特集 2021年12月11日

100円のカードゲームがヤバすぎる

大好きな100均で、最近、カードゲームが大人気。

ステイホームでのアナログゲームの復権もあり、これはやりたくなっちゃう。が、ゲームを一緒にやってくれる友達などいない。

たとえコロナ禍でなくても、いない。となると、家族でやるしかない。

では、100円だけど一体どれほどのゲームなのか、はたして100円の価値はあるのか、高齢家族ではあるが堪能してみたいと思うッ!

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:柴犬激似菓子「柴マリトッツオ」を作ってみた

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

コロナが落ち着いたら行きたい所は、100均くらいだが、

zz01.jpg

そんな100均で、いま大人気な

zz02.jpg

カードゲームにて。パッケージ的にも特にグッと来てしまったコチラの100ゲーたち!(子供ありきでの)家族向けっぽいのが多いが

z02.jpg

今回は(大人ありきでの)高齢家族にて、どれだけおもろいのか、実際にやってみよう!(100円だけど実際何円クオリティーと言えそうか、都度採点もしていくぜッ!)

ss02.jpg

a00.jpg

まずは「あいうえおレース」。名前はダサめで、タイトルからして、だいぶ幼児向けな、対象年齢は何十分の一ほどな感じがするが、やらざるをえない。

a01.jpg

ルールとしては、各々に7枚つずつ配った後、中央に置いた山から順に1枚ひらく。で、その山カードに書かれた『数』か『色』に注目!

a02.jpg

で、自分に配られてるカードの内から、頭文字にして「その文字『数』の言葉」or「その『色』をしている言葉」を作ることができるカードがあったら、出して発表!していき、一番早く全部捨てられたら優勝!っていうダンドリのようだ。

a03.jpg

…微妙に直感的じゃないのが気になるけど、やむなくやってみよう。つまりは、だいぶ頭を使う、「国語力」が問われるゲームなのであった。これは共通テスト対策にもバッチリだね! …。

a04.jpg

では早速スタート。まず真ん中の山から、カードを開くと…

a05.jpg

!? …つまりは(「て」だけど「て」はさておき)数字は5で赤色だから…手元のから「5文字」or「赤色」の言葉を作れればいいんやね! とその時、すぐ僕の手元のカードでの「と」が輝き、

a06.jpg

「トマト!!」と、成功! やった! そういうことなのだね!と喜び勇むが、いまいちルールがしっくり来てない親たちとの温度差は大きかった。

a07.jpg

続いて、山からまた新たなカードだが、「3文字」or「茶色」の言葉を作れればいいんやね!と、思案し始めたその時、

a08.jpg

父がカードを手にして「もも!」 !? え、我が犬・もも!? 固有名詞やん!しかも色も微妙に違うし!! と思ったが、もも的にはいいようなので、ヨシとしよう。

a13.jpg

こんな奇妙な調子で続いていくが、山から続いては「6文字」or「青色」!と、6文字とは長いが、その時。母が「に」のカードを手に

a14hekuso.jpg

「へくそかずら…」と。へ? 何それ? 植物か何か?って、そもそも手にしてる「に」から始まってないし。何もかも不明だが、その時、僕の手元にて輝きが、あ!

a15.jpg

「ほうれんそう!」やったぜ!って勿論これは野菜のそれではなく

a16.jpg

社畜的な「報・連・相」のほうである。やったぜ!!

a19.jpg

そして今度は、「2文字」or「ピンク色」!だが、その時、母が「は」のカードを出し、

a20.jpg

母「はむ!」 やっとまっとうに当たった母。ルールをわかってくれただけで嬉しい。

a23.jpg

そして今度は、「6文字」or「ピンク色」!6文字とはまた長いが…は! 僕の手元にて輝いた「ひ」のカードにて、

a24.jpg

「ヒエラルキー!」と! …当たってはいるが、すこぶる階級的エグみの深い用語で、このようなゲームで出す言葉ではない。反省、受験マシーン。だが、こうしてやがてカードがはけ、当ゲーム「あいうえおレース」、とりあえず僕が勝利となったのであった!!

zz05.jpg

とりたてて嬉しくはなく、何の感情もわかないが、では、この「あいうえおレース」、本来100円だけど、我々にとってその価値はいくらほどだったかというと…!

t02.jpg

わりと高価格で謎の価値観だが、本来100円だけどヨシダ家においては合計315円、つまりは、平均では「105円の価値」だったのであった! すごいぜ、「あいうえおレース」!!

ss03.jpg

 

d01.jpg

続いては「ぼくちく‼」。タイトルからして牧歌的なゲーム。かわいい動物な世界観。そのうえ何よりルールも簡単。

d04.jpg

自分に配られて裏にしてるカードから1枚、みんなで同時に表にして場に出して、自分の出た動物の

d03.jpg

スポンジを場から奪い取る!で、他者より先に取れたらカードを捨てていき、先にすべて捨てられたら、優勝!ってスンポーだ。これはシンプルでいい!

d06.jpg

ではまず、カードを切ってみんなに配布。4つの動物がとてもカワイイが、早速もも、ロックオン。

d05.jpg

で、喰う。って、もも、喰っちゃだめだから! ではいざ開戦!出た動物を誰よりも早くッ!反射神経と瞬発力が問われるッ!張り詰めた空気の中、みなが一同に、その場にカードを…

d07.jpg

出したッ!! 僕は羊!そして母も羊! カブった! 母より先に、急いで羊を取らね…

d08.jpg

って!!取られてたッ!既に母にッ!! と、瞬殺だった。何もそんな本気出さなくても。

d09.jpg

しかしこのゲーム。母、夢中になりすぎ。きゃっきゃ楽しんでいる。そんなにおもしろいかこれ。で、その後ゲームは続いたが、基本的に全員のカードで出る動物がまったくカブらず、

d11.jpg

ただ普通に、分相応の動物スポンジを各自取り続けていく事態に。なんなんだこの作業。ゲームの女神が明らかに微笑んでいない。

d14.jpg

ももだけが、都度エサと間違えて、興奮し続けている。で結局のところ、母と父のカードがはけ、

d15.jpg

ゲーム終了。最初に競り負けた僕が、なんとなくそのまま敗北者に。敗れるが、悲しさも、悔しさも、何の感情もわいてこない。

d16.jpg
・                           「ドンマイ」


ってことで以上、この「ぼくちく」、100円だけど、我らプレイヤーはどれほどの価値を感じたのか、その結果がこれだ!

t03.jpg

母、高価格でまた謎の価値観だが、本来100円だけどヨシダ家においては合計311円、つまりは、平均では「103.6円の価値」だったのであった! すごいぜ、「ぼくちく‼」!!

ss04.jpg

 

c01.jpg

最後は妙にデカいが、寿司、っていうか超スシロー。個人的には立地上「くら寿司」派だが、箱を開けると、その内容物がスゴイ。

c02.jpg

ぎゃ。これ全部、お寿司にて。お寿司好きには、このまま飾っておきたくなる夢のようなビジョン。が、あいにくそこまででもない。

c03.jpg

で、ゲームのためには、これを、1個ずつ切り離していくらしい。え、ウソ、やだ。面倒くさい。

c05.jpg

そこで、父と母にも協力してもらう。家族総出で謎の作業。泣けてくるが、楽しさのためには避けて通れない。

c06.jpg

さらにパッケージまで駆使して、回転台をセットオンして準備完了! 準備だけでもう満足した感はあるが

cd23.jpg

これ ゲームとしては、この回転寿司から寿司を取っていき、これら役をそろえていくという、いわゆるポーカーだ。ならギリ、カードゲームの範疇ということにして、いざスタート!

c07.jpg

回転寿司的に、反時計回りに台を回していき、「目の前の寿司」or「その左の寿司」のどちらか、を選んで取れていくので(取っ
たら都度、山札から補充。)とりあえず目の前のコレを取る。

c08.jpg

いかだ。そして今度は父が取る番だが、 

c09.jpg

ももも夢中。それ寿司じゃないから。画像だけでそこまでキちゃうの、我が犬ながらちょとヤバイ。そして今度は母の番だが、

cd17.jpg

「かっぱ寿司行きたくなるわ~」と。違う、スシローだ。そこ大事。

cd18.jpg

で、そもそもポーカーなので、「役」のためにどの寿司を取るべきか、しっかり「役」を意識する必要がある。

cd22.jpg

本来はもっと麻雀などのように、駆け引きが繰り広げられるべき、なのだろうが、全員麻雀とかの役系ゲームと無縁ゆえ、その辺がいまいちよくわからない。

cd21.jpg

極めて淡々と。取っていく。ちゃんと「役」を意識していることを願いたいが、ただ目の前のを取り続ける一同。

cd19.jpg

…これ、成り立ってるのか…ゲームを堪能してると言えるのか…不安がよぎる。一方、常にハイテンションなもも。誰よりも当回転寿司を堪能している。思ってたのと違う。

cd20a.jpg

そんな手ごたえ無いまま、全員5つ取り揃え、いったんゲームが終了!では、各自の取ったお寿司皿で、「役」の計算だ!!

cd24.jpg

この種類で…同じでペアで…え? 皿で…ペアで…3皿で…ボーナスが?……え? …で、デフォルトの記入されてる点数が…入る…の?
と、全員よくわからず、ギャンブルリテラシーの低さにがく然とするが、なんとか計算したその結果は

cd25.jpg

僕「9点」父「10点」母「8点」。ってことで、父WIN! 「やったー」とのことだが、特に何もやってない。もうちょっとギャンブルに精通した家庭なら、きっとより盛り上がれることだろう。

zz04.jpg

ってことで、この回転ずしポーカー、100円だけど、プレイヤー達はどれほどの価値を感じたのか、その結果がこれだ!

t04.jpg

ギャンブル無縁ゆえの結末だが、本来100円だけどヨシダ家においては合計266円、つまりは、平均では「88.6円の価値」だったのであった!すごいぜ、「回転ずしポーカー」!!

s00.jpg

ってことで、そんな100円の次元を超えていたカードゲームたち。とりあえず今回もっとも高ポイントだったのは、1つめのだったのでした!!! まぁ、なんでもいいよね。

z01.jpg

って、よく見たら、まだ他にもカードゲーム大量に買っているが、もう疲れたのでいったんペンディングさせてもらうとして、ぜひみなさんも、何かしらGETして頂けたら幸いです。ではまた。


 

はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「回転寿司より100均行きたい」。落ち着いたら行きましょう。

zz03.jpg
まだ遊び足りない犬。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ