短い記事 2022年4月22日

明かりをトレース台だけにすると神秘的

聖なる花。

トレース台というイラストを描く時に使う道具があるのだが、これがすごく明るい。部屋を締め切ってトレース台だけ付けると、もう現実じゃないみたい。神秘の世界である。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:和風ハンバーグにパンが合う


トレース台、こういうものです。

DSCN9769.jpg
うちにあるやつ。

電源を入れると白い部分が光る。そこに下書きと清書の紙を重ねて、下書きを透かしてトレースする。

これが、厚めの紙でも透かせるようにけっこう明るくなる。暗い場所で付けるとすごいコントラストを生むのだ。

DSCN9778.jpg
眩しい!

部屋を締め切ってトレース台だけ付けた。神秘的だ。ゲームの世界みたいな光り方。

DSCN9779.jpg
ぬいぐるみを乗せる。召喚獣のようになる。
DSCN9802.jpg
花も、荒廃した世界に一輪だけ咲いていた花、みたいになる。多分この花から出る汁で人が生き返る。

シルバニアファミリーも乗せてみたんだけど、魔物を倒しながらたどり着いた神殿で待っていた妖精、みたいになる。

DSCN9812.jpg
「よく来たね…」
DSCN9813.jpg
「あの花の汁を飲んだね…」

自分で書いておいて設定がよく分からなくなってきたが、とにかく雰囲気だけはすごくある。

DSCN9853.jpg
あとはこうやって箱に入れると、
DSCN9854.jpg
宝を見つけた勇者みたいになる。

しかし本当の宝は、トレース台を正しく使って作った作品やその経験である。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ