ショップで買った皿やコップ、ランチョンマットに100円のタイカレーを盛り付けて雑穀米を添えた。
100円ショップで買った皿やコップ、ランチョンマットに100円のタイカレーを盛り付けて雑穀米を添えた。
逆光で明るく撮ればカップ麺すら素敵になるが、これじゃダメだ。
逆光で明るく撮ればカップ麺すら素敵になるが、これじゃダメだ。
みんなが綺麗に撮ってしまう時代において、自分も綺麗な食べ物写真を撮っても目立てないのである。目立てないと『いいね!』はもらえない。『普通にいいね!』ならもらえるかも知れないけど、そんなボタンはない。

そこで、キーボードである

先日、あまりに暑かったので家でかき氷を食べた。みぞれシロップに練乳、小豆である。写真も撮ったがパソコンの前で食べたのでキーボードも写り込んでしまった。
台無しである。
台無しである。
ああ、こういう写真よくあるよくある、みたいな写真になった。これじゃあ『いいね!』はもらえないだろう。これでも『いいね!』をくれるとしたら、きっとそれはあなたの事を好きな誰かだ(あるいはかき氷が大好きな人か)。

でもこれは雑に作ったかき氷にキーボードだからで、料理がちゃんと美味しそうなら逆に素敵な写真になるんじゃないだろうか。

というのが今回の本題である。
赤坂見附のホテルに出かけた。
赤坂見附のホテルに出かけた。

お洒落ビュッフェとキーボード

赤坂見附の駅に初めて降りた。駅前の綺麗なホテルでやってるランチビュッフェにやってきたのだ。

綺麗な内装、丁寧な接客、並ぶ美味しそうな料理。友達と集まって会食したのだが、そこにキーボードを持っていって写真を撮ってきた。
料理が入ってる器も格好良い。
料理が入ってる器も格好良い。
各種デザート。
各種デザート。
綺麗に盛り付けられた野菜。友達がいない隙に勝手に撮った。
綺麗に盛り付けられた野菜。友達がいない隙に勝手に撮った。
そしてキーボードである。
そしてキーボードである。
素敵な料理とキーボードが合体。
素敵な料理とキーボードが合体。
どうだ、まるで家かオフィスの様だろう。

家かオフィスでこんな盛りつけの料理を食べていると思われたらどうだろう。みんな『いいね!』って言ってくれるに違いないんじゃないか。

次のページではこういう写真をいっぱい紹介します。
いったん広告です

ローストビーフとキーボード

ホテルのビュッフェといえばローストビーフである。滴る肉汁、掛かっているのはちょっと酸っぱいグレービーソースっぽいもの。

噛むと牛肉の香りと旨味が口いっぱいに広がり、しみ出す唾液に溺れそうになる。そんな肉。
ああ、もっと食べておけば良かった。
ああ、もっと食べておけば良かった。
そんなローストビーフも、キーボードと一緒に撮るとまるで家で食べているようになる。貴族気分に浸れるのだ。これは50イイネは固い。
どうよ、この台無し感と逆に醸されるブルジョア感。わっかるかなー?
どうよ、この台無し感と逆に醸されるブルジョア感。わっかるかなー?
ネット見ながらローストビーフを食べるぜぇ~。ブルジョアだろう~?
ネット見ながらローストビーフを食べるぜぇ~。ブルジョアだろう~?
蟹だってキーボードと並べるとご覧の有様だぜぇ~。
ポテトチップス感覚で蟹を食べるという、ブルジョアならではの写真。
ポテトチップス感覚で蟹を食べるという、ブルジョアならではの写真。
ティラミスも大変に美味しかった。スポンジにしっかり浸みたエスプレッソ、なめらかなマスカルポーネチーズのクリーム。『ティラミス』とはイタリア語で「私を上に引っ張って(直訳)」という意味だそうだが、食べると確かに元気になる。
ちゃんとしたティラミスでした。
ちゃんとしたティラミスでした。
これもキーボードと並べると『おれんち感』が出てくる。キャプションで「作ってみました!」とか書けば100イイネは固い。
「ティラミスです!家で作ってみました!」とか。
「ティラミスです!家で作ってみました!」とか。
他のデザートもまるで、家で食べているかのようである。

是非皆様におかれましてもキーボードを持ってお洒落なお店に出かけてこういう写真を撮っていただきたく思います。
ワッフル、ソフトクリーム、ジェラート。もう食べられないブー。
ワッフル、ソフトクリーム、ジェラート。もう食べられないブー。
ベリーのプリン。ラズベリーソースが美味しかった。
ベリーのプリン。ラズベリーソースが美味しかった。
もうちょっとこんな感じで続きます。
いったん広告です

台無しにならない場合もある。そう、マックならね

ここまででキーボードの威力が判っていただけたと思う(希望的観測)。もうちょっとこんな調子で勧めたく思って小綺麗なおそば屋さんに行った。

天ぷらと盛りそばのセットを注文。
そば粉は店頭で挽き立て、それを打ちたて茹でたてで食べられる。味は普通に美味しかった。
そば粉は店頭で挽き立て、それを打ちたて茹でたてで食べられる。味は普通に美味しかった。
美味しそうなそばにキーボードを並べてみる。結果はもう予想が付くだろう。一気に『おれんち』である。
『夕飯は家で蕎麦です!』みたいな事を言ってしまいたい。
『夕飯は家で蕎麦です!』みたいな事を言ってしまいたい。
ここまではWindowsPCに繋いでるキーボードを並べて写真を撮ってきた。

では、AppleのMacならどうだろう。MacBook Airを持っていって蕎麦と並べてみた。
ノマドである。
ノマドである。
ノマドだ。これはノマドである。単にキーボードだと台無しになるのにMacBook Airだとノマドになってしまうのだ。

もう1パターン試してみようか。
マンゴーのケーキと紅茶。
マンゴーのケーキと紅茶。
ちょっとカフェに入ってケーキと紅茶を注文。キーボードと並べて写真を撮る。
安定の台無し感とおれんち感。
安定の台無し感とおれんち感。
MacBook Airに変えてみる。やはりノマドになるのか?
ノマドである。
ノマドである。
「ノマドだね!」という写真になった。パソコン全体が写っているからだろうか?と思ってちょっとトリミングしてみた。
キーボードだけ写るようにしてみたけど、やっぱノマドだ。
キーボードだけ写るようにしてみたけど、やっぱノマドだ。
MacBook Airおそるべしである。なにと一緒に撮ってもお洒落になってしまう。そりゃみんな買うわ。

次が最後のページです。もうちょっと変な事します
いったん広告です

キーボード以外のものではどうか

食べ物とキーボードを並べるとおれんち感が出る。MacBook Airだとノマド感が出る。では、他のものはどうだろう?と思って愛して止まないフードコートに行ってきた。
イトーヨーカドーのフードコートに行ってきた。
イトーヨーカドーのフードコートに行ってきた。
スーパーでちょっと買い物してキーボードと並べてみた。
スーパーで買ったパックの寿司を家で食べているという体になる。
スーパーで買ったパックの寿司を家で食べているという体になる。
キーボードをテレビのリモコンに変えてみるとどうなるか?
おれんちだ、ここ。
おれんちだ、ここ。
使ってみる。
ますますおれんち。
ますますおれんち。
立ち食い蕎麦もおれんち。
おれんちで小海老天そば。
おれんちで小海老天そば。

もう綺麗な食べ物写真などやめてしまえ

逆に言えば、綺麗な食べ物写真を撮りたいならキーボードやリモコンが写り込まないようにしなくてはいけない。お手ふきのゴミとか割り箸の袋なども写り込まないように注意すべきだ。写真は引き算とはよく言ったものだ。
フーターズもおれんちになった。
フーターズもおれんちになった。

が、逆にもうそういうのいいんじゃないか?という気もしてきたので、敢えてキーボードを写し込んでおれんち感を出してみた。

10年前は飲食店で食べ物の写真を撮っているだけで奇異の目を向けられたものだが、きっと10年後にはみんなキーボードと食べ物を並べて写真を撮っていると思う。その時になったらこう言いたい。

「それ始めた、僕です」

と。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓