特集 2012年8月30日

写真+音の臨場感

動かない動画みたいな不思議な感覚
動かない動画みたいな不思議な感覚
写真に音を重ねると、その場所にいる感じがすごくする。

場合によっては動画、つまり映像に音を重ねたものよりも臨場感が増すように思う。

いくつか試してみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:地下鉄の上を歩く

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

空港にいる感じを味わえるか

まずはこの写真を見て下さい。
空港です
空港です
羽田空港の国際線ビル。空港に来ると旅の始まりのわくわくする感じがして楽しいんだけど、写真だとどうもいまいちそんな感じが伝わらない。

そこで、音声を足してみよう。
ふたたび空港です。
ふたたび空港です。
左上のオレンジ色のボタンを押すと音声が10秒ほど流れるので、そのあいだ空港の写真を見ていてください。

どうです!音が加わると急に「空港に来た」感じがしませんか。特にピンポンパンポーンのところ。

そうでもないぞという方はぜひイヤホンで聴いてみてください。臨場感が3倍くらいになります。
この広々した感じがたまらない
この広々した感じがたまらない
比較のために、同じ場所で動画を撮ってみた。
動画は、画面がぶれたりして勝手に動くとどうしても「だれかの撮った動画を見てる」感じがでちゃう。

静止画に音を重ねた場合はそれがないので、かえって「自分がそこにいる」ように感じるのでは、などと思ってます。
飛行機かっこいい
飛行機かっこいい
いったん広告です

山に行った気分になれるか

この前、山に登って来ました。東京の高尾山。

観光地だし、東京スカイツリーよりも低いっていうから楽ちんだろうと思ったらそんなことなくて怖かったのだ。
高尾山の怖いところその1。ケーブルカーの傾斜が急すぎて壁みたいになってる。
高尾山の怖いところその1。ケーブルカーの傾斜が急すぎて壁みたいになってる。
その2。崖から落ちたら死ぬ。
その2。崖から落ちたら死ぬ。
その3。吊り橋から落ちたら死ぬ。
その3。吊り橋から落ちたら死ぬ。
落ちたら危険。それが高尾山である。

それはいいとして、こんなふうに写真を並べてもやっぱり自分で山に行った感じにはならないと思う。ここはひとつ音をみて聞いてほしい。
この景色を包むように聞こえるものは何か
この景色を包むように聞こえるものは何か
そう、セミの声である。

音声を再生した瞬間、この景色の中に一瞬移動したような気がしなかっただろうか?

ぼくはじっさい山にいる間じゅうこの声に包まれて、まるでセミといっしょに山を登ってるかのようでありました。
山頂からのぞむ山並み
山頂からのぞむ山並み
山はいい。まさにロマンの木曜日である。
いったん広告です

水辺の気分を味わえるか

高尾山からの帰り、京王井の頭線に乗り換え、駒場東大前を歩いた。

ここには、都市化の影響でなくなってしまった空川という川の名残があるのだ。
こういう道は川の跡です
こういう道は川の跡です
ああ今ではこんな姿に
ああ今ではこんな姿に
こんなになっても、川面がまだ生き残っているところがある。
東大の構内にぎりぎり入ったところ
東大の構内にぎりぎり入ったところ
相変わらずセミにやられているけども、かすかに水の流れる音が聞こえると思う。

水の音なんて聞こえないぞという方はぜひイヤホンで聞いてみてください。

現実に引き戻される気分を味わえるか

駒場東大前からの帰り道、駅で山手線の発車アナウンスを聞いたとき、ぼくは急に現実の生活に戻って来た気がした。ではその感じをどうぞ。
山手線が私を現実へ連れて行く
山手線が私を現実へ連れて行く
いったん広告です

お祭りの気分を味わえるか

別の日、実家のあるつくば市でお祭りがあるというので、遊びにいった。
にぎやかな祭囃子が聞こえてくる
にぎやかな祭囃子が聞こえてくる
これはまた大きな太鼓だ
これはまた大きな太鼓だ
写真を眺めているだけだとあまりお祭りの感じがしないけど、音が加わると一気に祭りになる!祭りは音楽が大事なんだねえ。

夜更かしの気分を味わえるか

夜中の2時~3時ごろの町の雰囲気ってあると思う。誰もいなくて、静かなんだけどたまに大通りに車が通る。街灯に照らされたところだけ妙に明るい感じ。
誰もいない
誰もいない
看板が闇に浮く
看板が闇に浮く
街灯が妙に明るい
街灯が妙に明るい
虫の音が昼間と全然違う。夜更かししたときって確かにこんな感じだよねという気がしてこないでしょうか。

不思議な感覚がある

動画じゃなくて静止画+音声という方法は、なかなか面白いと思う。動画でもない、写真だけでもない不思議な感覚がある。

ただし、状況がつぎつぎに変わるような場合だと、音だけが進んでいってしまって絵が置いて行かれるのでちょっとつらい。あと、うまく撮った動画ならもちろんそっちのほうが臨場感は高いでしょう。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓