特集 2012年5月10日

一級の袋小路はどこだ

行き止まり
行き止まり
このところ、行き止まりや袋小路について考えている。

順調に歩んでいたはずの道が、なぜ袋小路になるのか?どんな局面でぼくたちは行き詰ってしまうのか?

人生じゃなくて、道路の話だ。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:焼け野原にならなかった東京めぐり

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

袋小路は抽象的だ

袋小路。道の一種だ。ふだんあまり考えることもない。

そもそも具体的なイメージができない。「人生の袋小路」みたいな話は聞くものの、「ローソンの角の袋小路で待ってるね」みたいな具体的な話は聞いたことがない。

具体的な袋小路のイメージ

そんな状況を、一片の地図が変えた。
目白付近の閉じた道
これは東京の目白駅付近。

ライターの西村さんに教えてもらったのだが、中央の四角い道が、行き場を失って閉じたとても面白い形になっている。

この独特さは、たとえば東京の上野付近と比較すると分かりやすいだろう。
上野付近の開いた道
ふつう、街中の道は互いにつながり、どこからどこへも自由に行ける。

目白のように閉じた道があったら不便なだけだ。まさに袋小路じゃないかと思った。
現地は私有地だった
現地は私有地だった
目白の袋小路に行ってみると、そこは月々の家賃が100万円もするような超高級住宅地で、関係者以外は立ち入り禁止だった。

元々は徳川家の屋敷で、いまでもゆかりの人々の敷地となっているとのこと。なるほど、地図から伝わる違和感にはそういう理由があったのか。

袋小路にも等級があるのでは

目白の地図をじっと見ていて、こう思った。この袋小路には、出入口が2箇所ある。
ここからしか入れないし出れない
そうすると、出入口が一箇所しかない、真の袋小路というのが考えられるんじゃないか?
右下しか出口がない
右下しか出口がない
さらに、出入口の数に応じて、等級を定めることもできそうだ。
左上から、1級、2級、3級、4級。級数は出口の数。
左上から、1級、2級、3級、4級。級数は出口の数。
出口が1つしかない1級の袋小路から、もはや袋小路じゃないふつうの道の4級まで。

1級の袋小路なんか見たことない。あるならぜひ行ってみたいけど、ほんとにあるんだろうか?
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓