短い記事 2022年1月31日

ウルトラソース VS スーパープレミアムソース極

いつも行かないスーパーで、かっこいい名前のソースをふたつもみつけた。

ソースの世界に何が起きているのか。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:ピーナッツ、割ったときに付いてるポッチにカロリーが詰まってるって本当ですか?(デジタルリマスター)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

キッコーマンの「ウルトラソース」

見つけたかっこいい名前のソース、そのひとつめは「ウルトラソース」だ。

DSC02853.JPG
私が買った店舗では税込267円。ウルトラだが手ごろな価格

なんだこれは見たことないぞと調べたところ発売は2020年だそう。微妙に新しい。

メーカーはあのキッコーマン。醤油のシェアトップを誇る醤油界のビッグメーカーだが、醤油以外にも調味料をたくさん出している。日本で1960年代からケチャップのデルモンテブランドを製造販売しているのもキッコーマンだ。

ソースで言うと「デリシャスソース」がキッコーマンの商品で、パッケージを見ると見覚えのある方も多いかもしれない。

 

デリシャスソース、これ

調味料ならなんでもござれのキッコーマンが満を持して2020年代に世に送り出したのが「ウルトラソース」、ということのようだ。

DSC02855.jpg
売りは野菜と果実が50%使われていること、さらに刻み玉ねぎがざくざく入っていて触感があるのも強い

茶色いソースといえば、とどろどろ系やさらさら系と、粘度こそ多様だったが、固形物が入っていることはあまりなかったと思う。

ウルトラソースはそこをやった。中濃ソースとタルタルソースの良いところを取ったようなものか。

DSC02896.JPG
舌にしっかり感じる玉ねぎ……なるほど……うまいですね……

そしてなにしろ、この品名の思い切った「ウルトラソウル」っぽさだ。かっこいい。誰しもの心に住まう小5の気持ちがたぎろうというものだ。

ロゴのウルトラマンっぽさにもついキャッチされてしまった。チョロい。楽しい人生だ。

同じ「ウルトラソース」ラインには「オニオン&ガーリック」という、スパイス方向を頑張ったタイプもあるようだ

ブルドックソースの「スーパー プレミアムソース 極」

見つけたのが「ウルトラソース」だけならば、なんだかかっこいい名前のソースがあるな……! そしておいしいな……! という、わりと淡々とした日常のきらめきにとどまる話だったはずだ。

だがここに、もうひとつかっこいい名前のソースがあるんだ。

「スーパープレミアムソース極」である。

タイトルなし.png
動画から引っ張ってきた画像で失礼しますね

キッコーマンがウルトラときたら、ブルドックのほうはスーパーサイヤ人的な方向性のネーミングを繰り出してきた格好。

こちらは以前、当サイトの動画コーナーで試食したブルドック中濃ソースの高価格帯商品である。

購入時で1本685円した(となりの一般的な中濃ソースは228円)。

 

これがまた、こだわって作られたことがひしひしと感じられる、お値段に見合った、舌が高級味になれていなくてもわかるおいしさだった(詳しくはぜひぜひ食べ比べもしている動画でご覧ください~!)。

ソースの名前がかっこよさで戦う日

ソースが、いまウルトラでスーパーなのである。そのうえ極めてもいる。

状況としてちょっとピーキーではないか。

パワーインフレといえば、マンガやアニメの世界に起こることだと思っていた。まさかそれが、いまソースで起きている。

次に出る高級ソースの盛った名前には要注目でしかない。

 

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ