小出し記事 2020年11月27日

ついに銭湯の重油ボイラーで芋やリンゴやファミチキが焼けた

いよいよボイラーに火が入った。食材を並べた部分もかなり高温になっているはずだが、一体どれぐらいの時間をかければちょうどいい焼き具合になるのかはまったくわからない。

桂さんは「そこはスズキさんの判断にお任せしますわ」と言う。こんなに難しい判断を任されたことがあったろうか……。

編集部からあらすじ
銭湯の店主に、ボイラーで焼き芋が焼けると聞き、ぜひと頼んで焼かせてもらえることになった。窯の掃除をすませていよいよ投入した食材。はたして……!

大阪在住のフリーライター。酒場めぐりと平日昼間の散歩が趣味。1,000円以内で楽しめることはだいたい大好きです。テクノラップバンド「チミドロ」のリーダーとしても活動しています。(動画インタビュー)

前の記事:いよいよ銭湯の重油ボイラーで芋やリンゴやファミチキを焼いてみる


小出し記事「銭湯の重油ボイラーで芋やリンゴやファミチキを焼いてみる」
ライター:スズキナオ

第一回:やるぞ窯の掃除!
第二回:いよいよ焼くぞ
第三回:芋とファミチキの焼け具合
第四回:たまごとりんごの焼け具合
第五回:コンビニ弁当の焼け具合
 

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です!

焼き上がりまでの間、銭湯の湯が温まる仕組みを教わる

根拠も何もないが、なんとなく「30分ぐらいしたら開けてみましょうか」ということに。

その間、ボイラーで加熱されたお湯が浴場内にどのように循環していくかを教わった。千鳥温泉には浴室中央にある熱めのお湯が張られた湯舟の他に、ぬる湯、水風呂などいくつか浴槽があり、それぞれのお湯(水)は混ざらずに独立している必要があるため、パイプの構造もその分だけ複雑になる。

1.JPG
たとえば、このボイラーで加熱されたお湯は
2.JPG
このパイプを通って、男湯、女湯の浴槽へと運ばれるそうだ

温かいお湯がもわもわっと湧いてくるパイプということで、「男ワキワキ」「女ワキワキ」と書いて識別しているそう。

3.JPG
「男ワキワキ」なんとも可愛らしい語感である

お湯を加熱するパイプとは別に、それぞれの湯舟のお湯(水)を吸い上げ、ろ過機に通して清潔に保つためのものもある。ろ過機に投入するための薬剤を準備する桂さんの姿を脇で眺めながら「銭湯の仕事って大変なんだな……」と素朴過ぎることを思う。当然のことだが、番台に座っているだけなんかじゃないのだ。

4.JPG
「こういうことを毎日せんとあかんのです」と桂さん

30分が経ち、ついに扉を開ける時が来た

「そろそろちゃいますか?」と桂さんが言う。ボイラー内の湯温を示す温度計を見ると、いつの間にか80度近い高温となっている。

5.JPG
千鳥温泉ではここでの温度を85度ほどにキープしているという

本来なら一度点火したボイラーは営業終了時間近くまで自動で運転を続ける。お湯の温度がある程度に達したら自動で火が消え、冷めてくるとまた着火される仕組みだ。しかし今回は焼き上がった食材を取り出すために一度ボイラーをオフにしなければならない。桂さん、こんなことに付き合わせてしまってすみません。

6.JPG
いよいよ扉が開かれる!中の食材はどうなっているのか

桂さんがボイラー上部の扉を開くと、そこには30分前に置いた通りの銀紙が見えた。

7.JPG
「跡形も無くなっている」とかじゃなくてホッとする

まずはサツマイモを包んだ銀紙を取り出してみる。軍手を通しても伝わってくる熱さ。中はどんなことになっているやら。

8.JPG
中身はどうなっているかな

銀紙を剥いてみると……いい感じに焼けているではないか!手で軽く力を入れただけでサツマイモがパカッと2つに割れた。

9.JPG
あれ、これかなりいいんじゃないの!?
10.JPG
桂さんが自分用にと入れたサツマイモもいい焼き具合
11.JPG
芋がうまく焼けて嬉しそうな桂さん

私の方は少しだけ芯が残っていて、あと5分ぐらい焼きを入れてもよかったかなと思う感じではあったが、しっかりホクホクして美味しい焼き芋ができていた。

12.JPG
ボイラー焼き芋、成功!

芋は焼けた。ファミチキはどうだ?

こうなってくると他の食材にも期待が高まる。上手に焼けているんじゃないだろうか。銀紙で包んだファミチキを開封してみよう。

13.JPG
この中にファミチキが入っているはずなんだが……
14.JPG
カリッカリになってでてきた

ファミチキは四隅がちょっと焦げてカリカリ状態。水で濡らしたキッチンペーパーで包んだ方がよかったかな。しかしギリギリのところで衣の中のジューシーさは失われておらず、ザクザク食感がやけに強めの唐揚げと聞けばそう思えそうなレベル。

15.JPG
衣がクリスピーな食感に

桂さんが「これ、30分というのがギリギリやったかもしれないですね。もう少しやり過ぎてたら真っ黒やったんやないですか」と言う。確かに、30分が絶妙なラインだったかもしれない。

16.JPG
ボイラーファミチキをかじる自分をセルフタイマーで撮ったら化け物だった

こうなるとその絶妙なラインの焼き加減で他の食材がどうなったのか、いよいよ気になるところだ!

小出し記事「銭湯の重油ボイラーで芋やリンゴやファミチキを焼いてみる」
ライター:スズキナオ

第一回:やるぞ窯の掃除!
第二回:いよいよ焼くぞ
第三回:芋とファミチキの焼け具合
第四回:たまごとりんごの焼け具合
第五回:コンビニ弁当の焼け具合
 

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です!

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ