特集 2023年2月27日

山形には勝手にげそ天パーティーを開催できるスーパーがある

勝手にげそ天コンテスト開催します

エンドーのげそ天愛に突き動かされて、僭越ながらげそ天コンテストを開催させていただきます。

エントリーNo.1 塩レモン

塩レモンは一番人気のフレーバーだけあって、王道でまぁ誰が食べてもこれは外れないよな、という味わい。レモンがしっかり効いていてけっこう酸味が強くて個人的にはかなり好きな味だった。

味付けだけじゃなくげその身もプリプリで、さすがげそ天にパラメーターを振りまくっているだけはある。

エントリーNo.2 ブラック(イカスミ)

こちらは二番人気の商品だが、個人的には塩レモンを上回って早くも一位に躍り出てしまった。イカスミ風味のげそ天ってほぼイカをそのまま食べていると言っていいだろう。

今回食べた5種の中では一番げそ自体の旨味を引き立ててくれている気がした。相性抜群、というより本来一緒にいるべきものが再び出会った、元の鞘に収まったというべきだろうか。

エントリーNo.3 シーフード

うに+からすみ+青のりのフレーバーで食べた中では一番複雑な味だった。でもこの三役がげそにあわないわけがない。筆者はあんまり飲めないけど、一番おつまみにしたいフレーバー。

エントリーNo.4 チーズ

けっこうチーズの味が強めなのでちょっとげそが負けている感じもあるがチーズ好きなので無問題。これもおかずというよりおつまみにしたい感じ。

エントリーNo.5 キムチ

ラストにして、このキムチはなかなかのダークホースだった。しっかり辛みが効いていてクセになる。食べ始めた手が勝手に伸びる。一番食べ始めたら止まらないのがこの味かも。あとこれ、そばに入れても絶対美味しい。そばにかける七味が既にかかってるみたいなもんだからな。ああ、そばが食べたくなってきた…

もうひとつの名物、筋子のおにぎりも具たっぷりで最高でした

というわけで、5種のうち筆者的優勝はブラック(イカスミ)、準優勝はキムチという結果になった。今回は一人旅だったが、友達や家族と俺はこれ、私はこっちと言いながらげそ天パーティーやったら絶対盛り上がる。いつか開催したい。

ちょうど投票もやっていたのでしっかりブラックとキムチを推しておいた。今回人気すぎて品切れだったピンク(紅ショウガ)やカルボナーラも気になるな…
記念にげそ男キラキラシールを購入して山形げそ天の旅を締めくくった。

山形に行ったらげそ天を見逃すな

これまで2回山形に来たことがあったが、お土産屋さんなどでげそ天が売られていたり、「山形名物げそ天!」などと町中に大きく掲げられていたりといった記憶は正直ない。(見逃していただけだったら申し訳ないです)

意外と知らない人も多い隠れ名物なのでは?と思っているので、もしこの機会にげそ天が名物だと知った方がいたら周りの人にも教えてあげてほしい。そして山形に行ったらげそ天を食べよう。

エンドーの調理場の入口に「ゲソ調理室」と書いてあって笑ってしまった。間違いないんだけど、見たことない字面すぎる。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ