特集 2013年4月11日

1ドットの道めぐり

地図では1ドットの線となっている道
地図では1ドットの線となっている道
スマートフォン版グーグルマップでは、ある縮尺のときに道が1ドットで描かれることがある。拡大して見るととても狭い道のことが多い。

狭い道には独特の雰囲気があって好きだ。1ドットの道をめぐってみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:どこまで新宿?

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

1ドットの道とは何か

何を言っているんだと思われるかもしれないが、狭い道ってなかなかいいもんなんです。冒頭の写真のように。

でも、狭い道だけを地図で探そうとしてもなかなか骨が折れる。地図を目で見て…、
「ここが狭い!」と1つずつ判断しなきゃいけない。

しかしそんな状況を解決してくれるのが、スマートフォン版のグーグルマップだ。

建物の輪郭が表示されないレベルまでズームアウトすると、突然1ドット幅の道が現れるのだ。
これです!
これです!
これが、いずれも狭い道なのだ。
拡大してみるとすごい狭い
拡大してみるとすごい狭い
つまり、これを使えば狭い道をめぐり放題なのだ。
めくるめく
めくるめく
1ドットの道たち
1ドットの道たち
どうです。巡りたくなってきたでしょう。

次のページから、道がだんだん狭くなる順に紹介します。最後とか超狭いですから!

「!」を多用しているのは、うすうすこの企画が地味だと分かっているためです。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓