特集 2023年12月26日

イチョウでアンダーアーマー

シャツにプリントした

スポーツウェアのブランド、アンダーアーマーのロゴマークがイチョウの葉っぱに見えた。

縁がなさそうなもの同士にうっかり共通点があるところにキュンときた。

イチョウの葉でアンダーアーマーのロゴを作ろう。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:準備をして敢えて電車で寝ると気持ちいい


良いギャップを感じた

街中や電車内、アンダーアーマーの服を着ている人を見ると「おっ、スポーツの人だ」と思う。スポーツウェアに詳しくない僕にも、本格的なブランドという認識がある。実際そうらしい。アスリートに愛用者が多いのだそうだ。

そして目をつけてしまう理由が、この印象的なロゴマークである。

こういうやつ。AとUの文字を組み合わせて作られたロゴ

筋トレの器具みたいでかっこいい。服にこれ付いていたら力が出るだろう。

しかしよく見ていたらイチョウの葉っぱみたいにも見えてきた。ロゴの四隅、ラインが外に向かって広がっているところが。

イチョウの葉というと、鮮やかに紅葉して季節の移ろいを告げる身近な自然である。バリバリのスポーツウェアと素朴な葉っぱが結びついているところに良いギャップを感じた。イチョウの葉でアンダーアーマーのロゴを作ろう。 

いったん広告です

パサパサのイチョウしかない

思いついたその足で外に出てイチョウの葉を探す。

嗚呼…

パサパサだ。これじゃあボロボロのアンダーアーマーしか作れない。イチョウの見頃は11月中旬から下旬。落葉はその少し後だとしても、今探すのは遅すぎる。12月下旬だもの。

決心した時というのは、いつだってちょっと遅い。多分僕の中に今シーズンのイチョウの景色が十分にインプットされてからアンダーアーマーを見たのだろう。

それじゃあ遅いんだよ。思い出のイチョウの景色っていうのは思い出の中にしかないんだよ。 

この辺一帯にはパサパサのイチョウしかない

肩を落として家に帰り、SNSで「イチョウ」と検索した。最近の投稿できれいなイチョウの木の写真がまだある。心の中の審判が「続行!」と叫んだ。まだ終わらせない。 

いったん広告です

別の公園へ

大きな公園ならなんとかならないかと思い、上野公園に来た

検索でもここのイチョウの木が瑞々しく紅葉している写真があった。 

さっきの公園ほどパサパサじゃない!

ピチピチではないが、状態は悪くない。良かった。 

横に広がりすぎていない葉っぱがアンダーアーマーっぽい

なんとかなりそうだ。安心して足取りもゆっくりになる。きれいな葉っぱを探して拾う。大人になってからやっていなかったが、やると楽しい。

保育園のお散歩の列がイチョウの木のふもとで立ち止まり、みんなで葉っぱを集めて投げ合っていた。アンダーアーマーのかけらを無邪気に投げ合っていると考えると不思議なおかしみがある。

アンダーアーマーのビジョンには「誰も手にしたことのない新しい価値を生み出し人々のパフォーマンスを呼び覚ます」とある(アンダーアーマー ブランドページより)。こんなかっこいいビジョンを掲げるブランドのかけらを保育園時がバサバサ投げ合っている。これだよ、このギャップだ。 

ネコをたくさん見た
この日見た、一番鮮やかに紅葉している木。この付近が工事中で近づけなかった
いったん広告です

ロゴにしよう

家に帰ってきた。

きれいで、アンダーアーマーっぽいと思った葉
001.png
この形に固定したい

 糊では心細いしテープでは仕上がりがきれいに見えないだろう。特に枝から伸びる細い部分(葉柄(ようへい)というらしい)には、アンダーアーマーみたいにきれいなカーブを作ってほしい。

粘土に埋めて固定することにした
あ、いいな…!

うまくいった。こういう思いつきが一発ではまった時の万能感。 

できた!

素朴な仕上がり。オーガニックアンダーアーマーの誕生である。 

余った葉っぱの葉柄で、文字も入れた

本家のアンダーアーマーは高度なテクノロジーで体にフィットするウェアを作るが、オーガニックアンダーアーマーはハサミでパチパチ葉っぱを切ってチョンチョンつついて粘土に埋めている。手作業の味が出ていてとても良い。 

いったん広告です

シャツにしよう

というわけで、ロゴが完成した。

こちらです
二階調にしたものがこちら

素敵なので無地のシャツを買ってプリントした。

toru02.jpg
toru03.jpg

アンダーアーマーなのに素朴さ溢れる、ギャップのあるシャツになった。イチョウの葉を探して歩いたことを思い出せるのも良い。

アンダーアーマーのコンセプトに UNDER ARMOUR IS BUILT ON PERFORMANCE(アンダーアーマーはパフォーマンスと共にある)というものがあるが、タイムや勝ち負けではない、しみじみ良いなと思わせるパフォーマンスもある。

toru03.jpg

家族でこの写真を撮っていたら、テレビ番組を制作しているスタッフの方に話しかけられた。内容は、冷蔵庫の大掃除についてのアンケートだった。珍しいことしている時に珍しいことが起きたなと思った。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ