特集 2019年5月16日

真面目なシーンに笑い声をかぶせると面白くなるのか

色んなシーンに笑い声をかぶせてみました

バラエティ番組などで笑い声の効果音(SE)が入る演出がある。
面白いシーンにかぶせることで、見ている人に笑うタイミングをわかりやすく伝える目的があるのだろう。

この笑い声のSE、真面目な場面で流したらどう感じるんだろう?実験してみることにした。

1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。(動画インタビュー

前の記事:野球盤を改造してネット対戦する

> 個人サイト むだな ものを つくる

笑い声を流す環境を整える

テレビでの漫才やコントでは、観客やスタッフの笑い声が入り反応がよくわかる。
一方それ以外のバラエティ番組ではそういった生の反応を入れるのは難しいからか、効果音として笑い声を入れる演出がよくある。

そういった演出を「録音笑い」と呼ぶそうだ。何にでも名前があるものだ。
この録音笑いを、笑いとは関係ない真面目なシーンで流したら面白くなるのだろうか。気になったので実験してみたい。

笑い声の効果音をパソコンやCDプレーヤーからただ流してもいいのだが、せっかくなので「笑い声を流す専用の装置」を作ってみることにした。
作る必要はまったくないが、こんな目的の専用の装置は他にないだろう。そう思うと面白くなったので作ってみよう。

001.jpg
最近にわかに話題になっている、ダイソーの300円スピーカーを使って音を流す。

ダイソーのこのスピーカー、300円なのにアンプが内蔵されていてボリュームを変えられるのである。すごい。音を流す工作をしたい人はみんな買うといいと思う。

002.jpg
マイクロSDカードに入れた笑い声を流す回路と組み合わせる。
003.jpg
まとめたらいい感じになった。

それぞれのボタンを押すと、大・中・小の笑い声が流れるようになっている。


動作の様子はこんな感じ。
笑い声を流す専用のプレーヤーが出来た。うれしい。これで笑い声を手軽に流し放題である。

早速実験をしてみよう。

笑い声を流してみる

いくつか原稿を用意し、それぞれ笑い声あり・なしで朗読してどう感じるのかを検証してみることにした。

004.jpg
こんな実験にわざわざお集まりいただいた皆さん。

朗読してもらうのはプープーテレビのライター反省会で読者代表として出られている岡田朗さん。
本業ではラジオのDJやナレーションもされているとのことで、本職である。いいのかこんな実験に参加してもらって。

そしてそれを聞くのは当サイトのウェブマスター林さん、ライターいまいずみさん、プープーテレビで撮影や編集をやっている西垣さんの3名だ。
西垣さんはディレクターや脚本家としても活躍されているとのことで、本職である。いいのかこんな実験に参加してもらって。

若干ドキドキしながらも実験を始めてみよう。
まず最初に用意したのはこちらである。

私の政権は、国境での危機を終わらせるため議会に対して常識的な提案をしている。人道的な援助、より強力な法の執行、港湾での薬物の探知、子どもを密入国させる抜け穴の封鎖、それに入国地点の間を塞ぐ物理的な『壁』の計画だ。
私が壁を作ってみせる。これは、スマートで戦略的な、透明な鉄の壁だ。ただのコンクリートの壁ではない。
これは国境警備隊が最も必要とする場所に作られ、壁ができたところでは不法な入国は急激に減るだろう。

単純に言って壁は効果がある。壁は命を救う。アメリカを本当に安全な場所にするためにともに働き、妥協し、決着をつけよう。

引用元:NHK トランプ大統領 一般教書演説2019より

トランプ大統領の一般教書演説より、メキシコとの「壁」に関する部分だ。
アイデア自体に賛否はあれど、「あ、トランプはマジで壁を作るつもりなんだ」と世界中の人が思ったはずの演説である。

まずは岡田さんに普通に読んでもらう。

005.jpg
大統領っぽく威厳のある感じで読んでもらった。

爲房:かっこいい…!
林:トランプはそんなにおかしなことは言ってないのではと思っちゃった。
いまいずみ:期待が持てそうな演説ですね。

さすがアメリカ合衆国大統領の演説である。果たしてこれに笑い声を入れたらどうなるんだろうか。

 

006.jpg
壁を作る決意を言うたびに笑いを起こす。

西垣:すごいなぁ。
林:かっこよく韻を踏んでいるところがギャグになりましたね。
岡田:リズムがあるね、文章にね。
爲房:大統領の原稿なだけはあって。
岡田;やっぱり頭いい人が考えてんだなって思うよね。
いまいずみ:笑わなきゃいけない気持ちになりますね。
西垣:コンクリートのところすごい良かったです。あー、ギャグなんやと思って。

007.jpg
演説中のセリフがギャグ(もちろんギャグではないのだけど)ということに気付いてしまって笑ってしまう。

岡田:あーだこーだ言って、「壁が」って言ったら笑われるっていうね。
林:ギャグだったんだー、って。
岡田:壁かよ!っていう。
いまいずみ:アメリカンジョークを聞いている気分になるんですよね。
一同:あー。
いまいずみ:すぐにわかるギャグじゃないけど、なんか笑い起きてるし面白いのかなって。

威厳のある演説が急にギャグになった。特に終盤のところがリズミカルに畳み掛けてくる。
これは結構面白いのではないか。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓