特集 2020年1月26日

米粒じゃなくてLEDに文字を書く(デジタルリマスター版)

チマチマの先には禍々(マガマガ)が待っていました

細かい作業が好きだ。たとえばハンダ付け。2.54mm間隔で空いた穴にひとつずつハンダを流し込んでいく作業は、すっごいチマチマしていて、長時間やってると勝手にトランス状態に入ってくる。(ハンダ付け愛好家の間では、ハンダにそういう成分が含まれているのではないか、という説さえささやかれている)

ところで日本の伝統的なチマチマ芸に、「米に文字を書く」がある。当サイトでは以前、ウェブマスターの林さんが挑戦している。

今回はもうちょっと現代的な解釈で、こんなものに絵を描いてみたい。米粒サイズの電子部品、LEDである。

2010年10月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載しました

インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:いわて沼宮内 道の駅で売ってる物の生産者を訪ねる~新幹線の駅にひとり置き去り~

> 個人サイト nomoonwalk

プロは道具選びからこだわる

現代の米粒ことLEDである。3mmサイズと5mmサイズがあるが、今回はより米粒に近い、3mmサイズを用意した。

001.jpg
クラゲみたいでかわいい

ペンは林さんの記事を参考にサインペンを使用。ただしプラスチック製のLEDに書くためには油性ペンを選ばねばならず、細い油性ペンというのが意外と売ってない。3軒ほど文房具屋を回った挙句、

002.jpg
結局よく見かけるこれを買った


しかも、後で気づいたのだが、このペンは水性であった。何のために3軒回ったのか。

LEDのいいところは持つところがついていることだ。林さんは米粒を両面テープで机に固定していたが、LEDなら端子(クラゲの足)部分を左手で持てる。

003.jpg
文字を書くために生まれてきたような粒だ

 

はい。(マウスオーバーで補助線)


まずは自分の名前を書いてみた。「石川大樹」の「大」まで書いたところでスペースが尽きた。「石川大」とは愛媛県新居浜市出身で、JFL・栃木ウーヴァFC所属のサッカー選手だそうである。(wikipedia情報)

005.jpg
栃木ウーヴァFC、か…

 

幼少時はわりと聞き分けのいい素直な子でした

失敗した。今度は別の文字を書いてみる。

006.jpg
原稿書く段階で初めて後ろ髪の寝癖に気づく

 

石川大じゅ(マウスオーバーで)


「石川大じゅ」の表記をしたのは小学校3年生以来である。低学年でならう最初の3文字に比べ「樹」だけが難しく…というのは言い訳で、単に画数が多くて面倒なのでひらがなで書いていた。母に「それは変すぎる」と言われたのをきっかけに全部漢字で書くようにしたのを覚えている。

昔は素直ないい子だったのだな、と思う。

関係ないがこの写真、指紋から爪の凹凸までくっきり見えている。(マウスオーバー)


写真には1行目しか写っていないが、2行に分かれて「デイリーポータ」である。吉田カバン(ポーター)情報満載の日刊紙かと思われる方もいるかもしれないが、当サイトの名前「デイリーポータルZ」が途中で切れたものである。

009.jpg
デイリーポータ、か…
010.jpg
デイリーポータ…

 

 

秋の午後

薄曇りの空模様。まだお昼過ぎだというのに、秋の太陽は夕暮れみたいな空気を醸し出している。

011.jpg
あの太陽に比べてLEDとはなんとちっぽけなものか。


なんだか寂しくなってきたので光らせてみる。

012.jpg
ピカッ
013.jpg
ぽつーん


冒頭に、細かい作業が好きだ、と書いた。

しかし考えてみれば、僕は細かい作業をほとんど家か会社でしかやったことがなかった。

秋の太陽は、チマチマするにはあまりに寂しすぎるのではないか。秋空の下でのチマチマは気分を内に向かわせる。自分の中にある、柔らかで繊細な部分と対峙してしまうのだ。

だめだ、もう、帰ろう。

 

いったん広告です

部屋は最高だ

家に帰ってきた。

こういう作業をやるのはやっぱり部屋がいちばんである。部屋がなかったら人類はここまで文化を発展させることはなかっただろう。部屋は最高だ。

部屋のいいところはもう一つあって、カーテンを閉めれば暗くできるところだ。

LEDに字を書けたらこういうことをやってみたかったのだ。

02_001.jpg
さっき書いた「石川大じゅ」
02_002.jpg
壁に投影

文字を書いたLEDを光らせて、壁に当てればプロジェクターみたいに文字が浮き出るのではないか。そう思ったのだ。

いろいろ角度を変えたりして試したところ、次の写真が限界。
 

ピンぼけ写真に見えるがピントは壁にばっちりあっていて、投影されている像のほうがぼけている(マウスオーバーで補助線でます)

「月にウサギがいる!」くらいのうすぼんやりで、「石川」の文字が見える。しかも鏡文字。壁に映す場合ははんこと同じだから鏡文字になるのか。

どうも思った通り、くっきりとした像が写らない。だめか。

とはいえ、今さら後には引けない状況でもある。

02_005.jpg
張り切っていっぱい買ってしまったのだ


むしろ米粒より狭い

手当たり次第に試すうち、いい感じに投影できる方法を発見した。

02_006.jpg
2方向に「A」みたいな模様が出た
02_007.jpg
こういう柄を描いたときのこと

さっきまで3mmのLEDを使っていたが、5mmのLEDに変えてみた。すると、なぜか横に描いたものが正面に投影されるようなのだ。

02_008.jpg
どの辺が映ってるか探るため、数字を書いてみる
02_009.jpg
2、のように見えるが鏡文字なので「5」だ
02_010.jpg
この狭い範囲が投影されるみたい

狭い。

LEDの高さが5mmだから、投影可能部分の高さ1mmくらい。文字を映すには、ここに字を書かなじゃいけないのか。もう1回書くけど、狭い。米粒より狭い。

しかし僕のチマチマ力は、すぐにその狭さを乗り越えた。

02_011.jpg
鏡文字&縦位置にしてみました
02_012.jpg
おおっ


でた。ペン先を点描みたいにしてなんとか書いた細かい数字が、放射状にギュイーンと伸びる。名前は忘れたけど時計屋によくある高くて四角い腕時計の文字盤みたいだ。

でも眼球の毛細血管の写真みたいでもある。気持ち悪いと言えば気持ち悪いかもしれない。

ああ、時計の名前を思い出した。フランク・ミュラーだ。そして比べてみるとあんまり似てない。

02_013.jpg
間違えて水性ペンを買ったおかげで「拭けば消える」という思わぬメリットがあった。

 

いったん広告です

LEDでメッセージ

要領はわかったので数字以外にもいろいろ書いてみることにした。

まずは、サイト名から。文字の高さは狭いが、長さはぐるりと1周ぶんある。こんどは全文かけるだろう。

03_001.jpg
「デイリーポータルZ」と書きました

 

まがまがしい(マウスオーバーで補助線)

 

前ページで試した数字の像は直線的でスタイリッシュな感じだったのに、日本語にしたら急にまがまがしい呪詛みたいになった。朝起きて額にこのマークが浮き出ていたら泣く。

03_003.jpg
ポロシャツに投影。邪悪な気がたまってきた


以下、だいたい全部まがまがしい感じです。すべてマウスオーバーで補助線が出ます。

かみだのみ

 

あきですね

 

泥沼

 

やめてください

つかれた

 

どんな言葉も全て呪詛のようになってしまう。そして途中からそれに引っ張られて僕もネガティブな言葉を選んでしまっている。ネガティブ・スパイラルだ。

あと、ちゃんとメモをとっておかなかったので、何を書いてあるのかわからなくなったものもある。

03_014.jpg
わかったら編集部までメールください

 

 

フルカラーはどうだ

せっかくLEDがたくさんあるので、複数組み合わせたのもやってみたい。

03_015.jpg
「赤」「オレンジ!」「青!」「三人合わせて、デイリーポータルZ」
03_016.jpg
※注・「3人あわせて…」の部分はフィクションであり、このサイトは3人で作っているわけではありません

 

03_017.jpg
ふぞろいな3人

 

赤い光のまわり、右上から左下にかけて「デイリー」と映ってるのがわかるだろうか。鏡文字にするのを忘れたので、像も鏡文字である。

あとの2つはどうも光の屈折のしかたが違うらしく、赤いのほどきれいに像が出てくれない。組み合わせればフルカラーの像ができるのでは、と思ったがそうはいかないようだ。

03_018.jpg
それではペンの色を変えたらどうか
03_019.jpg
白のLEDを準備

 

右の写真に数字が書いてあるのは、前ページでやったように投影できる範囲を調べるため。一円玉の文字より小さい字だが、このくらいならもう鼻歌交じりで書けるようになってきた。

白のLEDにカラーペンで書けば、色んな色が投影できると思う。3色で「DPZ」と書いて投影してみる。

 

03_020.jpg
宇宙ものSFの冒頭にこういうシーンありますよね

 

宇宙に浮かぶ恒星に手をさしのべているようで、どこか暗示的な写真にはなった。しかし肝心の文字が。恒星の左側にちょっと3色のオビが出てるくらいで、文字になってない。

どうもさっきの赤LEDよりさらに文字を書ける範囲が狭いらしく、文字の一部だけがビヨーンと伸びて帯状に投影されているのだ。

さすがに手でこれ以上小さい文字は書けない。文字はあきらめて、これでどうだ。

 

03_021.jpg
文字はあきらめて色だけを投影する
03_022.jpg
赤の「デイリーポータルZ」と一緒に投影。


……ダース・モール!

いったん広告です

裏をかけ

その後もいろいろ試していたところ、もっときれいに投影する方法を発見した。

03_023.jpg
下から反時計回りで「デイリーポータルZ」。補助線いらないくらいすごいきれいに出てる

LEDを買ったときの紙袋の中に手を入れて、裏側から投影したものだ。LEDを紙に密着させると、こんなクッキリ出るのだ。

03_024.jpg
右上から反時計回りで「1234567890」

ランプを作ろう

要はLEDに紙をくっつければこの文字が浮き出るわけだ。小さくまとめてランプが作れないだろうか。

03_025.jpg
材料。紙、LED、コイン電池
03_026.jpg
紙を正方形に切ります(A4を4等分してから正方形を切り出すとちょうどいいサイズです)
03_027.jpg
紙風船を折ります
03_028.jpg
ふくらませます
03_029.jpg
紙風船の高さに合わせて、LEDの足を
03_030.jpg
曲げる。電池をテープでとめて、
03_031.jpg
LEDを紙風船に差し込むと…
03_032.jpg
アラ不気味

思いのほかかっこいいものができた。でも文字はやっぱり呪詛っぽいので、ランプといってもオシャレには活用できそうにない。嫌いな人が寝入ったあと、そっと枕元に置こう。

紙風船ってちょっと渋すぎるのでは、と思ったので別のも作ってみた。

03_033.jpg
魔界の居酒屋で冷や奴を頼むとこういうのがでてくる

コの字型に折った紙をかぶせただけだが、横から漏れる光もなかなかいい。

これでLEDが明るくなったり暗くなったりを繰り返すと脈打つ感じでますます不気味になりそうだが、それはまたそのうち作ることにしよう。

 

おしまい。

さて、この記事であるが、とくにおもしろいオチはなく、ランプの完成をもってここで終わる。

拙いながらもなんとなくインテリアを意識したものをつくってしまったあげく、そのまま記事を締めるのはなんと気恥ずかしいことか。

「ちょっとかっこいいものができるかも」というやましい気持ちがあったことは素直に認めるが、原稿を書いている今になってひとりで赤面している。あーなんか暑くなってきた。ちょっと夜風に当たってきます。

03_034.jpg
電気をつけたり消したりつけたり消したりつけたり消したりつけたり消したり、撮影もチマチマした作業であった。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ