特集 2022年9月29日

突然「筋トレ本」を出すことになった私の実録ドキュメンタリー

去年、デイリーポータルZでこんな記事を書いた。

ダビデ像はどれくらいマッチョなのかジムトレーナーに聞いてみる

想像以上にたくさん読まれたので喜んでいたら、出版社の方から「あの記事を本にしませんか?」という世にもありがたいオファーをいただいた。

ウェブライターになって4年、ずっとデジタルの世界で生きてきたが、ついに私の文章を紙に印刷するときがきた。

これは、「アート筋トレでスリム美体に!」という本を突然作ることになった私の、9ヶ月にわたる七転八倒の本づくりドキュメンタリーである。

どうでもいいことを真剣に分析してみる記事をたくさん書いているエンタメライター。音楽や映画が特に好き!

前の記事:「オリフィス」ってどれだ?名前がわからないものだけのかるたをする

> 個人サイト note

関係者全員が戸惑うなか本づくりがスタート

デイリーポータルZの読者の皆さん、こちらの記事をご存知だろうか。

image12.png
記事はこちら→ https://dailyportalz.jp/kiji/donokurai-strong-David-zou


次から次へとバズが起きるネット世界なので全員に忘れられているかもしれないが、これは去年の秋頃に公開したインタビュー記事だ。

野田航平さんという女性専門ジムのトレーナーの方にお願いして、ミケランジェロのダビデ像やミロのヴィーナスをひたすら解説してもらった。

image28.png
どれくらいでダビデになれるかを徹底解説。

 

image9.png
ラオコーンの知られざる筋トレ事情も解き明かした。

こんな記事です

・ジムトレーナーに有名な像の筋肉について聞いてみた

・ダビデ像は前はバキバキだが背中の絞りが甘い!

・ラオコーンはどう考えてもベンチプレスをやっている

・ミロのヴィーナスは体脂肪率は高いけど腹筋だけはめちゃくちゃやってる

 

自分でもけっこうお気に入りの記事なのだが、これが想像以上にたくさんの人に読んでもらえた。

※デイリーポータルZを始め、いろんな方が拡散してくれた(うれしい)

※でも自分のツイートは広がらなかった。この「書いた本人のツイートは全然伸びない」はライターあるあるです。

 

リアクションの大きさに喜んでいたら、しばらくしてからこんなメールをいただいた。

image21.png
まさかの本にしたいというご連絡だった。

 

「こんなことあるんだな...」と思っていたら、デイリーポータルZの担当編集の石川さんにも「こんなことあるんですね...」と言われた。

image37.png
すぐにジムトレーナーの野田さんにも連絡。顔文字の連打から戸惑いが伝わる。

関係者全員がとまどう中、こうして私の初めての本づくりがスタートした。

いったん広告です

「芸術的にもマッスル的にもいい感じ」の作品は珍しい

編集さんと相談して決めた本のコンセプトはこんな感じ。

image18.png
本ってこうやって作るんだ...!

 

「あの記事が急に本の企画っぽくなったな」と感動していたのだが、ここで立ちはだかったのがウェブと本の違いである。

ウェブメディアで記事を書くとき、だいたい(私は)こんな感じで書いている。

 

image35.png

 

それが、本のときはこうである。

 

image27.png
めちゃくちゃ長い。

本のスケジュールは長すぎる。

いや本が長いというよりウェブが短い気もするが、とにかくずっとウェブ専門で生きてきた私は、こんなに長い間ひとつの仕事をしたことがない。

3ヶ月目あたりで干からびそうで不安である。

本を作ったことがなさすぎて出だしで頓挫する

とはいえ、作業をしないと始まらないので、まずは本の構成を作っていく。

image10.jpg
ここは再現写真でお届けします。
image41.jpg
頓挫しました。これは頓挫の再現写真です。

本を作ったことがなさすぎて、どうしていいのかわからなくなってしまった。

わらにもすがる思いで図書館に駆け込み、あらゆる本の目次だけを見るという作業を開始。

こうしてできた構成を編集さんにとりあえず送り、ボコボコに直されたものをまた直した。

image40.png
構成の途中の様子。「はじめにって何文字がちょうどいいの?!?!」などと思いながら作っていた。

構成がある程度できたら、次はテーマになるアート作品を選ぶ作業だ。

芸術の本をいっぱい見ながら、「いいマッスルだな〜」と思うアート作品をどんどんリストアップしていく。

image1.png
いい作品を見つけると、どんどん入れたくなっちゃいますね!

が、これをもとに野田さんと相談したところ、こんな感じの結果になった。

image32.png
ほぼNG。

絵画としていい感じだからといって、マッスルもいい感じとは限らないのだ。

「作品もマッスルもいい感じ」をふたりで探し求め続け、最終的には110作品ぐらいの候補から美とマッスルを基準に約25作品を選びぬいた。さながらバーチャルボディビル大会である。

本づくりは思っていたのと違う方向でかなりハード

構成ができたら、次は野田さんへのインタビューだ。

image33.png
こんな感じでオンラインでインタビューした。写真はイメージ。

1回2時間ぐらいのインタビューを6回ぐらい繰り返し、それをどんどん原稿にしていく。

このあたりの作業はウェブの記事とほとんど同じで特に苦労はなかったのだが、この後、本づくり最大の危機が到来することになる。

image25.jpg
無限の筋トレシーズンがスタート。

筋トレ本なので、当然筋トレのイラストがないとダメなのだが「じゃあ誰がイラストの元になる筋トレをやるの?」というとそれは当然、私である。

実は、本づくりが決まったときから薄々「もしかしてこれエクササイズを大量にすることになるのでは?」と思っていたのだが、あまり考えないようにしていた。

image26.jpg
その結果、こうなりました。

本に収録するエクササイズは全30種。

野田さんにつきっきりでアドバイスしてもらいながら、すべて自分でやることになった。

image31.png
なぜかまったく手加減してくれない野田さん。

野田さんには事前に「資料用の参考写真が撮れたら大丈夫ですよ!」と伝えていた。

が、実際に筋トレを始めてみたら野田さんのジムトレーナーとしてスイッチが入り、「あと10回はがんばりましょう!」「ハードバージョンもやっておきましょうね!」などと言われながら、結局すべての筋トレを完走した。

image38.png
本づくりって...

image4.png
こんなにハードなんですか...?
image29.png
本づくりとともに、どんどん体がつくられていく。
image30.jpg
本の中でも特にきつい「ブルガリアンスクワット」。参考写真を撮るためにココで停止しないといけないのがさらにきつい。

もとはといえば、私が野田さんのジムに通い始めた(ついでにインタビューをお願いした)ところからこの企画がスタートしたのだが、そのジム通いの日々がなかったら絶対にこの筋トレを完走することはできなかった。

ライターというインドアの極みのような仕事でも、いざというときのために筋肉はあるにこしたことはないのだ。

image14.png
ちなみに、この本づくりのおかげで体脂肪がちょっと落ちた。筋トレ、めちゃくちゃおすすめです。

筋トレがすべて終了したら、次はそれをもとにイラストを描いていく。

当初はイラストレーターさんに頼む想定だったのだが、「イラストの絶妙なへたさ加減がちょうどいい!」という消極的なのか積極的なのかわからない理由で、私がすべてのイラストを描くことになった。

せっかく自分で描くならこだわろうと思い、本で紹介しているアートにちなんだイラストにした。

image2.png
「サモトラケのニケ」になるための筋トレの場合は... ※画像出典:Winged Nike of Samothrace. Parian marble, ca. 190 BC? Found in Samothrace in 1863.
image17.png
こうやってイラストも「サモトラケのニケ」風に。
image5.png
「王妃ネフェルティティ」の場合は... ※画像出典:Picture of the Nefertiti bust in Neues Museum, Berlin.
image13.png
こんな感じのイラストに。(広頸筋伸ばしの説明です)

イラストの量が本当に膨大なので、仕事のスキマ時間にせっせと絵を描き続けた。

膨大なイラストが完成したら、次はようやくレイアウトづくりだ。

いったん広告です

最後の山場は「修正ラリー」

レイアウトは、私がざっくり作ったものを、出版社にきれいにしてもらうスタイルでやった。

image39.png
ラフのレイアウト案とともに「こんな感じにしたいです!」と伝えると...
image11.png
「これでどうでしょうか?」とページのレイアウト案が返されてくる。プロってすごい!

ここから先は出版社でやってもらう仕事がほとんどなので、私は原稿を待っている編集者のような気持ちでどーんと構えていればよかった。

image24.png
レイアウトが確定したら、紙に印刷されたものが出版社から自宅に送られてくる。
image20.png
すごい紙の束。これでも本のごく一部である。
image6.png
私と野田さんで全ページをくまなくチェック。赤ペンで気になったところをどんどん書き込んでいく。

紙は印刷すると直せないので、「原稿を送る→直す→送る→直す...」をウィンブルドンテニスのラリーなみに繰り返した。

image19.png
そしてついに完成へ!!!
image36.png
当たり前だが裏表紙もちゃんとある!!
image7.png
うわ〜!本当に「本」だ〜!!!
image23.png
私と野田さんの名前も書いてある!!!
image22.png
デイリーポータルZの名前もあるよ!

無限に思えた作業の末に、やっと本が完成した。

正直「もうダメかもしれない」と1ヶ月に1回くらい思っていたので、本が出来上がった日には電池が切れたように眠ってしまった。

image34.png
でも出来たんだな〜!これが!
image3.png
編集さんに「雑誌のグラビアみたいなページを入れたいんですよ!」と熱弁されてできたカラーページ。キャッチコピーを考えるのが楽しかった。
image15.png
どうしても作りたくて(むりやり)入れた作品のマッスルの分類表。野田さんと何回も相談して完成した。
image8.png
たくさんボツにしたアート作品たちも、せっかくなのでコラムコーナーで復活!

小さい頃から本がずっと好きだったが、まさか自分の書いた文章が紙に印刷されて、書店に並ぶ日が来るとは思わなかった。

image16.jpg
せっかくなので記念写真も撮っておいた。本当に大変だったけど、とても楽しかったし、とても嬉しい。

本当に大変だったけど、ウェブと違ってじっくり時間をかけてやる本づくりは、ライターとしてとてもいい経験になった。

せっかくなので、発売されたら「国会図書館で自分の文章をコピーする」という無意味な作業をやろうと思う。

 

書籍の購入はこちらから。書店ではなぜか「健康・筋トレ」コーナーに置かれています。

また、本の試し読みはこちらからサクッと読めるのでぜひどうぞ!

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ