特集 2024年5月18日

オーライオーライを分かる

オーライオーライが分かってない。

バックする車の横に立って「オーライオーライ」と誘導するやつだ。

なにをどうしたらオーライなんだ?

人生でやり残したことのひとつなのでマスターしておきたい。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:サンノゼでかいめし(デジタルリマスター)

> 個人サイト webやぎの目

車あるあるがわからない

車に乗らない人生なので、車あるあるがひとつも分かってない。

バックするときにシートに手をかけたポーズがもてるというのも分かってない。免許更新で見せられるビデオというのも見てみたい。

そのもやのなかのひとつにオーライがある。

車の横に立って「オーライオーライ」と言う行為だ。

車が停まろうとしているとすっと降りて横に立って「オーライオーライ」と言い始める。そういう大人になるはずだった。

しかし未来は変えられる。マスターしておこう。

オーライのマスターにつきあってくれるのはライター井上さんと編集橋田さん

僕はオーライのポーズを取っているつもりだが手のひらの向きがおかしい。分かってなさが伝わる。

いったん広告です

オーライとはなんなのか

まずはオーライのなんたるかを聞く
・自分が運転している車が後にどこまで長いかが分らない(まじかよ!)
・車の横はミラーがあるからだいたい分かる(へー)
・だからどこで停めるのかを教える行為、それがオーライ(なるほど!)

現場でも気付いたが、これはほとんどの人が知ってることかもしれない。知らない人のほうが少数派であることを囲みで書いている。

ニュース性とはなにか、メディアとは何かを問う記事でもある。そして井上さんからの追加情報だ。

・あと、最近はバックモニターがあるからやらない

すごい。いよいよ好きでもない人の夢の話を聞かされるような記事になった。さあいくぞ。

いったん広告です

エアーで練習

まずは初心者らしくエアー車で試してみよう。

芝生の手前を目標の位置として、そこまで誘導する

「……オ、ーライ、オーラ  イ」

そもそもだが、「オーライ」と言うのが照れる。なんでだろう。車に乗ってる=チャラいという偏見があるのかもしれない。そんな不必要に敵を作る発言をしているあいだに 

橋田さんはストップと言ってるのに、オーライを続ける
井上「いまので壁にぶつかりました」「はー」

ここで大事なことを聞いた

・オーライは過程
・停止位置に近づいたときの「ストップ」が大事
・いきなりストップと言われても止まれないので、もうすぐのときには「オーライ」を「もうちょっと」とかに変えてくれ

わかった。I got it. オーライはストップまでの前奏曲だったのだ。

いったん広告です

実際の車でオーライやってみよう

前奏曲とか比喩が出るぐらい分かった。やってみよう。

「オーライオーライ」
井上「林さん、もっと声張ってください」
分かったこと「声が小さいとダメ」

はずかしい。自分としては声を張っていたつもりだったのだが、20年前、滝行の取材をしたときに僕だけ声量を褒められなかったのを思い出した。よくそんなこと思い出したな。

しかしこれが全力であることは隠し「ちょっと喉の調子が悪くて」と言い訳して続ける。

「ストップ!!」
想定した停止線の上だ

だいたいこんなものだろう。

だが、井上さんと橋田さんの評価は違った。ここが壁だとするとぶつかっているというのだ。

めり込んで止まった車。よくあるよね

よくは、ないか。

ここでまた教えてもらった。

・急に「ストップ」だと止まりにくい
・「ストーーーーップ」と延ばしてくれると、「プ」の声で停めやすい

んなこといったって「ストーーーーー(5分)ーーーーーップ」かもしれないじゃん、と思うのだが、これはビートたけしが車庫入れで車を破壊する深夜番組ではないのだ。
そもそも僕の車庫入れのイメージの6割ぐらいが番組であるのが間違いのもとかもしれない。 

⏩ コツが分かった

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ