特集 2011年12月17日

フレンチカステラの時代が来る

とろける美味さ!
とろける美味さ!
甘くて美味しい食べ物「フレンチトースト」。タマゴや砂糖で作った液体に食パンとつけて焼いたものだ。

好きでよく食べるのだけれど、ある時トースト以外もフレンチにしたら美味しいのではないだろうかと思った。ということで、いろいろなものをフレンチにしてみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:食べ物の比率を逆にする

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

オシャレな食べ物

フレンチトーストとは甘く美味しい食べ物だ。さらにオシャレ。オシャレな朝を過ごすには絶対にフレンチトーストが必要だ。僕はそのオシャレを手に入れるためによく食べている。
食べるとフランスの風を感じる
食べるとフランスの風を感じる
作り方も簡単。タマゴに砂糖と牛乳を混ぜるだけ。あとはこれに食パンをつけて、フライパンで焼けばオシャレの完成である。

甘く優しいその味は多くの人を虜にしてきたと思う。僕もそんな虜の一人。フレンチトーストは悪女なのだ。
液につけて、
液につけて、
焼けば
焼けば
完成!
完成!
このフレンチトーストを他のものでもやってみようと思う。フレンチに続くのはトーストだけではないはずだ。フレンチカステラやフレンチ海老など、実は何でも美味しいのではと思っている。
まずはカステラをフレンチにします
まずはカステラをフレンチにします

驚きの口どけ

小麦粉を使った南蛮菓子であるカステラ。甘くて午後のティータイムにはこれしかない、くらいの勢いがある一品だ。これがフレンチになることでさらに美味しくなると思う。
ど~ん(フレンチカステラ)
ど~ん(フレンチカステラ)
作り方はフレンチトーストと同じ。液につけて焼くだけ。トーストと違い、元からカステラは甘いので、焼いている時にいつも以上の甘ったるい匂いがした。新婚みたいな甘さで幸せな気分だった。
見るからに美味しそう
見るからに美味しそう
食べてみると口の中でカステラがとける。驚きの口どけだ。甘い物が好きな人にとってはこれ以上に美味しいと思えるものはないのではないだろか。完璧の一品だ。

商品化したいと思って調べると、すでに出しているお店があるようで、少しガッカリしてしまった。
フランスの風をガンガンに感じました
フランスの風をガンガンに感じました

フレンチどら焼き

今度はどら焼きをフレンチにすることにした。いかにも日本っぽい食べ物をフレンチに。ちびまる子ちゃんに出てくる花輪君みたいな食べ物になるかもしれない。ちなみに花輪君と僕は同じ星座だ。
フレンチどら焼き
フレンチどら焼き
見た目はフレンチにしたことで悪くなったけれど、味のレベルは5段くらい上がった。周りの皮がやっぱり口の中でとけていく。夢の中の食べ物みたい。幻の食べ物、と紹介されてこれが出てきても不思議ではない。普通のどら焼きがもう食べられないほど美味しい。
フランスの風を感じますよ!
フランスの風を感じますよ!

マズかったフレンチ

フレンチにすれば何でも美味しいのではないか思った。食パンもカステラもどら焼きも元よりも絶対に美味しくなっている。女性向けの雑誌に紹介されるスイーツのような味わいなのだ。しかし、それは甘い幻想だった。
フレンチハンバーガー
フレンチハンバーガー
フレンチ麩
フレンチ麩
フレンチうどん
フレンチうどん
上記の3つは決して美味しいと言えるものではなかった。「山田さん」を「道祖瀬戸(さやんせと)さん」と呼び間違えるような衝撃的なマズさではないのだけれど、なんだか腑に落ちないモヤモヤしたマズさ。二度とフレンチにすることはないと思う。
とびっきりマズい訳ではないので表情も微妙
とびっきりマズい訳ではないので表情も微妙

フレンチ餃子の皮

次は餃子の皮をフレンチにする。なんとなく美味しい気がしたのだ。液につけ焼いてみると、お祭のような匂いがした。匂いからはフレンチのオシャレな雰囲気はないが、要は味だ。
餃子の皮を
餃子の皮を
フレンチ餃子の皮に
フレンチ餃子の皮に
お祭の屋台で売ってそうな匂いで、見た目もそんな感じ。食べてみてもそんな感じだった。フランスの風ではなくお祭の風を感じた。甘いお煎餅みたいでマズくはない。むしろ美味しい。原価も安そうだし、屋台で売ったらいけるのではないだろうか。
フランスの風でなくお祭の風を感じた
フランスの風でなくお祭の風を感じた

フレンチ海老に

海老を食べると甘いな~と思うことがある。そこでフレンチにしてより甘くしてみようと思う。目には目を効果でより美味しくなるのではないだろうか。
海老を
海老を
フレンチ海老に
フレンチ海老に
皮をむいて頭を取って海老をフレンチ海老した。火を通すとすごく謝っている人みたいな形になってしまった。

味の方は海老が甘くなり予想以上に美味しい。何かを食べた時に「甘くて美味しい~」とよく言うがそのお手本のような味。まさに甘くて美味しい~なのだ。
フランスの風を台風並に感じました
フランスの風を台風並に感じました

フランスはあまり関係ない

美味しいフレンチは、女性向けの雑誌に必ず載っているスイーツのような素晴らしい味だった。マズいものは料理ができない女の子が頑張って作った肉じゃがのよう味。その差は大きいが美味しいものに出会えたときの幸せはたとえようがない。

あえてたとえれば、フレンチトーストのフレンチはフランスとはあまり関係ないと知っても動じないくらい幸せ、だろうか。

アメリカでジョーゼフ・フレンチさんが自分の名前を取って命名したらしい。フランスの風を感じたと書いた自分が少し恥かしい。でも、幸せなので動じない。
僕のフランスフォルダに入っていた謎の写真
僕のフランスフォルダに入っていた謎の写真
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓