特集 2019年4月3日

養蚕農家がデカくてユニークでカッコ良い

デカくてユニークでカッコ良い、日本各地の養蚕農家を紹介します


明治時代から昭和初期にかけて、日本の主要輸出品目は絹であった。国策によって養蚕が盛んに行われ、蚕の飼育に特化した養蚕農家が全国に数多く建てられた。

戦後に化学繊維が普及したことによって養蚕はみるみるうちに廃れたものの、日本の各地には今もなお昔ながらの養蚕農家が存在する。

その様式は地域によって様々ではあるものの、総じてデカく、ユニークで、カッコ良いのだ。 

1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:旧奈良監獄の“監獄としての最後の姿”を見に行った

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

三階建て養蚕農家が超密集!兵庫県の大屋町大杉集落

まずは兵庫県北部の養父(やぶ)市南西部に広がる大屋町地区の養蚕農家だ。大屋町は四方を山々に囲まれていて平地が少なく、冬は雪が多いことから、古くより養蚕が営まれてきた但馬屈指の養蚕地帯である。

そんな大屋町の中心部から少し西に行ったところにある大杉集落には、現在も数多くの養蚕農家が残っているという。

001.jpg
というワケでやってきました大杉集落。遠目だとごく普通の集落のようだが……
002.jpg
近付いてみると、三階建ての巨大な養蚕農家がどーん!
003.jpg
いやはや、コレはシブくてカッコ良いぞ!


蚕を飼育して生糸を生産するための養蚕農家は、できるだけ広い蚕室を確保すべく大型化&多層化する傾向にある。ここのものは三階建てと殊のほか立派であり、しかも一棟や二棟のみならず群として密集して残る貴重な集落だ。

現在大杉集落に存在する27棟の主屋のうち、一棟を除くほぼすべてが築50年以上の古民家だというから凄いものだ。元は江戸時代に建てられた平屋の茅葺家屋を、明治後期に二階・三階部分を増設したものや、その形式を模して新たに新築されたものが大半を占めるという。

004.jpg
黄色い土壁、縦長の窓、屋根の上に腰屋根が乗るなど、どの家も同じ形式


一階部分は生活のための居住スペースで天井が低く作られているのに対し、蚕室である二階・三階は背が高く、蚕棚の規格に合わせて築かれているのでどの家も同じ規模になっているのが特徴だ。

縦長の窓は「掃出し窓」と呼ばれており、窓枠を床にまで下げることでゴミを簡単に外へ掃き出すことができるようになっている、蚕室を常に清潔に保つための工夫とのこと。なるほどなぁ。

005.jpg
二階以上はすべての面に窓や通風孔が設けられている

蚕室は四方の壁に換気口が設けられており、屋根の上に乗る腰屋根と共に蚕室の通気性を高め、蚕が過ごしやすい環境を整えている。これらの換気システムを地元では「抜気(ばっき)」と呼んでおり、この地方の養蚕農家ならではの特徴となっている。

006.jpg
土壁は維持が大変なので、現在は鉄板を張っている家もある
007.jpg
土蔵は主屋に接続し、室内から出入りするタイプものが多い
008.jpg
高台から眺めると、建物の密集具合が良く分かるというものだ


大杉集落は谷川が作り出した扇状地に立地しており、集落は谷間の奥にまで及んでいる。傾斜地には昔ながらの石積が築かれていて、山村集落としても凄く良い風情を醸している。

009.jpg
石積の上に聳える養蚕農家のたたずまいが素晴らしい
010.jpg
谷間の奥には棚田も築かれているが、現在は使われていないようだ
011.jpg
軒先で唐辛子を干す光景を眺めたり、のんびりとした時間を過ごすことができた


とまぁ、巨大な三階建ての養蚕農家が建ち並ぶ大杉集落は、普通の集落にはない独特な風情と迫力があるものだ。とても小さな集落ではあるものの、他にはない町並みを見ることができて散策がとても楽しかった。

この大杉集落は但馬地方における養蚕集落の好例であるが、冒頭で述べた通り、養蚕集落は日本の各地に存在する。さてはて、他の地域にはどのような養蚕農家が残っているのだろう。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓