お正月特集「なんでもまるかじり」 2013年1月3日

お正月特集「なんでもまるかじり」キャベツをまるかじりする

大きいのに独り占め!
大きいのに独り占め!
ロールキャベツやお好み焼き、トンカツの付け合わせなど、夕食のレギュラー級であるキャベツ。しかし、彼らがそのままの姿で食卓に並ぶことはまずない。

それはもったいない。シュークリームのシューはキャベツの意味である。洋菓子の名前になるほど彼らのそのままの状態は評価が高いのだ。だったらかじろうではないか。まるかじりである。

6人のライターがワンテーマで書くお正月特集、1/3の今日は「なんでもまるかじり」。 普段切り分けるものをまるで食べる幸せ、あるいは違和感をぜひご堪能ください。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:食べちゃいたいほど好きなものとデートする

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

安いのに大きい嬉しさ!

キャベツを買いにスーパーに赴く。もしかしたら売ってないかも、という心配が一切ないのがキャベツのいいところである。絶対にあるのだ。もちろん今回も普通に売られていた。山のように積みあげられて。

キャベツだけを買い、家に帰りおもむろにスーパーの袋からキャベツを取り出し、テーブルに置く。完成だ。キャベツもこれから切られると思っていただろう。違うのだ。これで完成なのだ。
まるかじり
まるかじり
キャベツは大きく、口を力いっぱいに開ける必要があるため、頬が若干こる。それに打ち勝ち、かじりきると口の中にはキャベツ畑が広がる。草原や高原ではない。広大なキャベツ畑なのだ。キャベツ100%の実力だ。

キャベツの千切りや塩キャベツでは味わえないキャベツの力。色で言えば緑、横浜市で言えば緑区、それくらいにキャベツが口の中にやってくるのだ。こんなにもキャベツを感じたのは初めだった。

また、まるかじりによって生ずるワイルドな感じはたまらない。男なら誰でもワイルドに憧れる。それが簡単に手に入るのだ。キャベツには何も手を加えていない(塩はふったけれど)のに、高い満足感。キャベツのまるかじり、素晴らしいではないか。
ワイルド! 人型寝袋が革ジャンに見える気がする!
ワイルド! 人型寝袋が革ジャンに見える気がする!
狭いワンルームで、寒いために着ている人型寝袋。そこでかじるは平日の昼間からキャベツ1玉。自分で言うのも照れるが似合っている。

ワイルドな感じが似合っているのか、シューというフランス的な部分が似合っているのか、なにがどう似合っているのかは、悲しくなりそうなので追求しないけれど、とにかくよく似合っている。頑張ろうという力が、キャベツのまるかじりにより生み出されたと思う。素晴らしきランチだった。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ