特集 2018年11月24日

明治の道だけを歩いて江ノ島を目指す

明治時代の地図に記されている道だけを辿って江ノ島を目指します

今昔マップ」というwebサービスがある。明治以降の古地図と現在の地図を並べて表示できるというもので、各時代における土地利用の変遷を知ることができる、とても面白く為になるサイトだ。

私は夜な夜な昔の地図と今の地図を見比べてニヤニヤしていたりするのだが、そんな折にふと思った。現在まで残る明治の道はどれだけあるのだろう。例えば歩いて一日ぐらい掛かる距離の目的地を設定し、そこまで昔の道だけを歩いて辿り着くことはできるのだろうか。

その疑問を解消すべく、私が住んでいる神奈川県の中央部から出発し、明治時代の地図に記されている道だけを辿って県南の江ノ島まで行くことができるのか、試してみた。

*この記事に使用している地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。 
*「今昔マップ on the web」の地図は、国土地理院発行の5万分1地形図、2万5千分1地形図、2万分1正式図及び基盤地図情報を使用したものです。

1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:日本100名城を全制覇したので自慢させてください

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

自動車が普及する前の古道を辿る

今回の実験に使用する地図は、今昔マップに収録されている首都圏編で一番古い明治29年(1896)から明治42年(1909年)にかけて作成されたものである。まだ自動車が普及するよりも前、都市間交通として鉄道が敷設され始めてはいるものの、人の移動といえばまだまだ徒歩がメインで良くて人力車、荷物は牛や馬、大八車で運んでいた時代である。すなわち江戸時代の交通手段と大して変わっておらず、その道筋は江戸時代以前の街道を踏襲していると言えるだろう。

その後、自動車の普及によって道の付け替えや新道の整備が進み、直線的で幅の広い車道が築かれるようになった。細く曲がりくねった昔の道は役目を終え、現在は断絶しているものも少なくないはずだ。そのような中、果たして明治時代の道だけを歩いて江ノ島まで辿り着くことができるのだろうか。 

001.jpg
自宅からスタートするのは色々とアレなので、最寄りである小田急江ノ島線の長後駅にやってきた

神奈川県藤沢市の北端に位置する長後は、現在の横浜市戸塚区柏尾で東海道から分岐し大山へと向かう大山街道、および町田から東海道の宿場である藤沢宿へと向かう藤沢街道の合流点に位置しており、長後宿としてちょっとした町場が築かれていたようだ。当時はまだ小田急線が開通していないので、今昔マップを頼りに旧街道へと移動する。 

002.jpg
長後駅の北東側、東西に伸びる大山街道と南北に伸びる藤沢街道の結節点からスタート

この実験のルールは、明治の地図に記されている道のみを歩くというものである。車道として拡張されていても、道筋が概ね一致していれば通行可。当時の地図の精度を考慮して多少のズレは許容するものの、道筋が明らかに外れているものは通行不可とする。

目的地の江ノ島は弁財天を祀る聖地であり、江戸時代より庶民に人気の観光スポットであった。同じく神奈川県内にある大山に登り、江ノ島、鎌倉、金沢八景を巡るのが定番コースだったらしい。ちょうど11月ということもあり、稲刈りが終わって時間に余裕ができ、本格的に寒くなる前にちょっくら江ノ島の弁天様にお参りしてこようじゃないか。……という設定で行くとしよう。

江ノ島は長後宿からまっすぐ南に行った地点に位置しており、とにもかくにも南へと向かわねばならない。ちょうど良く、長後宿から藤沢宿に向かう旧藤沢街道が南下しているので、この道を歩いて行くことにしよう。 

066.jpg
現在も道筋が一致している、長後から南へと続く道である(★がスタート地点)
003.jpg
長後宿には古そうな家もちょくちょく見られ、昔の名残をわずかに残している

昔からある道ということで、何かしらの古いモノが存在しないだろうかと探しながら歩いているのだが、長後宿を抜けた後はごく普通の近代的な民家が連なっているだけで、旧街道ならではのモノはこれといって見当たらない。

これは収穫なしかと諦めかけたその時、脇道が鋭角に合流するY字路の付け根に妙な石が置かれていた。 

004.jpg
文字などは刻まれていないが、なんとなく祀られている感がある石だ

おにぎりのような三角形の形といい、コンクリートに少し埋め込まれた状態で立っている状況もあり、ただの石ころではないような気がする。Y字路という点から察するに道辻に祀る庚申塔の類だろうか。

いや、しかしこの横道は明治の地図には記されておらず、割と新しい区画によってできた道のようだ。案外、後ろの壁を守るための、ただの置石だったりするのかもしれない。

古いモノなのか、そうではないのか。なんとも煮え切らずモヤモヤとした感じだが、気持ちを切り替えて引き続き南に向かって進んでいった。……が、その少し先で非情なる現実が私を待ち受けていた。 

005.jpg
明治の地図にはない車道が横切っていたのでそれを横断すると――
006.jpg
車道を渡ったその先で、なんと行き止まりになっていたのだ!
067.jpg
今昔マップで確認すると、見事に旧街道が分断されてしまっている

うーむ、さすがに旧藤沢街道を南下し続ければ良いだろうという考えは甘かった。とりあえず東西への迂回路を探そうと試みたものの、この辺りの湘南台地区では大規模な区画整備が行われたらしく、どの旧道も辿っても途中で途切れてしまう。

この状況をなんとか切り抜けられる抜け道はないかと地図とにらめっこして四苦八苦した結果、導き出された結論は約1km引き返すというものであった。 

007.jpg
………………マジっすか
068.jpg
この道ならば南東方向へ行けそうな感じだが、ほぼスタート地点まで出戻りである

いやはや、いきなり壁にぶち当たってしまった。始まって早々にこのような有様とは、なんとも前途多難な感じである。やはり昔の道などそう残っているものではないのだろうか。 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓